リヨンで出産

フランスで出産する場合、国立病院での医療費は、社会保障に加入している人なら100%返金されるシステムになっています。
出産後(Après l'accouchement)、出生した子供は国籍に関わらず、フランスでまず出生届をし、後に日本国籍者の場合は、日本の戸籍への登録を行うことになります。出生届は出生から3日以内(土日は数えない)に必ず行わなくてはならず、この作業を怠ると、その子供は出生を証明する手段を失うことになり、日本国籍も取得できなくなります。

必要書類の内容が変わることもあるので、必ずリヨン領事事務所のサイトをご確認ください↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/shussei.html

○出生届
[必要な書類(Les documents pour la déclaration de naissance)]
出産証明書:Déclaration de naissance
両親の戸籍謄本:Acte Etat civile(法廷翻訳)
家族手帳:Livret de Famille
両親の身分証明証:パスポートや滞在許可証
※日本への出生届けは、所轄の大使館か領事館で行うことが出来、フランスへの出生届が3日以内なのに対して、大使館への届けは3カ月と猶予がありますが、時間に余裕がある場合は、フランスへ出生届けをした後すぐに行うのが理想的です。


○日本への届け出
[必要な書類]
出生証明書の写し2部(Copie d’intégrale d'acte de naissance)
戸籍謄本1部
家族手帳:Livret de Famille
届出人の滞在許可証のコピー


○子供の手続き(Les formalités requises pour l'enfant)
※出産後の手続きは「出生届け」と「子供の社会保障への加入」です!!
[必要な書類]
出生証明書の写し:Déclaration de naissance
社会保障証:Attestation de Sécurité Sociale もしくは Carte Vital
届出人のパスポート:Passeport


以下、皆さんの体験談です。
[1]主人の1年間の自費留学で、妊娠中(安定期)に渡仏。リヨンで出産しました。
フランスの社会保障(Sécurité Sociale)には加入していなかったため、海外の保険のみ。
カバー内容は選択可能(通院、入院、死亡、賠償責任等)でしたが、出産は対象外でした。
余談ですが、風邪などでは病院で書類を書いてもらって保険会社に送れば戻ってくるようですが、これも手間なのと、ほとんど病気で通院することもなかった為、我が家はつかいませんでした。 
ただ、渡仏前に、出産をどこでするか決めていなかったので、日本での保険を任意継続していたので(全国健康保険協会の任意継続←継続は最長2年まで)、帰国分の保険を支払い、出産一時金は日本で支給されました。(書類が大変でした。)その際、住民票も自分の実家においたまま。

(KHさん/2012年)


参考:
http://www.newsdigest.fr/newsfr/guide/medicaux/68-accoucher-en-france.html
上記のサイトが大変役に立ちました。ありがとうございました。

子供の日/仏パスポート申請(2)

日仏家庭です。
最近、子供の日本とフランスのパスポートの申請をしました。

フランスのパスポートは、最寄りの区役所(Mairie)で行いました。

リヨン区役所のサイトより
https://www.annuaire-mairie.fr/passeport-lyon.html

受取り体験談で、もし同じように不安に思う方がいるかもしれないのでレポートさせてもらいます。
 
パスポートが出来たと区役所から連絡がありました。
受取りに予約が必要?のような事が書いてあり、直接聞きに行って聞くと、出来てるなら番号札を出すから本日引き取れるとの事。
引き取る際には、サインが必要。
そこで驚いたのが、パスポートのサインは親の名前で、下に母と書いたら良いだけ。

少し前に、日本のパスポートを申請したばかりで、日本のは子供の名前を書き、下に母のサインと、母代筆と書けばよいだけだったので、聞き間違いではと心配になり、自分のサインで良いのか再確認しましたがそのまま交付されました。
心配だったので、再び旦那と共に確認に行き、日本のは場合はと説明しましたが、フランスは親のサインだけで良いとの事でした。

子供のパスポートなのに、サインは母親の名前なの?! という事です。

子供の日/仏パスポート申請(1)

日仏家庭です。
最近、子供の日本とフランスのパスポートの申請をしました。

日本のパスポートは、在リヨン領事事務所で申請書を受け取ることが出来ます。
また平成28年1月4日から、パスポート申請書のダウンロードが可能となったそうです。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/download/top.html

旅券手数料や手続き方法は下記のページを参考にして下さい。
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/ryoken.html

未成年者への旅券の発給について
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/ryoken_miseinen.html

記入事項に特に問題はありませんでしたが、一点だけ、パスポート申請用紙の裏面にある、当てはまる場合はチェックを入れて理由も書く様という欄で、二重発給を受けようとする場合・・という箇所があり、
分かり難かったため領事事務所に確認したところ、ここは書かなくて良いとの事でした。   
 

子供の洋服(サイズ)

フランスのベビー服は、月齢によって表記されています。
ちなみに「〇mois」とあるのは、「〇カ月」の意味で、2-3歳以降になると「〇ans(=歳)」とも表記されています。
 
0moi(Naissance) 50㎝

1moi(1か月) 54cm
    
3mois(3か月)  60cm    

6mois(6か月)  67cm
    
9mois(9か月)  71cm
        
12mois(1歳) 74cm

81mois(1歳半) 81cm

23mois/2ans(2歳) 86cm

3ans(3歳) 94cm


こちらのサイトが、フランスの洋服/靴のサイズの参考になります↓
http://jams-parisfrance.com/info/clothessizefrance/ (日本語)

https://www.labonnetaille.com/guide-des-tailles/enfant-bebe-mode-vetements (仏語)
(サイトの管理者様 ありがとうございました!)
    
ここで、たまに聞かれる事!
例えば、我が子が6カ月になるから6moisの洋服を着せようと思っていると、実際6moisでは小さすぎたという話をよく聞きます。
フランスの洋服はメーカーにもよってはちょっと細目であったり、もちろん子供の成長にもよるので、特に12カ月までの洋服は、プラス3か月から6カ月くらい先のサイズをみていた方がちょうどよいかもしれません。ご参考まで。

新品なら、ソルド(セール)になると20-70%オフとお買い得になりますし、フランスには、ブロカント(フリーマーケット)も春と秋を中心に多く開かれます!

授乳中にイププロフェン

授乳中のママン、風邪を引きました。
赤ちゃんに風邪をうつしてはいけないと思って、念のため病院へ行きました。

先生には授乳中ということを知らせた上で、イププロフェンを処方され、小さい子も飲んでいるから大丈夫!のようなことを言われ、疑問を持ちながらも薬局へ。

薬局で、再び薬剤師さんに授乳していることを告げると「授乳中は避けた方が良い」と言われました。

後日、義両親の知人の薬剤師に相談したところ、医師によっては大丈夫と判断する人もいるとか。
医師によって見解が違うようなので、疑問がある時は、1-2人と他の人の意見も聞いた方が安心です。

(情報提供:TSさん)

 

アレルギー対策と赤ちゃんの保湿

世界一受けたい授業4月30日の放送で、アレルギー対策について、赤ちゃんが産まれたらとにかく保湿をしてあげましょうということでした。

皮膚が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下するそうです。食べかすやハウスダストなどが皮膚の表面について体内に入ます。
特に赤ちゃんの皮膚のバリア機能は低いため、生後6か月までを目安として全身の保湿が重要。
保湿するだけで3割ものアトピー性皮膚炎をおさえられるそうです。

詳しくは、Youtubeで番組が見れます↓
https://www.youtube.com/watch?v=KsPi7Zg-muA

赤ちゃんに使っている保湿クリーム(参考まで)
http://lyondemaman.com/enfant/maladie/shisshin/

(情報提供:KMさん)

離乳食に使えるオイル 「Quintesens」

4カ月の赤ちゃんの離乳食にも使えるオイルを紹介します。

「Quintesens」
http://www.quintesens-bio.com/produit-huile-Bebe-diversification-alimentaire/des-besoins-specifiques
対象:4カ月から36カ月

揚げ物以外は何でも使用できるようです。Bioショップに売っています。

Quintesens2

 

 

 

 

 

 

 

 

(情報提供:KAさん)

母乳がでやすくなる飲み物

Q,日本では、母乳の出を良くなるとタタンポポ茶(コーヒー)などがあるようですが、フランスで手に入る飲み物はありますか?

A, アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました!ご参考まで。
(1)WELEDA マザーズティー
Bioショップや薬局で購入可能。

Weleda_Tisane Allaitement

(2)薬局で調合してもらったティザン
fenouil, anis, Cumin, Chamomilleをブレンドされています。
120gくらいで6.5€。薬局で購入。

・最初は市販のティザンを飲んでいましたが、これに変えてから徐々に出が良くなり、1カ月半後には完全母乳になりました。

・産後すぐから、水の代わりに飲み続けていたら3日後くらいから溢れてきました。でも疲れるので、ミルクと混合にしています。

(3)ティザン「Picot Maman」
Bioショップに売ってました。ティーパックなので簡単。

Picot_Tisane

 

 

 

 

 

 

(4) ティザン「L'HERBIER DE FRANCE Tisane d'Allaitement」
仕事に復帰しながら6カ月間完母というフランス人ママさんから教えてもらったお茶です。
こちらのサイトから購入でき、発送無料。
http://www.bebe-au-naturel.com/l-herbier-de-france-tisane-d-allaitement,bebe,produit,-19112-,3.couche-lavable.html
お茶以外に、オムツ[NATY]もお勧めです。 時々プロモーションをしてるのでチェックしてみて下さい。

(5)ノンアルコールビール/Buckler
実際は試していないのですが、フランス人の友人から教えてもらいました。

 

引き続き、フランスならではな情報お待ちしています!

母乳が出やすくなる食べ物はこちら↓
http://lyondemaman.com/maman/puericulture/bonyu-food/

 

母乳が出やすくなる食べ物

Mixi リヨンでママンの投稿より (2009年04月)
リヨンで手に入る、これを食べたら母乳が出やすくなる!食べ物を教えてください。

●QUINOA(小さい粒の穀物)
パスタみたいに沢山の水を沸騰させて、好きな堅さにゆでで、ざるにあけるるだけ!
クスクスやタブレットの様に野菜やお肉料理に併せて食べる!
BIOの店には、必ずあると思います。

●フヌイユ(fenouil)
日本語では、フェンネルといいます。スーパーやマルシェで購入できる野菜です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/フェンネル
フランスでは、柔らかくなるまで湯がいて、ベシャメルソースと一緒に食べるのが一般的らしい?!

Mixiアカウントをお持ちの方は、投稿者の記事をこちらのサイトをご覧いただけます↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2998807&id=40311250
※投稿者様、貴重な情報をありがとうございました。

 

上記の他に、

●キャベツ
フランスではキャベツを食べると母乳の出がよくなると聞いたので、シュークルートをよく食べていました。
逆に母乳の出を悪くすると聞いたのは「パセリ」だそうです。

●パスタ
PMIの方より聞きました。日本人的に米を食べると出が良くなる感でしょうか?

引き続き、フランスならではな情報お待ちしています!

母乳が出やすくなる飲み物はこちら↓
http://lyondemaman.com/maman/puericulture/tisane-dallaitement/

 

 

 

妊娠線予防アイテム

Q、フランスで購入出来る妊娠線予防(Anti-vergeture)アイテムに、皆さん 何を使っていましたか教えてください。※妊娠線(Les vergetures)

A,アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました!ご参考まで。

1、Weledaの妊娠線予防 専用オイル
BIOショップや薬局で購入できます。
https://www.weleda.fr/product/h/huile-de-massage-vergetures

2、WeledaのRose musquéeオイル
フランス人の妊婦友達に勧められました。BIOショップで購入できます。
https://www.weleda.fr/product/h/huile-harmonisante-a-la-rose-musquee

3、Weledaのcalendulaオイル
赤ちゃん用のマッサージオイルとしても使えるため、産後残っても引き続き使えます。BIOショップで購入できます。
https://www.weleda.fr/product/h/huile-de-massage-douceur

Weleda_Massage calendula

4、Mustela [Crème Prévention Vergetures]
薬局で購入できます。
http://www.mustela.fr

Vergeture_Mustela

[Mustela 9-mois]
いくつか試しましたが、mustela 9-moisのクリームが一番のびが良く値段もお手頃で使いやすかった。スーパーの薬局で購入。
また、Palmer's creme anti vergeture(カカオバター)が良いと聞いて使ってみましたがイマイチ…チョコレートの匂いがかなり強め。
Weleda Huile de massage vergeturesも使用。まあ、噂どう??妊娠後期が冬だともっと良かったかもしれないです。夏だったので少しベタついて服にもピトっとつく感じでした。

5、保湿用のクリーム
例えば、ニベアのクリームも良し◎ 私の場合は、頂き物のロクシタンのハンドクリームを使いました。

6、スイートアーモンドオイル
保湿力の高いものならいいかなと思い使いました。

7、アルガンオイル
普段から美容オイルとして顔で使っていて刺激もなく、ベタベタしないので。Bioショップ売ってます。薬局でも他のメーカーの物が売ってました。
オイルでマッサージした後に、適当なボディーローションをつけて保湿していました。

Huile d'Argan