海外帰国子女教育振興財団

これから渡仏される方、また今後日本へご帰国される方へ

夏休みに日本の名古屋・大阪・東京で「帰国生のための学校説明会・相談会」が開催されます。
また、冬には東京・名古屋・大阪・博多の会場で「赴任前(渡航前)子女教育セミナー」が開催されるそうです。

海外帰国子女教育振興財団が主催。
参加費無料。

日程の詳細は下記サイトをご覧ください。
http://www.joes.or.jp/kokunai_setsumeikai/index.html

<お問い合わせ先>
[東京・名古屋] 教育相談事業チーム
TEL 03-4330-1352          
[大阪] 関西分室
TEL: 06-6344-4318

どこで買えるの?「お醤油(BIO)」

先日参加した日本人会のアトリエ「つぶつぶ雑穀料理術」で、リヨンで手に入る醤油(BIO)の事が話題になりましたのでお知らせします。
limaと言うメーカーが、お醤油マイルドとタマリを出してるそうで、日本人でマクロビに精通されてる方が作られてるみたいです。
Saxe-GambettaのBIOショップや、日本領事館近所のBotanicの食品コーナーにも置いてあります。
トルティーヤチップス、rice milkなども同メーカーが出していました。
アトリエで、醤油をお湯で割って、講師 特製の野菜の漬物微塵切りやアオサを入れて振舞ってくれた時に、このお醤油だったら飲めると仰ってたので、リヨンでも安心お醤油買えますね。
(情報提供:TSさん)

20140625-0729 夏!期間限定プロモーション! (ジェルネイル)

ネイルでママンでお馴染みのゆいこさんよりお知らせです!
この夏 ジェルネイルを楽しみませんか?


6月25日(水)〜 7月29日(火) 期間限定プロモーション
フレンチ、またはワンカラー 45€ → 35€
20140710_Yuiko nail1
20140710_Yuiko nail2
連絡先 → contact.yuikonail@gmail.com
詳しくはこちらまで → Facebook https://www.facebook.com/pages/Yuiko-Nail/176482722421833

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:アヌシー、シャモニー/2014年)」‏‏

●ハンドル名: SAさん

●旅行先: アヌシー、シャモニー

●手配を頼んだ旅行会社: なし

●行程・利用交通機関
週末を利用し、お友達と自家用車で旅行しました。

1日目:午前中に、リヨン→アヌシー (高速を利用し2時間弱)
目的は、アヌシーに住む、チーズのスペシャリスト今井さんに会うこと。
到着後は、まず観光局へ。日本語の冊子あり。(トイレあり)
ランチは、Champ de Marsの辺りでピクニック。ここは、遊具が充実していて、子供達も大喜びでした。また白鳥を見たりと楽しい一時を過ごしました。
昼食後、午後はアヌシー湖のクルーズ、旧市街を散策。
クルーズは、1時間で子供達も大はしゃぎでした。
旧市街では小さな公園をみつけて、子供を遊ばせる。

2日目:アヌシーを拠点にという事以外、ノープランだったので、2時間でいけるシャモニーへ行くことにした。
帰りは、シャモニ→リヨン (高速で約2時間)

●旅行日数・時期
2014年7月中旬~下旬 (時々雨)

●連れていった子供の年齢(当時) :3歳6ヶ月、6歳1ヶ月

●子連れでお勧めの観光地・その理由
1、アヌシー (ベビーカー不向き)
*アヌシー湖のクルーズ
http://www.annecy-croisieres.com/
料金:大人14ユーロ、子供9.5ユーロ(3歳以下は無料) ※無料でもカードをもらう必要があります!もらわないと再びチケット売り場に並ぶ羽目になります。
*Champ de Marsの遊具のある公園
*旧市街
子連れに関わらず、美しい町なので、夜の散歩が楽しいです。
アイスクリーム屋が多いので、おやつがわりに!

2、シャモニー (ベビーカー:市内だけならいいけれど、山へ行くなら×)
*L'Aiguille du Midi
http://www.chamonix.com/aiguille-du-midi,80,fr.html
20140729SA_Chamonix.jpg
観光局
「モンタンヴェール登山鉄道」に乗る! (息子たちは大興奮でした)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%89%84%E9%81%93
20140729SA_Chamonix train1
登山鉄道から、今度はロープウェイに乗り換え、降りたところから300段以上の地獄の階段。しかも金網で下が見えるので恐ろしく、子供の手は離せません(高所恐怖症の人は無理かも・・)。ちなみに6歳の息子は疲れたくらいで歩きましたが、3歳の息子は抱っこでした。
20140729SA_Chamonix3.jpg
登山列車のすぐそばにあるロープウェイ
20140729SA_Chamonix4.jpg
ロープウェイを降りたところから氷山トンネルへ続く下り階段
メール・ド・グラス(氷河トンネル)に到着。トンネルの中には氷で作った家具(テーブル、椅子)や熊の氷像がありました。
20140729SA_Chamonix5.jpg
トンネルの真ん中にじゅうたんがあるので、滑りはしません。(長靴不要)
料金は、家族(大人2、子供2)82.5ユーロ、大人 27.5ユーロ、子供 23.5ユーロ(4-15歳)
*電車のオブジェ
登山列車の終着駅にあります。オブジェといっても、乗れるので、子供たちが順番待ちでにぎわっていました。
20140729SA_Chamonix train station
終着駅
*Luge de Chamonix (遊園地)
http://www.chamonixparc.com/index.php/fr/ete.html
20140729SA_Luge de Chamonix 
滑り台(Toboggans)に、とにかく子供たちが大喜びでした!  (トイレあり)

●お勧めのレストラン
アヌシー旧市街 「Le Freti」
http://www.lefreti.com/
20140729SA_Raclette.jpg
19時に開店でしたが、その前から並んで満席でした。チーズフォンデュが美味しかったです!

●その他
*7月(夏)でしたが、今年は雨の日が多く、例年い比べ涼しい方だったと思うので、
子供の服装は、長袖下着+ロンT+トレーナーで、暑かったら脱がせるくらいでちょうど良かったです。特に、朝晩は冷えました。
シャモニーの山の上は、冬のコート持参。スニーカーで十分。
山なので、気候の変化が激しいです。
*私たちはシャモニーに宿泊しませんでしたが、シャモニ-周辺宿泊者専用ゲストカ-ド「La carte d'Hotel」をもらえるそうです。利用方法は、こちらを参照↓
hhttp://www.ab-road.net/europe/france/chamonix/guide/06178.html

20140729 5区の公園ピクニック!

皆さん、こんにちは。
夏休み企画!緑あふれる5区の公園でピクニック第二弾しませんか?!
ペラーシュからバスに乗って15分程度で、リヨンだけれど自然がいっぱいの5区(丘の上)のエリアへ行けます。
今回は「料理人まさえ」による、ままさんデジュネ(弁当)あり!!!

○日時: 7月29日(火曜日)11:00~15:00頃(解散は自由)

○場所: 5区の公園
※以前に参加してくれた方は、覚えていると思いますが、初めて参加される方へは、詳細をメールにてお伝えしますので、タイトルに「5区の公園ピクニックの件(7/29)」と、参加される方の名前を明記した上で、ご連絡頂けると幸いです。
連絡先: bienvenuechezmasae@yahoo.co.jp

○持ち物:
敷物(持っている人は)、帽子、飲み物、ピクニックランチやオヤツなど

○その他:
遊具あり。公共のトイレあり。
※雨天の場合は中止。
中止の場合は、朝8時の時点で、こちらのサイトに明記しますので、当日参加できる方はご確認ください。
※お子さん連れで参加される方は、屋外ですので特に子供から目を離さないようお願いします。個人企画のピクニックです、怪我・事故などの際には、責任を負いかねます。予めご理解ください。
※「ままさんデジュネ」の希望者は、当日の天気予報を要確認の上、7月24日(木曜)までに、まさえさんに弁当予約の連絡お願いします。
まさえさん → bienvenuechezmasae@yahoo.co.jp
詳しいお弁当の詳細は、おって返信いたします。

時間に遅れても大丈夫なので、自分のタイミングで来てください。よかったらお友達も誘って来てくださいね~
夏休みの機会に5区へも遊びに来てください♪
企画者: まさえ

 

夏のコンフリュエンス・プラージュ(2区)

毎夏のバカンス前半に、2区のコンフリュエンスで「コンフリュエンス・プラージュ」が設置されます!涼しくはありませんが、暑すぎる日など、屋内の遊び場に!
意外に人も少ないのでおススメ!詳しい日程はコンフリュエンスのオフィシャルサイトをご確認ください。

 

~過去のイベント情報より~

2014年6月25日から7月26日まで(10時~19時)、2区のコンフリュエンスに「コンフリュエンス・プラージュ」という子供の遊び場が設置されています。人が少ないので穴場スポット!!


詳細はこちら 
http://goo.gl/c6lbm0
20140717_Confluence Plage1
20140717_Confluence Plage3
20140717_Confluence Plage2
20140717_Confluence Plage4
遊び場や巨大砂場(3歳から)が自由に利用出来ます。


小さい子向けでは、ロッククライミングのお試し(4歳から、毎週金曜17時~18時)があります。
そして遊んだ後は船でベルクールかホテルドヴィルまで。これも子供が(大人も)喜びます。
http://goo.gl/dCXaF6
詳しい乗り場はこちら http://goo.gl/r16Mr


片道2ユーロ、7歳以下無料(コンフリュエンスのサイト上では4歳以下と表記してある?確認取れたら報告します)。
コンフリュエンス会員カード(無料)所有で、当日の買物のチケット(スタバでも何でも)があれば、無料です。
ちなみにこのカードで各ショップ10%オフになったり駐車場が3時間無料になったりするので、面倒臭がらずに作っておくと便利です。
会員カードはネットで登録しておくと、受付ですぐもらえるようです。
http://goo.gl/rSomMY
(情報提供:MEさん)

8区: Etats-Unisの「Les p’tits Wakas」

8区にある、0-4歳児対象の子供の遊び場「Les p'tits Wakas」です。
「Jardin Couvert(3区)」より狭いですが、綺麗で どちらかというと、歩きだす前後の子供向けな印象を受けました。

開いている時間は、
月曜日 14:30-17:30
火曜日 14:30-17:30
木曜日 09:00-12:00
金曜日 09:00-12:00
(※バカンス期間は、月曜日のみ)

料金:0.2ユーロ/1回


「Les p'tits Wakas」
住所:19 rue Wakatsuki,69008
電話:04 78 74 50 29
http://centre-social-etats-unis-lyon.reseau-grand-lyon.com/petite-enfance-enfance/les-ptits-wakas-lieu-daccueil/
(情報提供:YAさん)

リヨン郊外: Grand Parc Miribel Jonage

リヨン市内から、車で約20分。
ミリベル(Miribel)に、大きな湖のある、ピクニックにオススメの公園があります。(トイレあり)
20140724Grand parc1
週末、リヨンから日帰りでお出かけしたい方にオススメです!
20140724Grand Parc Restaurant
レストランもあります。


★日帰りプチ ツアー! こんなのいかがですか?!
リヨンを出発!子供と一緒に野菜狩り「 Cueillette de Fraisochamp」へ (リヨンから車で約30分)
たくさん野菜や果物を採ったら、Grand Parc でピクニック (農園から車で約10分)
食後の運動に、軽くアスレチック! (キャンプ場近辺)
20140724Grand parc_Jeux du castor
20140724Grand parc_Jeux du castor2
Grand Parc → リヨン (車で約20分)


Grand Parcのオフィシャルサイトは、こちら↓
http://m.grand-parc.fr
※バス(公共交通機関)でも行けます。


「Grand Parc Miribel Jonage」
住所:Chemin de la Bletta,69120 Vaulx-en-Velin

20140718/24/26 夏期特別料理アトリエのご案内/つぶつぶ雑穀料理術!(リヨン日本人会)

日本人会、夏期特別料理アトリエのご案内です。


子供連れの参加も可能だそうです!(※保護者の方の責任のもとでお願いします)
夏こそ元気に過ごしたい!
Bioの食材を使用した安心安全・ヘルシー・美味しいつぶつぶ雑穀料理術!

〜リヨンで手に入る「雑穀」で、簡単つぶつぶクッキングを楽しもう♪〜


最近良く耳にする「雑穀」、気になってはいるけれど料理方法が分からなく敬遠していませんか? 雑穀は種類によっても異なりますが、食物繊維、タンパク質、ビタミンやミネラルが豊富で、抗酸化性に優れたポリフェノールを含んでいます。その為、紫外線などによる皮膚の老化の防止や腸内環境の改善にも良いとされ、身体の中も、外もきれいにしてくれる魅力的な食材です。今回、“未来食つぶつぶ料理人”こと雑穀料理専門家、優気(ゆうき)さんのヨーロッパつぶつぶツアーをリヨンでも開催することになりました!「雑穀料理って何?」という方から、お子様に安全、栄養満点の美味しい料理を食べさせてあげたい方、最近健康が気になる方、是非この機会に雑穀料理を体験してみて下さい!


日程:下記参照
場所:日本人会教室 (34 rue Victor Hugo 69002 Lyon) 3ème étage
受講費:30ユーロ(会員)、37ユーロ(非会員)
メニュー①お子様も美味しく食べられる!
〝ママは簡単ハッピー♪子供も笑顔な美味しいつぶつぶ食卓レシピ編”
・ Milletとポテトでつくる、簡単炊き合わせでジューシー・コロッケ&人参のエビフライ風
・お子さんに大人気!コーンとmilletの炊き込みごはん

日時:7月24日(木)11:30~14:30
申込締め切り:7月20日(日)
メニュー②雑穀料理で夏を乗り切る!
〝夏こそ!レトルトを使わない、ヘルシー美味しいおばあちゃんカレー編″
・ 玄米粉を使ってルーから作る、まろやかベジタリアンカレー♪
・ 粒ソバ入り香りごはん。
・「野菜のしょうゆ漬け」で、夏バテ防止&保存術
日時:7月18日(金)18:30~21:30
申込締め切り:7月14日(月)
メニュー③雑穀料理はご飯だけじゃない!
“アマランサスが大活躍!パスタ×雑穀コラボレーション創作レシピ編”
・ アマランサスとマッシュルームの和風パスタ
・ アマランサスサラダドレッシング

日時:7月26日(土)11:30~14:30
申込締め切り:7月23日(水)

講師紹介
ー未来食つぶつぶ料理人・優気(ゆうき)ー
URL : http://tubuhinoki-kobe.jimdo.com/
つぶつぶグランマ・ゆみこ(つぶつぶ創始者)の娘。
「つぶつぶ」雑穀料理を食べるのも、作るのも大好きです。小さい頃からベジタリアンの家庭に育ち、健康そのもの。母のレストランに5年間勤務。2012年に独立。つぶつぶ雑穀料理の美味しさと楽しさを伝えるイベントを、関西・神戸にて開催。2014年4月、新しい出会いと、新たな可能性を求めて渡欧。現在はフランス・リヨンにて語学を学びながら、つぶつぶクッキングを伝える仕事を始動。「未来食つぶつぶ」を世界に!
2014年夏には、ヨーロッパつぶつぶツアーも企画進行中!

講師お母様、つぶつぶグランマ・ゆみこ(つぶつぶ創始者)さんのURL
—未来食つぶつぶクッキングー  http://www.tsubutsubu.jp/
*「つぶつぶ」は、小さな穀物達の愛称です。
*「未来食つぶつぶ」は、穀物を主役にした創作料理術のこと。アイディア満載!舌に体に地球に美味しい、エコでヘルシーなグルメ料理をお伝えします。

●講座受講条件
・ 受講者は日本人会の会員であることが望ましい。
  年会費:一般35ユーロ、家族50ユーロ、学生20ユーロ
  受講日に、日本人会窓口にて入会登録できます。
*会員でない方も参加できます。事前申し込み・事前支払いが必要です。
・ 開講は3名以上の申し込みがある場合になります。
・ 各回、定員6名となっております。
・ 受講料は、原則として各回授業開始時又は事前にお支払いください。
*非会員の方は、事前のお支払いのみお受け致します。
 (お支払いは小切手、又は現金のみ受付致します。現金の場合は釣銭が不要となるようご準備下さい。)
・ 講師への支払いが生ずるため、お申し込み後の返金は出来かねますのでご了承ください。

お問い合わせ、ご要望は下記メールアドレスまで!

リヨン日本人会
事務局 講座・アトリエ
lyonnihonjinkai2@gmail.com
34, Rue Victor Hugo 69002 Lyon
http://lyon-japon.net/

リヨン子連れの治安・防犯・トラブル(2014年)

下記は、2014年に子連れリヨン在住者が実際におきた被害事例です。
今後、このような被害に遭わないよう、皆さん、くれぐれもお気をつけください。


○ケース1
今年の春、6区のRue Boileauを夕方歩いていたら、前方から歩いてきた東欧系男性とすれ違う手前で、あたかも今道から指輪を拾い凄く喜んでいる感じの芝居をし、これは金の指輪だと言って見せてきて、自分は駅に住んでいる為、警察に取り調べられた際、面倒な事になると困るので君にあげると言い、家族にあげて下さいと何度断っても、家族も友達もいないと言い、無理やり指輪を押し付け、暫くして後ろから追いかけて来て、食べ物を買うお金が無いと言ってお金を要求されました。指輪を返してもパンを買うお金をくれとお金を要求されました。
友人もマセナの辺りで同じ目に遭ったそうです。
外国人の友人はどの辺かは知りませんが、数回遭ったそうで、男性の時と女性の時があるそうです。
(2014年春)

◯ケース2
夏に息子と日本から来た母を連れてスイス旅行に行きました。
結果的に未遂でしたが、スリに遭いました。
事件がおきたのはジュネーブ駅の構内。ベルンから電車に乗って来て、到着後 母が孫を連れて先にスロープ(リヨンのパガデュ駅のようにホームが2階にあり、スロープで地上階へおります)で1階へ行き、私が空のベビーカーと大きなスーツケース(=両手が塞がっている状態)、背中にリュックを背負い、後を追ってゆっくり向かっていました。
急いでいなかった為、他の乗客はすでに降りた後で、私が最後でした。(=後ろには誰もいない状況)
スロープを降りきる直前で、背後に気配を感じたので、振り返ると、すぐ後ろに東欧系のカップルがいて、見るからにアジア人の私に「イタリア語が出来ますか?」とフランス語で聞き、「No」と答えたら、仕方ないなって顔して去って行きました。
その瞬間に、カバンのチャックが空いていることに気がつき、お財布を入れている場所(大きなポケットは子供用品、ガイドブックやらでいっぱいなので、ついつい取り出しやすいポケットに入れていて)だったので、100%の確信はなかったものの後悔したくなかったため、母親に荷物を預け、ゆっくり駅の出口へ向かう行くカップルを追いかけ、私の財布がないのでカバンを見せてもらうと言ったと同時に、男性のカバンを開いたところ、発見されました。
(財布を発見できたのと、危害を加えられなかったので、結果的には良かったのですが、万が一もあるため、この行動が良かったかどうかは判断しかねます)
その後、もう夕方(だいたい19:00)だったので疲れていたし、息子と母を一旦ホテルへ連れて行き、改めて私一人で警察に報告へ行きました。
(しかし、ジュネーブ駅構内の警察は、18:00で閉まり、翌日 土曜日は12:00から)
警察には報告出来ず、仕方がないので仮設であったインフォメーションセンターに せめて今後の注意を呼びかけようと話をするため順番待ちをしていたら、再び犯人たちに遭遇。(=この時点で20:00。犯行後、1時間しかたっていない)
私の後ろをカップルで通り過ぎて行ったので、大きな声で、「この人たちが、さっき私の財布を取ったんです(仏語)」と言ったのですが、走って逃げる様子もなく、悠然と歩き去って行きました。間違いなくプロです。常に次のターゲットを探しています。

その後の対応と対策:
1)、その日の晩、主人に電話し、状況・犯人の特徴を全て説明、仏語に訳しメールで送ってもらい、ホテルで印刷、翌日 リヨンへ帰る直前に警察へ届けました。
(しかし、混み合っていて時間もなかったため、他に待っていた人に託していったのですが、受け取った担当者からすぐ折り返し電話がきました。)
あとは、リヨンへ戻ってから警察とメールでやりとり。
インターネットから地図をコピーし、犯行現場、犯人の詳細、当日の私たちの服(写真)などを送ることで、犯人の特定つ繋がりよう協力しました。
2)、ジュネーブ及びリヨンの領事館へ報告。
毎月の「治安・安全情報」に載ることで、今後 同じような被害がおこらないように、たとえ未遂であっても 報告すると良いでしょう。
また、ご旅行される方は、必ず事前に現地でおきやすい「被害例」などを確認しておく。危ないと聞いているところなら、初めから注意しますが、安全と思っている所こそ落とし穴です。
3)、貴重品は、取りやすい所にしまわない。
子連れだと荷物が多いので、と言い訳でしたが、嫌な思いをしたくない方は、貴重品はの管理、お金は分散しておくなど気をつけれることはした方が良いでしょう。
(2014年7月)