アンケート「子連れ旅行体験談!(イギリス/2017年)」

●ハンドル名: MIさん

●旅行先 (国名・都市・地方名): イギリス

●旅行日数・時期: 2017年5月、3泊4日

●連れていった子供の年齢(当時): 5才、4才

●行程・利用交通機関:
リヨン→イギリス間は飛行機(Easyjet)利用。
Easyjetのサイト↓
http://www.easyjet.com/fr?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_term=easyjet&utm_campaign=FR_FR_Brand+%28desktop%2Ctablet%29&mid=909v9cc4f0&kword=easyjet

1日目
移動

ガトウィック空港でレンタカーを借りる。
チャイルドシートを2台借りました。(ジュニアシートは自分で持って来ている人もいました!)

2日目の朝に「LEGOランド」へ
http://www.legoland.co.uk/
オンラインでチケットを買った方がお得。
駐車場も予約可。
夏は子供の水着をお忘れなく!!

anglais2017 (5)anglais2017 (6)

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目
パディントン駅でクマのパディントンのお土産を買い、ビッグ・ベンとロンドンアイ、バッキンガム宮殿、トラファルガースクウェアと付近を観光。
駐車場は事前に場所を確認した方が良いです。

anglais2017 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチは、「Kanada-Ya」のラーメン
3 Panton St, London SW1Y 4DL イギリス
+44 20 7930 3511
https://goo.gl/maps/WKLyR4Su8oL2

anglais2017 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

4日目
移動

●ホテル:
1泊目と3泊目
「Hampton by Hilton London Gatwick Airport」
North Terminal, Gatwick Airport, Longbridge Gate, Horley, Gatwick RH6 0PJ イギリス
+44 1293 579999
https://goo.gl/maps/kDwg1pPYjLR2

2泊目
「Hotel Novotel London Heathrow Airport」
Cherry Ln, Heathrow UB7 9HJ イギリス
+44 20 7660 0681
https://goo.gl/maps/4yLqfrZCx1T2

anglais2017 (2)

 

 

 

 

バスで渋滞

大きめ型のスポンジケーキ

Q,子供の幼稚園の誕生会のために、大き目なケーキの型(26㎝)を買いました。
サイズが大きいからか、なかなかレシピがみつかりません。教えてください。

A,下記、参考にしてください。

材料
【薄めのスポンジの場合】
卵 3個
グラニュー糖 75g
薄力粉 75g
無塩バター 10g

【厚めのスポンジの場合】
卵 4個
グラニュー糖 100g
薄力粉 100g
無塩バター 10g
 
作り方
1 薄力粉を振るっておく。
オーブンを170℃~180℃に温めておく。
2 型の側面ににバターを塗り、オーブンシートを型に合わせて切り、底と側面に敷く。
3 ボウルに卵を割りほぐし、グラニュー糖を加えてよく混ぜる。
4 別のボウルまたは鍋に湯を入れ、3のボウルの底を湯煎にかけながら泡立てる。
5 もったりと字が書けるようになるまで泡立てる。
6 もったりとしたら、振るっておいた薄力粉を、3回に分けて加えて泡を壊さないようにゴムベラで手早く混ぜる。
7 溶かしておいたバターをゴムベラで受けるようにして生地に少しずつ加えて混ぜる。
8 バターの筋が消えるまでよく混ぜ合わせる。
この時練らないように注意して、下のほうから手早く混ぜる。
9 下準備した型に生地を流し、170℃~180℃のオーブンで18~20分焼く。
焼き上がりの確認は竹串またはナイフを中央に差して生地が付かなければOK.
10 焼きあがったら型から外してオーブンシートをとり、ケーキクーラー(鉄の網)の上で逆さまにして2~3分冷まし、また元に戻して冷ます。
 
※これは全卵を同時に泡立てるやり方だけど、湯煎にかけながら泡立てれば大丈夫。

とてもしっとりとしたスポンジがいい場合は、
デコレーションの時に二つに切ったスポンジの真ん中に、下記のシロップをはけで塗ってから生クリームを塗って果物を挟むと良い。
 
【シロップの材料】
グラニュー糖 大さじ4
水 大さじ2
あればお好みでキルシュなどのお酒 大さじ2

作り方
鍋にグラニュー糖と水を入れて火にかけ、溶けて沸騰してきたら火からおろし、キルシュを加える。
 
私はホイップクリームにCrème fleuretteを使いますが、お店で売ってなければCrème fraicheでもちろんOK。
厚めのスポンジにたっぷりの生クリームを塗るので、400mlのCrèmeにグラニュー糖大さじ4(Crème100mlにつきグラニュー糖を大さじ1)位入れてるけど、これは好みによる。
 
脂肪分が少ないフランスのホイップクリームを泡立てる時は、泡立てる前にボウルとクリームをよく冷やしておき、更に泡立て中も低温に保つため氷水に当てながら泡立てるといいんです。
それとグラニュー糖とFix chantillyは泡立て始める前に加えると本に書いてあります。
 
あと、卵(全卵も卵白だけも)でもホイップクリームでも共通して言えることは、できるだけ大きいボウルで泡立てるということ。

(情報提供:MA)

サクランボのクラフティ

果物の美味しい季節になりましたね!
サクランボの季節なので、私のお勧めする「サクランボのクラフティ」のレシピをご紹介します。

材料
・さくらんぼ 15粒くらい
・全卵 2個
・砂糖 50g
・生クリーム 150cc
・牛乳 50cc
・薄力粉 30g
・バニラビーンズ 1/2さや

まず、さくらんぼの種を取り除く。(小さいお子さんがいる人は取った方がおすすめ)
ボウルにさくらんぼ以外の材料を上から順に計量して入れ混ぜる。卵と砂糖はよく混ぜること。
耐熱容器に2で混ぜた液体を入れ、さくらんぼも入れる。
180℃のオーブンで約45分焼く。

レシピではサクランボ15粒と書いてあるけれど、私は50個~70個くらい、耐熱容器に入るだけ大量に敷き詰めて作っています。
出来立ても美味しいけれど、冷蔵庫でしっかり冷やすのもおすすめです。

(情報提供:KMさん 2017/5月)

お手軽フレンチ「COOKEO」

皆さん、Moulinexの「COOKEO」をご存知ですか?

義両親の家に行った時、日中忙しい義母が使っていて、
予め野菜などの切る作業はありますが、材料をCOOKEOに入れて、メニューを押せば、帰宅後 フランス料理が出来ている!目から鱗でした。
http://www.moulinex.fr/cookeo

少し場所を取るのですが、ボタン一つで50レシピが出来ますよ。

(情報提供:OMさん 2017/5月)

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:カランク/2017年)」‏‏

【ハンドル名】:KAさん

【旅行先】:フランス国内

【国名・都市・地方名】:カランク Calanque

【手配を頼んだ旅行会社】:なし

【行程・利用交通機関】: 自家用車

【旅行日数・時期】: 2泊3日 /2月下旬(冬のヴァカンス中)
リヨンを金曜日の夜に出発、エクス・アン・プロヴァンス近郊のホテルに泊まる(約3時間)
翌朝、カランク(カシス/Cassis)へ向けて出発。(約45分)

【連れていった子供の年齢】:0歳〜7歳グループ

集合場所はDepart a pied pour les Calanques。(これ以上 車で進めないところです)

Calanque2016fev (11)

 

 

 

 

 

 

車で行く場合は、パーキングがあります。1日8€だったので、近くの空いてるスペースに停めました。ただ空いてる所が少ないので、なるべく早い時間に行った方が良いと思います。

今回は小さい子もいるので、目標地点は、Calanques de Port-Pinで昼食。
11時を目標に出発する予定が、案の定 遅れに遅れました・・ 案外 パーキングからハイキングへの入口が分かり難いです。
2月下旬でも、12時くらいは暑かったので、早めの時間帯をお勧めします。

Calanque2016fev (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ベビーカー ×、赤ちゃんがいる人はハイキング用のベビーキャリーを使用してました。
場所によっては、2-3歳児が歩くにはキビシイ場所もあります。特に最後のPort-Pinへ向かう下り道。子連れのフランス人家族もたくさん見かけましたが、十分に気をつけて。

Calanque2016fev (6)Calanque2016fev (3)Calanque2016fev (10)Calanque2016fev (9)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイキングコースの途中に売店はありません。飲み物や昼食は事前に用意していく方が良いです。
トイレもありません。

Calanque2016fev (8)Calanque2016fev (7)

 

 

 

 

 

 

Port-Pinでは、もう少し暑くなれば泳げます。今回も足だけ水に浸かりました。荷物にならなければ、水着やスリッパがあっても良いかも◎

今回は行きませんでしたが、Port-Pinより奥のカランクコースもあります。
かなり歩くようなので、小学生以上におススメかも。

 

 

【その他】:参考になったサイト
https://www.ot-cassis.com/en/

Calanque2016fev (1)

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:ソー/2016年)」‏‏

【ハンドル名】:S/Sさん

【旅行先】:フランス国内

【国名・都市・地方名】:ソー Saut

【手配を頼んだ旅行会社】:なし

【行程・利用交通機関】: マノスクから友達と合流して車
リヨンから行く場合は、アヴィ二ヨンで高速を降り、APTへ向かう。その後 北上してSAUTまで約40Km
http://www.itineraire-maps.fr/

【旅行日数・時期】: 2016年8月15日

【連れていった子供の年齢】:0歳,5歳

【観光】:ソーで行われる「ラベンダー祭り」。毎年8月15日と日にちが決まっているそうです。
当日のプログラムなど詳細は、公式サイトを見てください↓
http://www.fetedelalavande.fr/

村へ入る道はおそらく1か所。11時ごろに到着した時は混んでいました。
駐車場が数か所あります(サイトの地図参照)。
会場まで少し距離がありますが、navette(無料バス)が出ています。

Saut2016 (27)

 

 

 

 

 

 

会場には食事できるところもありましたが、navetteの出ている近くにパン屋があったので、事前に購入しました。仮設トイレあり。
Saut2016 (4)

 

 

 

 

 

 

色々なラベンダーグッズやお菓子、パンにアイスなど売っています。

Saut2016 (18)Saut2016 (17)Saut2016 (20)Saut2016 (19)Saut2016 (21)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントの規模はそれほど大きくないので、2時間もいたら十分でした。
ラベンダー畑から、ラベンダーを刈り放題!しかし、炎天下なので帽子と水分補給は必須。ハサミと袋を用意していくと良かったです。

Saut2016 (3)Saut2016 (15)Saut2016 (12)Saut2016 (7)Saut2016 (24)Saut2016 (1)Saut2016 (2)

 

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:リュベロン地方/2016年夏)」‏‏

【ハンドル名】:KMさん

【旅行先】:フランス国内

【国名・都市・地方名】:セナンク修道院,ゴルド,マノスク&ヴァランソール

【手配を頼んだ旅行会社】:なし

【行程・利用交通機関】: 自家用車
金曜日の夜にリヨンからアヴィ二ヨンへ
土曜日はリュベロン地方を観光しながらマノスクへ
日曜日は朝からヴァランソールとマノスクを観光、リヨンへ

【旅行日数・時期】: 2泊3日 /7月上旬

【連れていった子供の年齢】:1歳半、7歳

【観光地】:
●セナンク修道院(Notre-Dame de Sénanque)

●ゴルド(Gordes)

●マノスク(Manosque)
http://www.ville-manosque.fr/n-ot/manosque/

「L’Occitane」の工場があるところへ立ち寄る。
http://fr.loccitane.com/
6-9月に限り日曜日もオープン、朝は10時から。小さなミュージアム(無料)とブティックがあります。
ここのブティックは、他のお店より若干安いらしい?!

ちょうど この週末に「日本祭」が行われていました。
http://aproposdujapon.org/

●ヴァランソール(Valensol)
http://veloloisirprovence.com/en/verdon/bonnes-adresses/adherent/office-de-tourisme-valensole

luberon2016ete2 (2)

 

 

 

 

 

 

マノスクからヴァランソールの村へ向かう途中、15-20分走ると、ラベンダー畑が次々見えてきます!
この季節、10時をすぎると暑くて仕方がないので、行くなら早いうちか、もしくは18時以降がよいでしょう。

luberon2016ete2 (3)

ラベンダーのお店「Angelvin」に入りました。
http://www.lavande-valensole.fr/

お店の横にヒマワリが咲いていて、背景に一面のラベンダー。写真スポットです!
お店の横に駐車場があり、その横のオリーブの木とラベンダースペースで朝食食べながらピクニックしました。

luberon2016ete2 (4)luberon2016ete2 (5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他】
リュベロン地方には可愛い村がたくさんあるようです!
今回立ち寄りませんでしたが、アヴィ二ヨンからマノスクへ向かう途中の村「アプト(APT)」
http://www.luberon-apt.fr/index.php/en/
ガイドブックによると、土曜日の午前中ならマルシェがやってるようで、観光客でも面白いとか。

桃とモッツァレラのサラダ

日本で話題を呼んだ、桃とモッツァレラの簡単サラダ!
料理するのも面倒になる暑い時期にお勧めの一品です。

私の聞いたレシピは、桃とモッツァレラチーズを薄く切って交互に並べ、事前に混ぜ合わせておいたドレッシングをかけるものですが、桃とモッツァレラを一口大に切ってドレッシングをかけるだけでも十分。
夏の手抜き料理の参考にして下さい!

材料
・桃 3-4個
・モッツァレラチーズ 1個

【ドレッシング】
・オリーブオイル 大2
・レモン汁 小1
・バジル 少々
・塩 少々

(情報提供:SA 2016/7月)