玩具のカランドリエ・ド・ラヴォン

寒い季節になると、朝はなかなかお布団から出て来れない・・ どこの子供も一緒ですよね。
我が家では、早起きさせるために、玩具の入っている「カランドリエ・ド・ラヴォン(Calendrier de l'Avent)」を買って、楽しく1日が始まるような工夫をしています。 LEGOやPlaymobilから出ています。男の子用、女の子用もあります。
早めにおもちゃ屋さん(スーパーの玩具コーナーでも売っています)へ行かないと、人気のモノは売り切れてしまうので、11月になったらチェックしてみて下さい!

Calendrier de l'Avent LEGO↓
http://shop.lego.com/fr-CA/Calendrier-de-l-Avent-LEGO-Star-Wars-9509
Calendrier de l avent playmobil↓
http://www.playmobil.fr/calendrier-de-l%E2%80%99avent-noel-en-for%C3%AAt/4155-A.html

20151128_Calendrier de l avent playmobil 

20151128_Calendrier de l'Avent LEGO

合わせて、お菓子のカランドリエ・ド・ラヴォン記事もご覧ください↓
http://lyondemaman.com/sortir/event-saisonnier/calendrier-de-lavent/

(情報提供:MKさん 2015/11/27)

2015年11月26日 パリ連続テロ事件の発生に伴う注意喚起(再々更新)‏

在リヨン領事事務所のお知らせを転載します。

在留邦人の皆様、たびレジに登録された皆様
 
2015年11月26日 在リヨン領事事務所より
 
本日、海外安全ホームページにて、以下のスポット情報が新たに発出されましたところ、お知らせいたします。
 
「フランス:パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起(再々更新)」 
 
1.11
月13日夜(現地時間),パリ10区及び11区(1.ビシャ通りのレストラン「ル・プティ・カンボッジ」(rue 
Bichat),2.フォンテーヌ・オ・ロワ通りのカフェ(rue de la Fontaine au 
roi),3.ヴォルテール大通りの小劇場「バタクラン」(Bataclan, Boulevard Voltaire),4.シャロンヌ通り(rue 
de Charonne),5.ヴォルテール大通り(boulevard Voltaire),6.ボーマルシャ通り(boulevard 
Baumarchais))及び7.パリ北部近郊の国立競技場(Stade de 
France)において,銃撃事件等が発生しました。仏政府の発表によれば,少なくとも130人が死亡し,多数が負傷しました。
 
2.本事件については,オランド仏大統領はイスラム過激派ISIL(イラク・レバントのイスラム国)により実施されたと発表しました。一方,ISILは犯行声明を発出し,フランスに対する更なる攻撃を警告しています。
 
3.14
日(現地時間),オランド大統領は記者会見でフランス全土における緊急事態を宣言し,フランス外務省は国境(陸路,空港,鉄道,海上)におけるコントロー
ルの強化を発表しました。また,パリ市の施設(学校,美術館,図書館,体育館,プール,マルシェ)は一時全て閉鎖され,集会・デモに対する許可は取消され
たとされています。その後パリ市のほとんどの観光名所及び施設は再開していますが,緊急事態宣言は2016年2月25日までの期間とされており,引き続き
厳重な警戒が必要です。
 
4.つきましては,フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれる
ことのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特に,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパート
や市場など不特定多数が集まる場所)は可能な限り避け,訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全
確保に十分注意してください。
 
5.海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)
 
6.なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)
 
(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903
 
(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/ 
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)
 
(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/ 
 
○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/ 
 
○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/ 
 
○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX:(市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

    

スマートフォン/タブレット等のトラブル対応

スマホの画面が割れてしまった…、落としたら電源が入らなくなった…、充電が持たなくなった、水没してしまった…。
大事な情報がたくさん詰まっているスマホやタブレット、できれば機種変更せずに修理して使い続けたい時もありますよね。
アップルストアなどメーカーに修理を頼めるケースもあるけれど、予約を取るにも修理をするにも時間がかかりすぎる…。
そんな時は、スマートフォン専門修理店が便利です。

リヨンにあるこちらのお店には、日本語で対応できる店員がいます。
La clinique du smartphone
80 cours Vitton, 69006, Lyon
(http://www.lacliniquedusmartphone.fr)

リヨン6区 メトロMassena, Broteaux, Charpenne 徒歩3分 または バス C1, C6 Vitton-Belges すぐ
各種スマートフォン、タブレット、マックブックの修理可能(保証期間付き)。また、中古の買取・販売も行っています。

同店舗内には、各種ゲーム機の修理専門店も入っています。DSやPS4など家庭用ゲーム機の修理はこちら。
Abconsole (http://www.abconsole.com/

※日本語で詳しく説明をしたい場合は、こちらへ一旦ご連絡ください: contact.jp.lcds@gmail.com
(店主の妻が日本語でお答えします。子育て奮闘中のため、返答に時間がかかることもありますがご了承ください。)

アップルスワンの作り方

11月7日放送の「嵐にしやがれ」でやってた、「アップルスワン」の作り方が簡単で子供たちも喜びそう!
是非 親子で挑戦してみて下さい!!

生田斗真VS松潤!真のカッコイイ男対決の中のりんごで作るスワン、放送開始3分目位から始まります。
https://www.youtube.com/watch?v=mvCd8WBC7ZA

※上記のURLで、見つからない場合は、「11月7日 嵐にしやがれ」で検索してみてください。


(情報提供:TSさん 2015/11/20)

2015月11月19日 テロ事件の発生に伴う注意喚起(留意事項)

在リヨン領事事務所のお知らせを転載します。

在留邦人の皆様、たびレジに登録された皆様 
                                         
2015年11月19日 在リヨン領事事務所より
 
本日、海外安全ホームページにて、以下のスポット情報が新たに発出されましたところ、お知らせいたします。
  
「フランス:パリにおける同時多発テロ事件の発生に伴う注意喚起(追加)~付近でテロ・爆発が発生した際の留意事項~」
 
1
 18日朝(現地時間),パリ北部郊外のサン・ドニ市で,警察がパリにおける同時多発テロ事件(14日付スポット情報「フランス:パリにおける連続テロ事
件の発生に伴う注意喚起(再更新)」参照)の容疑者らが立てこもっているアパートを制圧した際,銃撃戦が発生し,少なくとも犯人ら2人が死亡し,警察官5
人が負傷しました。同事件の犯人ら数名が逮捕されましたが,首謀者らは依然逃亡していると報じられています。
 
2 つきましては,フラン
スへ渡航・滞在される方は,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特に,首都パリを含むイル・ド・
フランス州へ渡航・滞在されている方は不要不急の外出は避け,事件現場周辺には近づかず,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通
機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)は可能な限り避けてください。
 
3 また,テロ・爆発事件に遭遇した場合に被害を最小限に抑えるため,例えば次の諸点を心がけられることをお勧めします。
(1)予防措置
ア 退避ルートを確認する。
イ 隠れられる場所を確認する。
ウ 常に周囲の状況に注意を払い,不審者や不審物を見かけたら速やかにその場を離れる。
 
(2)対処法
ア その場に伏せるなど直ちに低い姿勢をとる。
イ 頑丈なものの陰に隠れる。
ウ 周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。
(海外旅行のテロ・誘拐対策パンフレット(http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html)も併せて参照ください。)
 
(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903
 
(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/ 
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)
 
(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/ 
 
○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/ 
 
○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/ 
 
○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/

2015年11月14日 パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起‏

在リヨン領事事務所のお知らせを転載します。
1.13日22時頃(現地時間),パリ10区・11区(rue de la Fontaine au roi, rue de 
Charonne, 
Bataclan)等の複数箇所において銃撃事件が発生しました。また,サッカー仏独親善試合が行われていたパリ北部近郊の国立競技場(Stade de
 France)では,複数回爆発が発生しました。報道によれば,一連の事件で100人以上が犠牲になっているとのことです。
 
2.13日23時55分頃,オランド大統領は記者会見でフランス全土における緊急事態を宣言し,国境を閉鎖すると発表しました。
 
3.
つきましては,フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めて
ください。特に,イル・ド・フランス州へ渡航・滞在されている方は,事件現場周辺には近づかず,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公
共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)は可能な限り避け,訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,
速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。
 
4.海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)
 
5.なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)
 
(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 
(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/ 
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)
 
(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/ 
 
○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/ 
 
○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/ 
 
○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/

2015年11月14日 パリにおけるテロ事件の発生に伴う注意喚起 12時報‏

在リヨン領事事務所のお知らせを転載します。

在留邦人の皆様、たびレジに登録された皆様
 
2015年11月14日 在リヨン領事事務所より
 
1.13日
22時頃(現地時間)、現地の報道によれば、パリ10区及び11区(1.ビシャ通りのレストラン「ル・プティ・カンボッジ」(rue 
Bichat)、2.フォンテーヌ・オ・ロワ通りのカフェ(rue de la Fontaine au 
roi)、3.ヴォルテール大通りの小劇場「バタクラン」(Bataclan, Boulevard Voltaire)、4.シャロンヌ通り(rue 
de Charonne)、5.レピュブリック通り(avenue de la Republique)、6.ボーマルシャ通り(boulevard 
Baumarchais))及び7.パリ北部近郊の国立競技場(Stade de France)において、銃撃事件等が発生しました。
 
2.現地の報道では、14日午前12時現在、死者128人以上、負傷者が210名以上と報じられています。また、国立競技場における最初の爆発は13日(金)21時20分で、サッカー仏独親善試合が行われていた最中と報じられています。
 
3.なお、現在まで犯行声明はありませんが、14日は、パリ市の施設(学校、美術館、図書館、体育館、プール、マルシェ)は全て閉鎖、集会・デモに対する許可は取消し、区役所は住民票・婚姻届関係の事務のみ取り扱うと報じられています。
 
4.
今次の連続テロを受け、パリ警視庁はパリ(イル・ド・フランス)市民に対して、必要な場合を除いて外出は避け自宅に止まるよう呼びかけております。また、
フランス外務省は、オランド大統領が記者会見でフランス全土における緊急事態を宣言し、「国境(陸路、空港、鉄道、海上)におけるコントロールの強化」を
発表しました。
 
5.つきましては、フランスへ渡航・滞在される方は、以上の状況を考慮し、テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのな
いよう、最新の関連情報の入手に努めて慎重に対応してください。また、国境を越えての移動を予定されている方は、国境通過に時間がかかることを念頭に、時
間に余裕を持った行動を心がけてください。
 
6.リヨンにおいては、現在のところ具体的なテロ事案に係る情報には接しておりませんが、リヨンはフランス第2の都市であることにかんがみ、邦人各位におかれましては、上記を参考に十分注意をしていただきますよう、お願いいたします。
 
 
(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 
(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/ 
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)
 
(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/ 
 
○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/ 
 
○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/ 
 
○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/
Facebook:https://www.facebook.com/japonlyon