20140831 パガデュ Parcours Aventures 開催

パガデュのショッピングセンター内で、子供向けに、Parcours Aventures が開かれています。
20140801Part dieu_PIRATES (1)
期間は、2014年8月31日まで

条件: パガデュ・カードを持っている人(※カードの登録は無料)
※パガデュ・カードに関して→ http://www.centrecommercial-partdieu.com/W/do/centre/carte-fidelite
20140801Part dieu_PIRATES (2)

(K)

20140827 テッド・ドール公園でピクニック

残暑お見舞い申し上げます。
そろそろ長い夏休みも終わりですね。新学期に向けて、準備を始めている頃と思います。
さて、学校が始まる前にテッド・ドール公園でピクニックしませんか?!
リヨンに来られたばかりの方、お友達つくりたい方は、是非この機会にご参加ください♫

日時:2014年8月27日(水曜日) 10時半から
※天候が悪い場合は29日に延期です。延期の場合は、朝8時の時点で、こちらのサイトに明記しますので、当日参加できる方はご確認ください。

場所: テッド・ドール公園
※以前に参加してくれた方は、覚えていると思いますが、初めて参加される方へは、詳細をメールにてお伝えしますので、タイトルに「テッド・ドール公園ピクニックの件(8/27)」と、参加される方の名前を明記した上で、ご連絡頂けると幸いです。追って地図をお送りします。
連絡先: info69atelier@gmail.com

解散は各自の都合で。ランチ前/後 適当にお願いします。

持ち物:
敷物や遊び道具(あれば)、帽子、飲み物、お菓子、ランチまでいる人はお弁当
今回も「料理人まさえ」による、ママさんディジュネ(弁当)あり!!!
※詳しくは、マサエさん (bienvenuechezmasae@yahoo.co.jp)へお問い合わせ下さい。
※お子さん連れで参加される方は、屋外ですので特に子供から目を離さないようお願いします。個人企画のピクニックです、怪我・事故などの際には、責任を負いかねます。予めご理解ください。

遅れても大丈夫なので、自分のタイミングで来てください。よかったらお友達も誘って来てくださいね~
(バカンスでパパさん、彼氏さんもいるようなら、是非 ご一緒に!)
それでは、お天気になりますように♪
企画者:さちこ

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:Perouges/2014年)」

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:Perouges

●国名・都市・地方名:フランス国内/ Perouges

●行程・利用交通機関:日帰り/リヨンから車で片道約30分(高速を利用)

●旅行日数・時期:2014年6月

●連れていった子供の年齢(当時):3歳2ヶ月

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
車でリヨンから日帰り出来るところ。
Perougesの村自体は小さく公園もないし、子供は楽しくないかもしれませんが、Grand Parc Miribel Jonageなどと合わせて行くと良いかと思います。
私たちは、午前中にThilの「Cueillette de Fraisochamp」農園へ行き野菜・果物狩り。お昼は、農園から車で約5分の「Grand Parc Miribel Jonage」へ立寄りピクニックをし、午後 サクッとPerougesの村を観光&ガレッドを食べて帰りました。(公園からPerougesは、車で約40分)

Perougesの観光局サイト↓
http://www.perouges.org
20140823Perouges.jpg
中世の面影をそのまま残す、石造りの小さく可愛らしい村。映画「三銃士」をはじめ、数々の時代劇・映画のロケ地となっているそうです。
20140823Perouges_Map.jpg
20140823Perouges_Office Tourisme
村に入る手前に、観光局があります。すぐ横の建物にきれいなトイレあり。
20140823Perouges_view.jpg
20140823Perouges_view2.jpg
村の中は、ゴツンゴツンの石畳の道なので、ベビーカーは不便。抱っこ紐を持って行くか、歩ける年齢の子供なら歩いてもらわないと大変です。
20140823Perouges_Tabacs.jpg
ハガキやお土産を買うならTABAC (外観も可愛い!)
20140823Perouges_Galette.jpg
ガレットが有名。
20140823Perouges_Galette2.jpg

7区: ブランダン公園/Parc Blandan

リヨン7区、Jean MaceとGaribaldiの間にある公園「ブランダン公園/Parc Blandan」。
20140822Parc Blandan_entree
リヨン北部にテット・ドール公園と、南部にジャガラン公園の間にあり、広さはベルクール広場の約4倍(17ヘクタール)。
公園のオススメ滑り台↓
20140822Parc Blandan suberidai
20140822Parc Blandan Toilette
滑り台の横にトイレもあります。


2013年9月にオープンしたばかりの、まだまだ新しい公園なので、木陰が少ないのが難点ですが、このよう↓なピクニックスペースもあります。


スケボー/自転車パーク、子供の遊ぶ遊具スペース、フィットネス スペースなど充実しています。
バカンス以外の平日昼間は人が少ないので、小さなお子さん連れのママさんの憩いの場になるかもしれません。


行き方: メトロD線/Garibaldiから徒歩5分。メトロB線/Jean Maceから徒歩8分くらい。市バスも近くまであります。

アンケート「子連れ旅行体験談!(スイス/2014年夏3)」

⚫︎ハンドル名: Kさん

⚫︎旅行先: スイス (ベルン/ジュネーブ編)

⚫︎手配を頼んだ旅行会社: HIS チューリッヒ支店(電車のチケットのみ)

⚫︎行程・利用交通機関: 電車の旅
リヨン(ジュネーブ経由)→グリンデルワルト(4泊)→ベルン→ジュネーブ(1泊)→リヨン

⚫︎旅行日数・時期: 5泊6日・2014年7月上旬

⚫︎連れていった子供の年齢(当時): 3歳2ヶ月

⚫︎子連れでお勧めのホテル・その理由
ベルン: 宿泊していません。

ジュネーヴ: 「Hotel Admiral」
住所: 8 Rue Pellegrino Rossi,1201 Geneva,Switzerland
電話: +41 22 906 97 00
email: info@hoteladmiral.ch
HP: http://www.hoteladmiral.ch
子連れでオススメというわけではないですが、立地がよく(駅から徒歩3-4分)、ビュッフェ朝食も付いて110CHFと安く、レセプションの方も親切でした。

⚫︎子連れでお勧めの観光地・その理由
☆ベルン/Bern
http://www.bern.com/fr/
(子連れ歩き方) ※数時間の滞在で自分が訪れた所をふり返って書いているだけです、きっと もっとオススメポイントもあるはず。
子供が元気なうちに、行きは駅から一気にバスに乗って「(1)クマ園」へ。
20140819baerenpark_Bern.jpg
観光後は引き続き、ニーデック橋の奥に続く急な坂道を上り「(2)バラ園」へ向かう。(徒歩5分程度、道がガタガタなのでベビーカーを押すのは大変でした)
20140819Rosengarten1_Bern.jpg
帰りは、メイン通りを歩いて、途中見所に寄りながら駅まで向かう。
息子は、バラ園を出てから力尽き、後はベビーカーで運ばれて行きました。
20140819Zeitglockenturm_Bern.jpg
ベルンのシンボル時計塔↑
20140819Bern1.jpg
噴水(ベルンに色々な噴水が100カ所あるらしい)↑

(1)クマ園 (無料)
http://www.baerenpark-bern.ch
20140819baerenpark1.jpg
子熊たちがじゃれあっている姿が可愛らしかったです。息子も喜んでいました。
川沿いだったので、ランチを持って来て食べている人も多かったです。すぐ横に、観光局とレストランもあり。

(2)バラ園 (無料)
http://www.rosengarten.be
20140819Rosengarten2_Bern.jpg
ガイドブックにも書いてあった通り、とても眺めが良かったです。写真を撮るならパノラマサイズで!
20140819View_Bern.jpg
公園があり、遊具が充実していました。トイレは、公園の隣のカフェ「Restaurant Rosengarten」の地下で借りれます。
20140819Parc_Bern1.jpg
20140819Parc_Bern2.jpg
20140819Parc_Bern3.jpg

(3)薬局「ZYIGLOGGE APOTHEKE」のショーウィンドウで見かけたプラレール(もどき)
20140819Platrail_Bern.jpg
電車好きの息子が見たら喜んだろうに、残念 昼寝中。。

☆ジュネーブ
(子連れ歩き方) ※1日の滞在で自分が訪れた所をふり返って書いているだけです、きっと もっとオススメポイントもあるはず。
コルナヴァン駅をスタート地点にするなら、モン・ブラン広場の方向へ向かいプチトランで街の見所をザッと見て回ろう!
戻ってきたら、渡し船乗り場(Paquis)から2番の船に乗り、レマン湖を対岸へ渡り大噴水を近くで見学。
20140819Get leau2
(大噴水 警察署の前に仮設トイレあり)
そこから歩いてもいいし(10-15分)、公共交通機関を上手に利用しながら「(1)自然史博物館」へ。館内で食事も出来ますし。お天気が悪ければ、午後はそのまま博物館で見学&遊ぶのも良し◎

午後も子供の体力が残っていれば、トラムに乗ってヌーヴ広場へ。
お天気が良ければ、宗教改革記念碑のある公園でひと遊び。
子供が昼寝タイムなら、そのまま坂を上って旧市街(石畳なのでベビーカーは△)の見所をゆっくり観光するのも良し、まだ元気で歩けるようなら、旧市街外れにある「(2)美術・歴史博物館」まで一緒に歩くのも良いと思う。

(1)自然史博物館 (Muséum d'Histoire Naturelle)
20140819Musse dhistoire natulle_asobi_Geneve
住所: 1 route de Malagnou,CH-1208 Genève
電話: (0)22 418 63 00
HP www.ville-ge.ch/mhng
開館時間:火曜〜日曜 10:00-17:00 ※休館日:月曜
子供も大人も楽しめる展示内容。時間があれば、一日中でもいたいくらいです。
館内に遊び場(玩具を使える)がありました。屋内なので天気の心配なし
20140819Musse dhistoire natulle1_Geneve
20140819Musse dhistoire natulle2_Geneve
入場無料!各階にトイレあり。

(2)美術・歴史博物館(Musée d'Art et d'Histoire)
20140819Musée dArt et dHistoire_Garden Geneve
住所: Rue Charles-Galland 2,1206 Genève
電話: (0)22 418 26 00
HP: www.ville-ge.ch/mah/
ここで見つけた、カフェテリアの横の子供向けスペース。
さすが美術館と思わせる、アーティスティックな絵本などが置いてある。
20140819Musée dArt et dHistoire_Geneve
20140819Musée dArt et dHistoire_Toilet Geneve
入場無料!トイレ、ロッカーあり。

(3)プチ・トラン
http://www.petit-train-geneve.ch/fr/
20140819Petit train_Geneve

(4)渡し舟
20140819Boat1_Grneve.jpg
ボート乗り場(Paquis)から、ジュネーブ名物の大噴水(Jet d'Eau)の近くを横切りながら対岸へ渡れる舟。
20140819Get deau_Geneve
※ジュネーヴのゲストカードで無料で乗れます。

(5)宗教改革記念碑の公園
20140819Park4_Geneve.jpg
宗教改革の中心人物たちを記念して造られた大きな壁像の横に遊具のある公園があります。
20140819Park1_Geneve.jpg
20140819Park2_Geneve.jpg
20140819Park3_Geneve.jpg

⚫︎子連れでお勧めのレストラン
・ベルン/ローズ・ガーデンの所にあるカフェテリア「Restaurant Rosengarten」
ベルンを一望、景色が良い!すぐ横に遊具のある公園もあり。

・ベルン/ 歩き疲れたところで見つけた市場のフルーツジュース屋。
場所が定かではないが、ベーレン広場の市場だったと思う。
ジュースは中サイズで4ユーロ、大サイズで6ユーロ。美味しくて、一気に飲み干しました。

・ジュネーヴ/ Muséum d'histoire naturelle内のフードパーク
20140819Musse dhistoire natulle_Restaurant_Geneve
子連れで簡単に食事したい場合はオススメ!博物館を見ている途中で立ち寄れます。(館内でピクニック×)

⚫︎その他 (知ってて便利/お得なこと)
・ベルン/コインロッカー
20140819Locker_Bern.jpg
今回、ベルンには宿泊せず、途中下車で3-4時間の短い滞在だった為、駅に隣接している(観光局のすぐ横の建物)コインロッカーに荷物を預けました。ちなみに2014年7月情報では、コインロッカーはここの1箇所のみ。
ベルンは12:30頃到着、ロッカーの場所はすぐに見つかったものの、大きいサイズ(スーツケースサイズ)の空きがなくて、20-30分待ちました。
私たち以外にも、何人も待っている人達がいました。もしかしたら午前中なら、まだ空きが見つかりやすいかもしれません。。

・ジュネーヴ /ジュネーヴ交通パス(Geneva Transport Card)
http://www.geneve-tourisme.ch/en/useful-information/how-to-get-around/geneva-transport-card/
ジュネーブのホテルに滞在した人のみ貰えるカードで、市内の公共交通機関(路面電車やバス、地方電車、ボートなど)がすべて乗り放題になります。ジュネーヴに滞在している間はずっと有効。宿泊施設に最初にチェック・インする時には、忘れずにカードを入手してください。

・ジュネーヴ→リヨンの電車のチケットを購入するなら
ある程度時間が決まっているなら、フランスでチケットを購入する事をオススメします。
というのは、旅行中の子供の体調もあるし、当日にならないと帰りの時間が分からなかったので、現地(ジュネーヴ駅)で購入したのですが、フランスのSNCFのサイトで尚且つ子供カード(enfant+)を利用し3人で35ユーロが、ジュネーブでスイス国鉄で購入するとCHF92(約110ユーロ、子供は無料)!!
フランス側(ジュネーヴから最初はバスで国境を越え、フランスのSNCF駅へ。そこから電車でリヨンへ向かう)に到着した際、窓口の人に説明したら、なんと バスの乗車分を引いた差額(15ユーロ)が返金されました。何でも言ってみるものです。

・治安情報
スイス=ヨーロッパで一番安全と思ったら大間違い!スリはツーリストを狙っています。こちらを参照↓
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2011C384
未遂でしたがジュネーヴ駅構内でスリに遭いかけました。詳しくはこちらを。

・参考になったHP
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/home/
上記のサイトの情報がとても参考になりました。ありがとうございました。
「スイス2014年夏(1) / (2)」へつづく

アンケート「子連れ旅行体験談!(スイス/2014年夏2)」

⚫︎ハンドル名: Kさん

⚫︎旅行先: スイス (グリンデルワルト編)

⚫︎手配を頼んだ旅行会社: HIS チューリッヒ支店 (電車のチケットのみ)

⚫︎行程・利用交通機関: 電車の旅
リヨン(ジュネーブ経由)→グリンデルワルト(4泊)→ベルン→ジュネーブ(1泊)→リヨン

⚫︎旅行日数・時期: 5泊6日・2014年7月上旬

⚫︎連れていった子供の年齢(当時): 3歳2ヶ月

⚫︎子連れでお勧めのホテル・その理由
ホテル アイガー /Hotel Eiger
住所: Hauptstrasse, 3818 グリンデルワルド
HP: http://www.hoteleiger.com/en/
(ホテルは、Booking.comで予約。6歳以下のベッドなしなら無料)
20140819Hotel Eiger_Grindelwald
ホテルは、アパートメントタイプなので、子連れには最適!
駅から徒歩5分くらい。レストランも併設していて、お部屋でご飯を作るのが面倒なら、下に食べに行くことも出来るのでオススメです。スーパーも徒歩圏内に2軒あり。
ミニキッチンには、電気のコンロ2つ、オーブン、冷蔵庫、一通りの食器類、ワインオープナーなどあり。(ただ、マイクロウエーブはありませんでした)
館内に、子供の遊び場、フィットネス施設、サウナ(14歳以下の子供と一緒に利用する場合は17時まで)、美容院、コインランドリー etcがあります。
20140819Asobiba_Hotel Eiger
20140819Fitness_Hotel Eiger
また、宿泊客に発行しているゲストカードにより、市内バスの利用(無料)、スイミングプール、スケート場等、近くのスポーツセンターの無料入場券を提供しています。
20140819Guest card_Grindelwald
コインランドリーは、洗剤がなければ2フランだった気がします(レセプションで購入可)。洗濯ネットとソープは、荷物に余力があれば持って行ってもいいかも。

⚫︎子連れでお勧めの観光地・その理由
(1)グリンデルワルト/Grindelwald
20140819Station_Grindelwald.jpg
グリンデルワルトの駅
20140819Station Office1_Grindelwald
(駅の窓口の営業時間) 06:10-19:30
小さな村なので頑張ればどこでも歩けます。私たちはベビーカーを持って行きましたが、駅周辺は問題なく使えました。
駅前の高台?に小さな公園あり。アイガーを眺めながら遊べます!
20140819photo spot_Grindelwald
顔出しパネルで、ハイポーズ!

(2)クライネ・シャイデック/Kleine Scheidegg
http://www1.myswiss.jp/alps/06/k_scheidegg.htm
20140819Kleine Scheidegg
色んな登山鉄道の接続駅。ユングフラウヨッホへ行く場合は、ここでユングフラウ鉄道に乗り換えます。
クライネ・シャイデックには、お土産屋、公衆トイレ(オムツ替え台)もあり。
20140819Toilet1_Kleine Scheidegg
20140819Toilet2_Kleine Scheidegg
山岳ホテル&レストラン「⚪︎⚪︎」に遊び場があり、息子はかなり遊んでいました。
20140819Asobiba1_Kleine Scheidegg
20140819Asobiba2_Kleine Scheidegg
20140819Photo spot_Kleine Scheidegg
顔出しパネルで、ハイポーズ!

(3)ユングフラウヨッホ /Jungfraujoch
http://www1.myswiss.jp/alps/06/jungfrau/alp-jung_joch.htm
クライネ・シャイデックでユングフラウ鉄道に乗り換え、いざ ユングフラウヨッホへ!
20140819Jungfraubahn.jpg
頂上へ着く前の2箇所の駅で写真ストップ。(5分休憩、トイレあり)
20140819Jungfraujoch.jpg
頂上に着くと、日本の郵便ポストがあります。ここから投函すると、ユングフラウの消印付き!(3日後には日本につきました)
20140819Post_Jungfraujoch.jpg
スフィンクス・テラス、氷の宮殿、プラトー(展望台)があります。
20140819Top of Europe
スフィンクス・テラス(Sphinx Terassen)は、360度パノラマです!ただし、エレベーターで一気に3571mへ上がるので、駅に着いた時点で高山病の気配がみられたら、子供連れは少し考えた方がいいかもしれません。
氷の宮殿(Eispalast)では、氷の彫刻が見られます。世界遺産に認定されている雄大なアレッチ氷河の深部を体感することができる珍しいスポットです。
20140819Eispalast1.jpg
20140819Eispalast2.jpg
氷河の中を歩くので、当然のごとく 寒いです。他に着る機会がなくとも、子供用の防寒服は忘れずに。個人的には手袋はあった方が良かったかな。長靴までは不要ですが、荷物じゃなければあっても良し◎
スフィンクス・リフトと氷の宮殿の間に、Alpine Sensationという通路があります。薄暗いので息子は少し怖がっていました。
プラトー(Plateau)展望台は、行くなら早い時間帯に。
20140819Jungfraujoch (2)
某雑誌に、まずスフィンクス・テラスからと順序があったので、その通りに動いたら、10時すぎ ようやくプラトーに辿り着いた所で、雲が出始め、肝心のユングフラウヨッホが見えませんでした。さっきまで、見えてたんだけどねぇという人がいて、リベンジに3日目、早朝ヨッホで再びプラトーへ一番乗りで来たら、壮大な眺めでした!
短い距離ですが雪中を歩くので、子供には防寒服、手袋、長靴などあると良いでしょう。
スキーやスノボーなど、山頂で出来るアクテビティあり!
やりませんでしたが、標高が高いので、体力ないと難しいと思います。。
構内には、売店やレストラン、カフェテリアがありましたが、物価が高いというスイスを代表する驚きの価格表記、 辛ラーメン+お湯(約7.1ユーロ)、お湯だけ(約3.9ユーロ)!!!
20140819Cafe_Jungfraujoch.jpg
頂上でご飯が食べたいなら、サンドイッチを予め購入していくか作って持っていくかをオススメします。
というわけで、子連れでユングフラウヨッホを楽しむなら、
20140819Map_Jungfraujoch.jpg
地図↑
1)、⑨プラトー /ユングフラウヨッホを背景に写真をパシャリ。ちょぴり雪もさわれる!(天気が良ければ)
2)、④スフィンクス・テラス /トップ・オブ・ヨーロッパの前で写真をパシャリ。
3)、⑦Alpine Sensation
4)、⑧氷の宮殿

5)、お土産屋やレストランへ …の順番でしょうか。
体力のある方は、⑤雪遊び場(Aletschgletscher)でスキーやスノーボードを楽しまれるのも良いと思います。
20140819Highking.jpg
ハイキングをするなら、Eigergletscher駅で降りて、クライネ・シャイデックまで。大人の足で1時間くらい。3歳児には少しハードルが高いと思います。(私はおばあちゃんに預けて一人ハイキングしました)
20140819Highking2.jpg
20140819Highking3.jpg
高山病もなく、元気にしてた息子でしたが、2時間 山頂をたっぷり楽しんだ後、帰りの電車に乗った途端に寝入っていました。疲れたようです。
帰りの電車(ユングフラウヨッホ~クライネ・シャイデック間)で、ユングフラウ鉄道限定チョコレートが1人1個もらえます!

(4)ボルト(フィルストへ行く途中) /Bort
20140819Gondra_Grindelwald.jpg
まず乗り込むゴンドラリフトは、全面が見える為、子供が怖がるかと思いきや大喜び!
終点駅フィルストの途中「ボルト」駅に遊具のある公園があります。
20140819Park_Bort.jpg
また、今回は時間がなくてしませんでしたが、フィルストからボルトにかけて、なだらかな坂道なので子連れでハイキングするのもオススメ!実際に、家族連れがハイキングしている姿を多く目にしました。
20140819First.jpg
フィルスト/First

(5)ミューレン/Murren
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/area/offer-Destinations-07Berner_Oberland-211046.html
20140819Park_Murren.jpg
駅から坂道を上がって観光局のある広場に、公園があります。
電車の中から見て、ミューレンから次の駅(Winteregg)まで、なだらかな道が続いているので、子連れでハイキングに良さそう、実際に家族連れも多く歩いていました。
Winteregg駅にレストランがあり、眺めが良いので、時間があればお昼かお茶が出来たら良いと思いました。
また、ミューレンから乗り換えて、アルメントフーベルへ行くと、新たに作られたアドベンチャープレイランドがあるそうです。

(6)シーニゲ・プラッテ /Schynige Platte
http://www1.myswiss.jp/alps/06/jungfrau/alp-schynige.htm
20140819Train Schynige Platte
晴れている日がオススメ!ヴェルダースヴィール駅からレトロな列車に乗りながら山頂へ向かう途中に、インターラーケンの湖やユングフラウ、メンヒ、アイガーが次々 見えてきます。子連れだからオススメというわけではなく、とにかく景色が良いので一見の価値あり。
20140819View_Schynige Platte
20140819View2_Schynige Platte
頂上では、山岳ホテル「Schynige Platte」と併設しているのでレストラン&カフェで休憩するのもよし。キレイなトイレが利用でき、オムツ替え台もありました。
20140819Restaurant_Schynige Platte
20140819Toilet Restaurant_Schynige Platte
今回は行きませんでしたが、高山植物園もあるそうです。

⚫︎子連れでお勧めのレストラン・その理由
グリンデルワルト/「Hotel Eiger」のレストラン
日本語観光局の方からオススメ頂きました。
グリンデルワルト/パン屋
20140819Pan_Grindelwald.jpg
毎朝7時から開いているようです。朝は、ここでパンを買って列車に乗るか、パン屋と併設されているレストランで朝食を取りました。
クライネ・シャイデック/ 山岳ホテル&レストラン
20140819Hotel Restaurant_Kleine Scheidegg
アイスクリームパフェで10フラン(約12ユーロ)。レストランの横に子供の遊び場があり、息子の一番のお気に入りで2度も行きました。
20140819Restaurant_Kleine Scheidegg

⚫︎その他
親子で楽しめるアクティビティ
⚪︎グリンデルワルト/ミニゴルフ
20140819Mini golf_Grindelwald

⚪︎インターラーケン/Heimwehfluh
http://www.heimwehfluh.ch

⚪︎Pfingstegg /滑り台Rodelbahn
http://www.pfingstegg.ch

⚪︎Mannlichenからハイキング
家族で楽しくハイキングできるコースがあるようです!

⚪︎アルメンフーベルからミューレンへと続く子供向けのアドベンチャー・トレイルを家族みんなでトレッキングすると楽しそう。
天候が悪い場合、

⚪︎グリンデルワルト/ sportzentrum grindelwald(スポーツセンター)
住所: CH-3818 grindelwald, switzerland
電話: + 41 (0)33 854 12 80
http://www.indoorseilpark.ch
スイミングプール、スケート場
ホテルから徒歩2分くらいの場所にあるスポーツセンター。ゲストカードで無料。

⚪︎インターラーケン/ JUNGFRAUPARK INTERLAKEN
http://www.jungfraupark.ch
Mysty Landやインドア スキーなどあり

⚪︎インターラーケン/ Verkehrshaus
https://www.verkehrshaus.ch/fr

⚪︎ラウターブルンネン/ Truemmel-Bach-Faelle
http://www.truemmelbachfaelle.ch
20140819Truemmel-Bach-Faelle.jpg
雨が降った方が水量が増し見応えあるとオススメ頂きましたが、 息子が怖がりそうなので、今回は行きませんでした。
20140819Locker_Grindelwald.jpg
駅前のロッカー

☆ユングフラウVIPパス に関して
ユングフラウVIPパスとは、ユングフラウ鉄道グループ主要路線に3日間乗り放題のパス。スイス三大名峰の1つユングフラウヨッホ1往復も含まれている。(子供は無料)
グリンデルワルトの日本語観光案内所でも購入可能。
4日滞在の滞在で、2回 ユングフラウヨッホを往復、下記のパス有効範囲の山を堪能して来ました。また滞在中 1日は雨でしたが、電車好きの息子を連れ、目的なく色んな電車に乗りならがグリンデルワルト周辺を周遊、雨の日の鉄道も楽しむことが出来ました。
ユングフラウVIPパス有効範囲 (2014年5月1日~10月26日の連続した3日間)
-クライネシャイデック=ユングフラウヨッホ
-インターラーケン=グリンデルワルト/ラウターブルンネン
-グリンデルワルト/ラウターブルンネン=クライネシャイデック
-ヴィルダースヴィル=シーニゲプラッテ(5月29日~)
-グリンデルワルト=フィルスト(5月3日~)
-インターラーケン=ハーダークルム(4月18日~)
-ラウターブルンネン=グリュッチアルプ=ミューレン
-グリンデルワルト=グロッセシャイデック(5月24日~)

<以下の路線の乗車券は50%割引>
-グリンデルワルト=メンリッヒェン(5月29日~)
-ウェンゲン=メンリッヒェン(5月17日~)
20140819Jungfrau VIP Pass
ユングフラウVIPパス ユングフラウ鉄道限定チョコレート

☆参考になったHPと本など
http://www.geocities.jp/kozurevacation/swisskozuretrail.html
http://homepage3.nifty.com/k-kozu/swiss/swis.htm
http://4travel.jp/travelogue/10253751
上記のサイトや個人ブログがとても参考になりました。ありがとうございました。

「グリンデルワルト日本語観光案内所」
http://www.jibswiss.com
グリンデルワルト駅から、徒歩30秒。
営業時間:9時00分~12時00分/午後2時00分~午後6時00分(スイス時間) 
グリンデルワルト到着後にすぐに立ち寄らせて頂き、たくさんのアドバイスをいただきました。お陰で家族で楽しい旅行が出来ました。日本語観光案内所の皆様、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
20140819Photo-Grindelwald.jpg
スイス2014年夏(3)」へ続く

アンケート「子連れ旅行体験談!(スイス(鉄道の旅)/2014年夏)」

⚫︎ハンドル名: Kさん

⚫︎旅行先: スイス (鉄道の旅編)

⚫︎手配を頼んだ旅行会社: HIS チューリッヒ支店 (電車のチケットのみ)

⚫︎行程・利用交通機関: 鉄道の旅
リヨン(ジュネーブ経由)→グリンデルワルト(4泊)→ベルン→ジュネーブ(1泊)→リヨン

⚫︎旅行日数・時期: 5泊6日・2014年7月上旬

⚫︎連れていった子供の年齢(当時): 3歳2ヶ月

⚫︎旅行計画にあたって
☆鉄道の旅
スイスは車がなくても、鉄道が充実しているので「鉄道の旅」がオススメです!
電車の時刻が正確で、インターネットのスイス国鉄のHPで時刻表を確認できる。
駅は、エレベーターやスロープが充実しているので、ベビーカー移動でも心強い。
さらに、電車の中で子供向けにplay ticketというおもちゃの切符ももらえます。
ジュネーブからグリンデルワルトへ向かう際、乗換することに気がつかず乗り過ごしてしまいましたが、車掌さんに聞いたところ、都合の良い乗換場所を教えてくれ、乗り過ごしたお陰で車窓から素敵な景色も眺められたのでラッキーでした。
どの駅でも乗り継ぎは、とてもスムーズ。初めて訪れる外国人でも分かりやすく表示があるので、乗換時間が短くても迷うことはなかったです。
車掌さん、及び地元の乗客の多くが2~3カ国語を話せるので驚きました。グリンデルワルトは日本人も多かったし、とにかく旅しやすい国でした。
鉄道の旅と簡単に言うのは良いけれど、旅行するには下調べがある程度必要… どこに行く?何日必要?鉄道パスといっても色々あるし、どれがお得なのか分からない。そんな時間がない 子育てママ必見なのは、旅のプロにお願いすること!
今回は、HIS チューリッヒ支店に電話をし、こちらの要望(リヨン発着の電車の旅、3歳の息子と70歳のおばあちゃん連れで平日の4日間程度、無理ない旅程でスイスの山を楽しみたい)を伝えたところ、グリンデルワルト4日間の滞在+スイストランスファーカード利用をお勧め頂きました。
私たちが、今回HIS チューリッヒ支店(http://www.his-swiss.ch)で手配をお願いしたのは↓

[内容]
・スイストランスファーカード 
1等車 大人1名様分 222スイスフラン x2名様
2等車 大人1名様分 139スイスフラン x2名様
※スイスに入国された際の国境駅~目的地まで1往復可能。
往路、復路ともに一日限り有効で目的地まで最短コースを選ぶことが条件(途中下車可)。子供はファミリーカード発券で無料。

・ユングフラウVIPパス 
1名様分 200スイスフランx2名様 

・各種手数料
スイストランスファーカード、ユングフラウVIPパス発券手数料(1名様20スイスフラン)
国際書留料金20スイスフラン
支払方法は、国際振込み、クレジットカード利用可。
(振込みの際の手数料、クレジットカードをご利用の際は合計金額の3%のクレジットカード手数料をお客様負担。)

☆鉄道チケットの種類に関して詳しくは、こちらを参照↓
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/transport/sts/ticket/#293025
(スイス政府観光局のサイトより)

以下、子連れだと便利な鉄道情報です。
⚪︎ファミリー車両
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/information/tips/train/trainservice/
2012年からは「チッキパーク(Ticki Park)」という名で親しまれているファミリー車両のプレイルーム。色とりどりの動物のイラストが特徴的で、滑り台や舟の形をした遊具が設置されていま す。利用料金はもちろん無料です。
外からみたファミリー車両
ファミリー車両(Family coach)は主な都市間をつなぐスイス国鉄/SBBの長距離路線、インターシティ(IC/ICN)に連結されています。列車の最前部もしくは最後尾に連結されており、列車にポップなイラストが描いてあるので、すぐにファミリー車両だとわかるようになっています。ファミリー車両の1階の半分は 自転車やベビーカーを積載するスペースとトイレ、そして2階は遊具が設置されたプレイルームになっており、そこで子どもたちは移動中でも到着駅まで、思う存分好きなだけ遊ぶことが出来ます。ファミリー車両は子どもが中心。子どもが思いきり騒いでも問題ありません。

⚪︎ファミリーカード
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/transport/sts/ticket/#293025
 「スイスパス」「スイス・フレキシー・パス」「スイスカード」そして「半額カード」と同時に購入すれば 無料の「ファミリーカード」を発券してくれます。

⚪︎ジュニア・カード
 子供が1人でもいるファミリーには、大変お得なカードです。
 (但し、5歳までの子供は、親が同伴する場合は「無料」ですが、子供の座席指定券を取得する場合には、5歳までの子供でも「ジュニア・カード」が必要となります)
 6歳~15歳までの子供には、親が同伴する場合でも必要となります。
 このカードを取得しておくだけで、親と同伴する16歳未満の自分の子供は、「何人でも無料」となります。(16歳の誕生日前日まで有効です)
※「ユーレイルパス」にてスイス国鉄を利用する場合には、併用は出来ません。
 私鉄の登山電車、ロープウェイ、ゴンドラなどでは、無料または、割引き乗車券が購入できます。

⚪︎ライゼゲペック(スイス・バゲージ) Baggage Switzerland 託送サービス
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/transport/baggage/swiss/
スイス国内の駅から駅へ荷物を直送することができます。チッキと呼ばれる託送サービス。目的地まで乗り換えが多い時や、途中下車で観光しながら目的地へ移動する予定の時には、大きな荷物を先に送っておけるこのサービスはかなり便利です。ただし通常便は、預けた日から翌々日の到着となるので、預けるタイミングや荷物の分け方など、計画的に考えて利用しましょう。料金が倍額になりますが、当日の受け取りが可能な特急便サービス「ファストバゲージ」もあります。

⚪︎インターネット時刻表
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/transport/timetable/
所要時間、乗換ルートなど基本的な情報はもちろん、自分で選んだ区間や期間で情報を抜粋し、PDFでオリジナル時刻表を作ってくれる機能や、駅の情報、宿泊情報、天気予報、地図検索などのうれしい機能もあります。遅延や事故情報などがタイムリーに表示される列車運行情報サービスが新たにスタート。
SBB Timetable (インターネット時刻表/英語)

☆服装と子連れ持ち物
7月とはいえ、山はお天気に左右されるので、服装は着脱できる洋服が便利。
お天気が良くても朝早い時間帯は冷えるので、半袖+長袖+ジャンパーが必要。(暑くなるにつれて脱いでいく)
ユングフラウヨッホへ行くなら、防寒着も必要。サンダルなどもっての外です。
子供用なら、手袋があっても良い。荷物に余力があるなら、長靴もあると雪遊びができる。
ハイキングをするなら、山登り用の靴。(グリンデルワルトでもたくさん売っています)
雨ということもある為、レインコートや雨具を持って行きましょう。
それ以外に、帽子、日焼け止めクリーム、タッパ、子供の好きなお菓子など
※キッチン付きのホテルだったので、カレールーやパンケーキの素、お米やフリカケなど持っていき、現地で野菜/肉など購入し、夕飯は作っていました。
塩・胡椒、油がなかったので、油は小さなバターを購入して代用しましたが、塩・胡椒は小分けにして持って行っても良かったです。

☆物価 (スーパー) 1スイスフラン(CHF)= 約1.2ユーロ
・ミネラルウォーター(エビアン大) CHF1前後
(小さいサイズでも、あまり値段が変わりませんでした)
・オムツ
その他、スーパーで売っている果物や野菜はフランスより ほんのちょっと高い程度か同じでした。
レストランは、それなりに物価の高さを感じます。

☆参考になったHPと本など
スイス政府観光局
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/home/

天気予報サイト
http://www.wetteronline.de/wetter/grindelwald

「るるぶ スイス」の本
http://www.rurubu.com/overseas/list.aspx?CountryCD=E12
上記のサイトや本の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

以下、電車マニアの男子たちへ。スイスへ行くと、こんな電車に巡り合えます。
<登山電車>
20140819Suisse Train (2)
20140819Suisse Train (3)
20140819Suisse Train (4)
20140819Suisse Train (6)
20140819Suisse Train (9)
20140819Suisse Train (5)
20140819Suisse Train (7)
20140819Suisse Train (1)
20140819Suisse Train (8)
<の>
20140819Interlaken Train
20140819Interlaken Train2
<ベルンのトラム>
20140819Bern Tram (2)
20140819Bern Tram (1)
<ジュネーヴの電車&トラム>
20140819Geneve Train
20140819Geneve Tram
スイス2014年夏(2)」へ続く

義務教育教科書の配布

日本国籍を有する学齢期の長期滞在中の子女 ( 永住者を除く ) は、日本の義務教育教科書の無料配布を受けることができます。配布を希望される方は、当事務所までお問い合わせいただくか、こちらの「教科書配布申込書(PDF)」「教科書配布申込書(XLS)」に必要事項を記入の上、当事務所宛てに郵送または電子メールでご提出ください。

なお、教科書は船便で送付される為、配布申し込みの締め切りは、配布の 約半年前 となっています。ご希望の方はなるべく早めにご連絡下さい。4 月 ( 前期分 ) からの教科書配布を希望される方は、前年の 9 月末まで に申し込みをお願い致します。

また、日本語補習授業校 に所属する子女の教科書は、各補習校から申し込み、配布されますので、個人での申し込みは不要です。
尚、日本出発時に、渡航してから最初に使う教科書を (財)海外子女教育財団 から配布を受けなかった方は、海外における居住地を管轄する在外公館 ( ローヌアルプ州 ・ オーヴェルニュ州 にお住まいの方は 当事務所 ) に直接お申し込みをしていただくことになります。

所定の申込用紙: 「 教科書追加送付申請書 」 に必要事項をご記入いただき、お申し込み下さい。尚、教科書追加送付に際しては、送料実費に加えて手数料 1000 円の支払い ( 前払い ) 義務が生じます旨、予めご了承ください。こちらの送料実費と手数料は、お申し込みいただいた方に (財)海外子女教育財団 から直接請求されることになります。


詳しくは、こちらをご覧ください↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/kyoukasho_haifu.html

在リヨン領事事務所」のサイトより

Espace aquatique LILÔのプール

リヨン郊外にあるプール「Espace aquatique LILÔ」のご紹介です。

ここは、子どもの足が付くプールが屋内屋外に一つずつあって小さいスライダーもあります。
大人が本気で泳ぐプールとジャグジー付きの流れるプールが室内にあって、屋外にも大人も使えるプールがあります。
帽子は不要で、ただし男性用の水着は大きいハーフパンツ型は不可。ぴったり型の水着のみでした。プールでも自販機て買えます。
監視員が2人くらいでしっかり監視しているので、安全だと思います。
温水も冷たくない程度暖かくて永く遊べました。
幼児がいる家庭には特にオススメです!

「Espace aquatique LILÔ」
住所: Forum des sports, Chemin de Thil, 01700 Saint-Maurice-de-Beynost
HP: http://www.vert-marine.com/lilo-miribel-01/#
(情報提供 Rinさん)

20140818 5区の公園ピクニック!

皆さん、おはようございます。
曇りがチラホラですが、ピクニック決行します!
タイミングが合う方は、是非遊びに来てくださいね!
まさえ
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
皆さん、こんにちは。
第4回 夏休み企画/緑あふれる5区の公園でピクニックしませんか?!
ペラーシュからバスに乗って15分程度で、リヨンだけれど自然がいっぱいの5区(丘の上)のエリアへ行けます。
今回は「料理人まさえ」による、ままさんデジュネ(弁当)あり!!!

○日時: 8月18日(水曜日)11:00~15:00頃(解散は自由)

○場所: 5区の公園
※以前に参加してくれた方は、覚えていると思いますが、初めて参加される方へは、詳細をメールにてお伝えしますので、タイトルに「5区の公園ピクニックの件(8/18)」と、参加される方の名前を明記した上で、ご連絡頂けると幸いです。
連絡先: bienvenuechezmasae@yahoo.co.jp

○持ち物:
敷物(持っている人は)、帽子、飲み物、ピクニックランチやオヤツなど

○その他:
遊具あり。公共のトイレあり。
※雨天の場合は中止。
中止の場合は、朝8時の時点で、こちらのサイトに明記しますので、当日参加できる方はご確認ください。
※お子さん連れで参加される方は、屋外ですので特に子供から目を離さないようお願いします。個人企画のピクニックです、怪我・事故などの際には、責任を負いかねます。予めご理解ください。
※「ままさんデジュネ」の希望者は、当日の天気予報を要確認の上、8月15日(金曜)までに、まさえさんに弁当予約の連絡お願いします。
まさえさん → bienvenuechezmasae@yahoo.co.jp
詳しいお弁当の詳細は、おって返信いたします。

時間に遅れても大丈夫なので、自分のタイミングで来てください。よかったらお友達も誘って来てくださいね~
夏休みの機会に5区へも遊びに来てください♪
企画者: まさえ