20121122-1230 サンタクロースの村(Gerland公園/7区)

2012年11月22日から12月30日まで、リヨン7区 Gerland公園にサンタクロースの村がやってきます。
詳細はこちらをご覧ください↓
http://www.village-pere-noel.com/


※18ヶ月以下のお子さんは入場無料!!!
Gerland公園へのアクセス
メトロB線、Stade de Gerlandで降車(500m)
バス60番、Universite Lyon1 Gerlandで降車(150m)

ディズニーランド@パリ誕生20周年(3ヶ月限定!)

ディズニーランド@パリが誕生20周年を迎え、3ヶ月限定で「ホテル(朝食付き)+2つのテーマパーク入園チケット」のプロモーション販売!
1泊2日 89euro〜、2泊3日 79euro〜、3泊4日 69euro〜
※上記は大人1名(2名1室)、1泊あたりの料金。宿泊する曜日やホテルによって金額が異なります。
なお、12才以下の子供は無料!!!


期間: 2013年1月6日〜3月27日(開始日)
予約は1月31日まで。
HP: http://20e-anniversaire.disneylandparis.fr/
予約と詳細は、取り扱っている旅行会社へお問い合わせください。

20121128-1224 Marché de Noël クリスマス市

2012年11月28日から12月24日まで、
2区、地下鉄A線Perrache駅北側広場Place Carnotで、Marché de Noël(クリスマス市)が開催されます。
出店数は140店以上、かわいい小屋調のちいさなお店がたくさん並びます。
クリスマスの飾り物や、おしゃれな装飾品、食品などの出店もあります。


場所:Place Carnot(最寄駅は地下鉄A線Perrache)
日時:2012年11月28日-12月24日(平日10:30-20:00,土日・Fête des Lumières期間(12/6-9)夜22:00まで)

その他フランス各地の「マルシェ ド ノエル」
http://blog-fr.hostelbookers.com/idee-voyage/marches-de-noel-en-france/
 

20121023-1222 公立図書館の6歳から12歳向けアジア紹介イベント「KAWAII」

2012年10月23日から12月22日まで、
パガデュの図書館(3区)をはじめ、
リヨン各地の公立図書館でアジア特集イベント「KAWAII」が開催されます。

プラグラムの詳細は、こちらをご覧ください↓
http://www.bm-lyon.fr/automne-des-gones-2012/decouverte.php
期間:2012年10月23日~12月22日
対象年齢:6歳から12歳
情報サイト:http://www.bm-lyon.fr//automne-des-gones-2012/index.php
20121023kawaii.jpg

アンケート「子連れ旅行体験談!(ドイツ/2012年)」

ハンドル名:Kさん

旅行先:ドイツ(ハンブルグ)

手配を頼んだ旅行会社:なし

行程・利用交通機関:ルフトハンザ (乗換え1回)
乗る度に、ルフトハンザのマスコット人形をもらえた。往復で4個。。

旅行日数・時期:2012年8月末~9月上旬/4泊5日

連れていった子供の年齢(当時):1歳4ヶ月 (離乳食後期)

子連れでお勧めの観光地・その理由:
○ハンブルグ市内 (ベビーカーok!マイナーな駅にはエレベーターがないこともある)
プランテン・ウン・ブローメン公園&植物園 (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
子供の遊べる砂場や遊具(Grosser Spielplatz, Wasserspielplatz, Spiellandschaft)が充実していて、ピクニックしながら一日ゆっくりできる。
ポニー乗馬体験も出来ます。
定期便の船 (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
http://www.hadag.de/
Landungsbruecken駅から乗れます。持込みで食事ができるスペースあり、トイレあり。ハンブルクカード可能。

Hambrug boat
Fishermarkt.jpg
この船に乗って、フィッシュマルクトへも行けます(日曜日の午前中)↑
聖ミヒャエル教会 (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
教会の塔からハンブルク港や市街を一望することができる!エレベーターあり。
ベビーカーはチケット売り場の所に置いて上に登るようになります。
アルスター湖の遊覧船
今回は乗りませんでしたが、楽しそう!
Hamburg.jpg
ハーゲンベック動物園
今回は行きませんでしたが、時間があったら行ってみたい所。


○ブレーメン街 (オススメ度 ☆☆☆☆☆)
ハンブルクから郊外電車に乗って約1時間。
それほど大きな街ではなく徒歩で十分楽しめる、道も舗装されているので、ベビーカーで歩いてもok!
Bremen moulin
メイン広場近くにある観光局で、子連れだとブレーメン限定(?)のシールをもらえた。
Bremen Ongaku tai1
他にも、街の至る所で見られるブレーメンの音楽隊↓
Bremen Ongaku tai2
Bremen Ongaku tai3
Bremen Ongaku tai4
音楽隊のお土産!


その他:知っててお得情報
(1)「ハンブルクカード」
1日有効のほか、3日間有効、5日間有効なものがあります。これは、1枚で大人一人と15歳未満の子ども3人が使用できるというお勧めのカード
(2)ハンブルグ中央駅構内にあるスーパーで、旅行グッズ(ミニサイズのシャンプー/リンスや歯磨き粉、日焼け止めetc…)が売られているため、必要な物は現地調達出来る。
(3)物価がフランスに比べ安いので、オムツや離乳食/幼児お菓子など、現地調達がおすすめ。(フランスで売っているのと同じものがたくさんあります)
(4)アルスター湖前、街一番の高級デパート「ALSTERHAUS」
館内に潔なトイレ、オムツ替え台あり。(有料)
フードコートがおすすめ >ランチ、ディナー向け
ビュッフェなので、子供の食べれそうなものも見つけやすい。電子レンジ利用可。日中~20時くらいまで通しで開いているので、子供のタイミングに合わせて時間を心配せず食事が出来きる。子供のためのミニ遊び場もある。
(5)室内の遊び場「Spielstadt XXL」
http://www.spielstadt-hamburg.de/index.php
(6)市内のプール情報
http://www.mmm-hamburg.de/lebensart/swimmhall/index.html
(7)空港から市内へのアクセスは、快適なエアポートエクスプレスで約30分。ベビーカーok。


参考になったHP
http://moinhamburg-blog.seesaa.net/archives/201005-1.html
http://homepage2.nifty.com/izmreise/Deutschland/Hamburg/hamburg2.htm
http://internet.watch.impress.co.jp/www/column/autobahn/0420.htm
上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

授乳中のアイテム「Lanoline(ラノリン)」

授乳中の、乳首の痛みや乾燥に悩まされた経験はありませんか?
そんな時におすすめなのが「Lanoline(ラノリン)」。
ラノリンは羊皮からとれる脂肪で、ウールを作る際の副産物です。天然のクリームとして昔から使われており、赤ちゃんが口にしても大丈夫な安全素材。授乳の前後に洗い流す必要もありません。
また、使い切れなかったラノリンは、リップクリームやハンドクリームとしても利用出来ます。
口にしても大丈夫で無味無臭なので、リップクリームとしての使用はおススメです。市販のリップクリームの味や匂いが気になる方も、ラノリンならきっと使えると思い ます。
購入は薬局で可能ですが、ラノリンは素材の名前で、通常販売されるときは商品名がついています。
「LANSINOH」「Purelan100」等々。ラノリン100パーセントが良いので、そういう場合はパッケージの原材料(Ingredients)を見て、lanolin 100% とあればOKです。
(YG)

食品(Alimentation)&健康(Sante)の週

フランスは、12月10日〜16日は、Alimentation(食品)&Sante(健康)の週です。
http://www.ars.iledefrance.sante.fr/Semaine-nationale-de-l-aliment.146651.0.html

2012年には、12月15-16日は、食品や栄養に関する展示会をVilleurbaneで行っていました。
10時-18:30の間、入場無料で、子供向けのアトリエもたくさんあり。


毎年開かれていると思うので、詳しくはこちらを参考にしてください↓
http://www.destination-nutrition.fr/
住所:19, avenue Gaston Berger, 69625, Lyon-Villeurbanne

20121215 アソシエーション > ARCHE de NOE 水族館に行こう!

アソシエーション/ARCHE de NOEで、水族館「L'Aquqrium de Lyon」を訪問する企画です。

開催日:12月15日(土曜日)午後
料金:大人7-9euro、子供5-7euro ※ARCHE de NOEに登録が必須(年会費10euro)

興味のある方は、担当者へご連絡ください。
(申込み開始は、10/30から)

アソシエーション/ARCHE de NOE
住所:3-5 rue Felissent, 69007
電話:04.78.58.29.66

アンケート「子連れ旅行体験談!(ベルギー/2012年)」

ハンドル名:Kさん

旅行先:ベルギー (ブリュッセル)

手配を頼んだ旅行会社:なし

行程・利用交通機関:
イージー・ジェット(http://www.easyjet.com/)

旅行日数・時期:2012年5月中旬/3泊4日

連れていった子供の年齢(当時):1歳1ヶ月 (離乳食中期)

子連れでお勧めのホテル・その理由:
Hotel: Floris Hotel Arlequin Grand Place(ブリュッセル市内)
bruxelles central 駅から徒歩5-7分くらい。2名1室、朝食(ビュッフェ)付きで100euroちょっと。お部屋からグラン・プラス広場 /Grand-Placeが見えました。

ホテルの部屋からの景色
(ホテルの部屋からの景色)
予約は、こちらのサイトから↓
http://www.booking.com/
他にも、ブリュッセルにはアパートメントタイプのホテルが安くたくさんあるので子連れにはオススメ!


子連れでお勧めの観光地・その理由:
○ブリュッセル (オススメ度 ☆☆☆☆)
ベビーカーok!坂が多いけれど、めげずにベビーカー押してお散歩しました。
疲れた時は、庭園でゆっくりできました。
二階建ての観光バス
http://www.city-sightseeing.com/tours/belgium/brussels.htm#tourlandingposition
もしくは、ブリュッセルの観光局主催、ガイド付き町歩きツアーが楽しそう (ベビーカーの子連れにはハードで今回は母親だけ参加してきました)
小便小僧は必見!洋服が毎日変わる。
小便小僧
○ブルージュ (オススメ度 ☆☆☆☆)
石畳でベビーカー不向き。
街自体は、とても趣があり良かったですが、とにかくベビーカーを押すのが大変でした。
"水の都"ブルージュの運河クルーズがおススメですが、小さなボートで混んでいるため、動き回るお子さんには難しいかも。。
子連れでお勧めのレストラン:
子連れに限らず、「ベルギーワッフル」は必須!
おススメのお店は、「DANDOY」
ベルギーワッフル

その他:知っててお得情報
親子で遊べる室内遊戯場 (無料/有料)
http://www.bel2.jp/living/list/meetingplace.html
ベルギーの空港から市内へのアクセスは、国鉄の電車で約30分。乗車口に段差があり、通路も狭いためベビーカー難。
飛行機よりも、TGVで移動した方が3時間くらいで、駅(市内)から駅(市内)だったので、楽だったかも..?!


参考になったHP:
http://www.belgium-travel.jp/
http://oranda.fc2web.com/baby/belgium.htm
http://www.bel2.jp/living/list/meetingplace.html
上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

20121206-09 リヨン光の祭典(La Fête des Lumières )

2012年12月6日から9日、リヨンの街中が光に包まれるリヨン最大のお祭り、Fête des Lumièresが開催されます。

詳しくは、こちらをご覧ください↓
http://www.fetedeslumieres.lyon.fr/


見どころはリヨン中心部、Place Bellecour(ベルクール広場)からCroix Rousse(クロワルッス)にかけて。
8日の21時より、花火もあがります(6区)!
地下鉄はとても混み合うので、お子様連れの方はご注意ください。
地図→http://www.fetedeslumieres.lyon.fr/Les-installations_2012
(TCL/メトロ、トラム、バス利用)
12/6,7,9は、16時以降は、2.6euroチケットで自由に乗降りできます。
12/8は、16時以降「無料!」