リヨンで出産

フランスで出産する場合、国立病院での医療費は、社会保障に加入している人なら100%返金されるシステムになっています。
出産後(Après l'accouchement)、出生した子供は国籍に関わらず、フランスでまず出生届をし、後に日本国籍者の場合は、日本の戸籍への登録を行うことになります。出生届は出生から3日以内(土日は数えない)に必ず行わなくてはならず、この作業を怠ると、その子供は出生を証明する手段を失うことになり、日本国籍も取得できなくなります。

必要書類の内容が変わることもあるので、必ずリヨン領事事務所のサイトをご確認ください↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/shussei.html

○出生届
[必要な書類(Les documents pour la déclaration de naissance)]
出産証明書:Déclaration de naissance
両親の戸籍謄本:Acte Etat civile(法廷翻訳)
家族手帳:Livret de Famille
両親の身分証明証:パスポートや滞在許可証
※日本への出生届けは、所轄の大使館か領事館で行うことが出来、フランスへの出生届が3日以内なのに対して、大使館への届けは3カ月と猶予がありますが、時間に余裕がある場合は、フランスへ出生届けをした後すぐに行うのが理想的です。


○日本への届け出
[必要な書類]
出生証明書の写し2部(Copie d’intégrale d'acte de naissance)
戸籍謄本1部
家族手帳:Livret de Famille
届出人の滞在許可証のコピー


○子供の手続き(Les formalités requises pour l'enfant)
※出産後の手続きは「出生届け」と「子供の社会保障への加入」です!!
[必要な書類]
出生証明書の写し:Déclaration de naissance
社会保障証:Attestation de Sécurité Sociale もしくは Carte Vital
届出人のパスポート:Passeport


以下、皆さんの体験談です。
[1]主人の1年間の自費留学で、妊娠中(安定期)に渡仏。リヨンで出産しました。
フランスの社会保障(Sécurité Sociale)には加入していなかったため、海外の保険のみ。
カバー内容は選択可能(通院、入院、死亡、賠償責任等)でしたが、出産は対象外でした。
余談ですが、風邪などでは病院で書類を書いてもらって保険会社に送れば戻ってくるようですが、これも手間なのと、ほとんど病気で通院することもなかった為、我が家はつかいませんでした。 
ただ、渡仏前に、出産をどこでするか決めていなかったので、日本での保険を任意継続していたので(全国健康保険協会の任意継続←継続は最長2年まで)、帰国分の保険を支払い、出産一時金は日本で支給されました。(書類が大変でした。)その際、住民票も自分の実家においたまま。

(KHさん/2012年)


参考:
http://www.newsdigest.fr/newsfr/guide/medicaux/68-accoucher-en-france.html
上記のサイトが大変役に立ちました。ありがとうございました。

妊娠線予防アイテム

Q、フランスで購入出来る妊娠線予防(Anti-vergeture)アイテムに、皆さん 何を使っていましたか教えてください。※妊娠線(Les vergetures)

A,アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました!ご参考まで。

1、Weledaの妊娠線予防 専用オイル
BIOショップや薬局で購入できます。
https://www.weleda.fr/product/h/huile-de-massage-vergetures

2、WeledaのRose musquéeオイル
フランス人の妊婦友達に勧められました。BIOショップで購入できます。
https://www.weleda.fr/product/h/huile-harmonisante-a-la-rose-musquee

3、Weledaのcalendulaオイル
赤ちゃん用のマッサージオイルとしても使えるため、産後残っても引き続き使えます。BIOショップで購入できます。
https://www.weleda.fr/product/h/huile-de-massage-douceur

Weleda_Massage calendula

4、Mustela [Crème Prévention Vergetures]
薬局で購入できます。
http://www.mustela.fr

Vergeture_Mustela

[Mustela 9-mois]
いくつか試しましたが、mustela 9-moisのクリームが一番のびが良く値段もお手頃で使いやすかった。スーパーの薬局で購入。
また、Palmer's creme anti vergeture(カカオバター)が良いと聞いて使ってみましたがイマイチ…チョコレートの匂いがかなり強め。
Weleda Huile de massage vergeturesも使用。まあ、噂どう??妊娠後期が冬だともっと良かったかもしれないです。夏だったので少しベタついて服にもピトっとつく感じでした。

5、保湿用のクリーム
例えば、ニベアのクリームも良し◎ 私の場合は、頂き物のロクシタンのハンドクリームを使いました。

6、スイートアーモンドオイル
保湿力の高いものならいいかなと思い使いました。

7、アルガンオイル
普段から美容オイルとして顔で使っていて刺激もなく、ベタベタしないので。Bioショップ売ってます。薬局でも他のメーカーの物が売ってました。
オイルでマッサージした後に、適当なボディーローションをつけて保湿していました。

Huile d'Argan

妊娠中のマイナートラブル

Q,妊娠中のマイナートラブルってどんなことがありましたか?大小関係なく、それと対処法もあれば教えてください。

A,アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました!以下、皆さんの体験談です。

(1)、便秘・下痢
妊娠初期に便秘、中期になったら下痢を繰り返していました。

(2)、耳鳴り
妊娠4カ月目から、片耳だけ 耳鳴りが始まり産後2-3カ月まで続く。
対処法:産後2-3カ月以降は自然におさまりました。

(3)、坐骨神経痛
妊娠後期に坐骨神経痛に悩まされました。
対処法:キネに通いました。妊娠7ヶ月以降で、かかりつけ医なり、産婦人科(gyneco)なり、助産師(sage femme)に、妊娠が原因の痛みと処方箋(ordonnance)に書いてもらえば、100%セキュリティーソーシャルで返ってきます!
100%なので、緑の健康保険カード(carte vitale)を提示しただけで、何も支払いませんでした。
ちなみにキネは週2が一般的のようです。
妊娠6ヶ月までは、たしか60-70%しかセキュから返ってきませんが、自己負担でも1回5€程度だったと思います。それもミュチュエルの保険でカバー!
7ヶ月以降、ちょっとでも腰やどこかが辛い…という人は、かかりつけ医に大げさに言って処方箋書いてもらい、無料で週2のマッサージを受けることをお勧めします(笑)
結局産むまで治らないけれど、いいリラックスタイムになりますよ♪

(4)、肌荒れ
妊娠初期(つわりの頃)に肌荒れ。
対処法:つわりがおさまると共に、肌荒れも解消されました。

(5)、むくみ・足がつる
妊娠後期に、夜は足がパンパンにむくみ、朝起きる時に足がつりました。
対処法:むくみには、りんごやバナナなどカリウムを多く含む果物や野菜をとると良いと聞きましたが、一番効果があったのはウォーキング。
20-30分散歩をした日の夜は問題なかったです。

(6)、よく目が覚める
妊娠後期に、夜寝ているとトイレだったり何でもなくても よく目を覚めました。

(7)、マタニティーブルー
妊娠後期に、何もやる気がわかず、涙もろい、気づいたら昼寝してたり、気持ちが落ち込みました。
対処法:ホルモンバランスのくずれと言われましたが、その通りだったのか1-2週間もしたら元に戻っていました。

(8)、腰痛
妊娠後期に、毎日のように腰が痛かったです。
対処法:四つん這いになると楽になりました、床拭きが良いと昔の人が言ってる意味が分かった気がします。
また夜寝る前に、旦那にお尻から腰にかけてマッサージ(強めに押す)してもらう、ぐっすり眠れました。

(9)、尿漏れ
産後になりますが、尿漏れが気になりました。
対処法:フランスでは、産後にキネに通ってペリネを鍛えることができます。最大10回まで保険で戻ってくるそうです。
また、リヨンで行われている「ガスケアプローチのクラス」がおすすめです!

その他、何かあれば引き続き教えてください!

保健所 P.M.I (Protection Maternelle Infantile)

フランスには、P.M.I (Protection Maternelle Infantile) という、日本でいう保健所があります。

妊娠中から出産後、子供が6歳になるまでの健康に関して相談に対応してくれます。無料です!(スタッフが英語を話すかは分かりません。)

新生児の体重測定、子供の発達・睡眠の相談、定期健診や予防接種も受け付けてくれます。

私がお世話になった7区のP.M.Iでは、新生児の体重測定は曜日と時間が決められていて、その時間帯に行けば来た人から順番に対応してくれました。それ以外の相談、検診、予防接種に関しては、要予約です。もちろん、決まった小児科を見つけていたら、P.M.Iに行く必要はありません。
また、別の区のでは、赤ちゃんのマッサージ講習が無料で受けられたなど、話を聞きます。各区のP.M.Iによって異なる為、ご確認してください。

P.M.Iは各区にあります。リヨンのMaison du Rhôneのサイトをご紹介します。
http://allopmi.fr/rhone-69/lyon.html

(リヨン市内)
1区:Maison du Rhône de Lyon – Nevret
18, rue Neyret,69001 Lyon

2区:Maison du Rhône de Lyon – Sainte-Héléne
9 B, rue Sainte-Héléne,69002 Lyon

3区:Maison du Rhône de Lyon – Pierre Corneille
149 rue Pierre-Corneille,69003 Lyon

4区:Maison du Rhône de Lyon – Deleuvre
51, rue Deleuvre,69004 Lyon

5区:Maison du Rhône de Lyon – Saint-Jean
5 bis rue Cléberg,69005 Lyon

6区:Maison du Rhône de Lyon – Maréchal Foch
52 avenue du Maréchal-Foch,69006 Lyon

7区:Maison du Rhône de Lyon  – Gerland
45 rue Felix Brun,69007 Lyon

Maison du Rhône de Lyon
36 Rue de la Madeleine,69007 Lyon

8区:Maison du Rhône de Lyon  – Latarjet
1 place Latarjet,69008 Lyon

9区:Maison du Rhône de Lyon
15 rue de Bourgogne,69009 Lyon

Maison du Rhône de Lyon – La Duchère
8 place Abbé-Pierre,69009 Lyon

BRON:Maison du Rhône de Bron
13, rue de la Pagère,69500 Bron

Villeurbanne:
Maison du Rhône de Villeurbanne-Centre
74 cours Émile-Zola,69100 Villeurbanne

Maison du Rhône de Villeurbanne-Nord
64, rue du 8-Mai-1945,69100 Villeurbanne

Maison du Rhône de Villeurbanne-Sud
30, rue de la Baïsse,69100 Villeurbanne

安産のためお茶

お友達から、安産のお茶らしいと「ラズベリーリーフティー」を薦めてもらいました。
さっそく薬局へ行って聞いたところ、フランスでは「フランボワーズ(Framboise)」にあたるそうです。
50gくらいで1ユーロでした。36週を過ぎてから飲むようにと言われました。また産後や普段の時にも女性に嬉しい効果があるそうです!詳しくは下記の参考サイトを読んでみてください。

Raspberry leaf

飲み方は、1杯分のフランボワーズ(ティースプーンで1杯程度)をポットに入れます。
沸騰したお湯を注ぎ、フタをして約3分~5分待ちます、(より効果を求めるなら10分程度)。
葉をこしてカップに注ぎ出来上がり。1日2~3回が目安とか。

参考
https://krachie.ameba.jp/pregnancy/meal/%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%86%E3%82%A3.html
http://www.hyakka-saen.co.jp/razuberi/razuberi.htm
上記のサイトが大変役に立ちました。ありがとうございました。

妊婦用スイミング情報

妊婦用スイミング情報です。

3区、パガデュとガリバルディを結ぶ、Rue Garibalidiに室内プールで、冬季から春季の間だけやっています。
詳しくは、サイトをご覧ください↓
http://www.partdieunatation.fr/formules.html

場所:Rue Garibalidi 221

料金:http://www.partdieunatation.fr/tarifs.html
20150204_Aauatiaue Garibaldi
注意:レッスンが終わる時間が日曜の閉館時間ギリギリなので、急がないとドアを閉められかねません。帰り支度は大急ぎで!!
(情報提供:MSさん 2015/02/04)

女性向けのエクササイズ教室 (ペリネエクササイズ)

「くしゃみや咳をする時、気が抜けない」「トイレが近い」「頑固な便秘」「痔でつらい」「腰痛がひどい」「マタニティ・エクササイズに何をしたらいいかわからない」「何か挟まってる感じがしたり、子宮脱と言われた」「産後にペリネのリハビリはしたけど、よくわからなかった。効果がわからない」「産後、体重が落ちない」…など、人にはなかなか話せない深刻な悩みはありませんか?
そんな悩みを持つ女性はたくさんいます。

けれども、自分ですぐに効果を感じられる予防策や対策は、なかなかありません。
妊娠・産後のマイナートラブルだけでなく、全ての女性のトラブルの予防や改善に特に効果的な方法として注目されているガスケアプローチ。

フランスで20年以上の実績があり、日本人医療専門家向けの研修会をパリ、東京、大阪、広島などで開催し、好評を得ています。 (http://yyneko.at.webry.info/より引用)
そのガスケアプローチのクラスが、リヨンでも行えることになりました。

2012年よりパリのInstitut de Gasquetで医療専門家向けの研修を受け、ガスケ医師の著書の翻訳も携わる日本人助産婦が日本語でクラスを行います。
女性が一生を通じて自分のからだを守り、いつまでも元気でステキな女性であり続けられるサポートをしたいと思っています。
妊娠、出産、母乳や育児に関するご相談も、お気軽に一緒にぜひどうぞ。
- - - - - - - - - - - - - - -
対象者:全ての女性。
妊娠出産経験がない方、妊娠中、産後、産後から年月が経っている方、全ての女性が対象です。対象者別にクラスを分けることも検討中です。
スポーツが苦手、普段からだを動かしていない、という方も、少人数で行い、他人との比較はせず個別性を大切にしています。

〈リヨンクラス〉
日時:月曜、水曜、金曜の10:00~11:00
場所:Saint Priest(TCLあり。出張もします。)
持ち物:動きやすい服装

〈リヨン6区クラス〉
日時:月曜、金曜の9:00~10:00 
場所:リヨン6区Fochクラス(メトロA線、Fochより徒歩5~8分)

日時:月曜、金曜の10:15~11:15
場所:リヨン6区Massenaクラス(メトロA線、Massenaより徒歩5分)

持ち物:動きやすい服装、バスタオルか持っている方はヨガマット
随時無料で体験クラスを行っています。
ふるってご参加ください。

お問い合わせは、お電話、メッセージをください。
ひでこ
携帯電話 06.67.96.39.71
メールアドレス hideko_someya@hotmail.co.jp

マタニティー・育児番組

妊婦さん、必見!
フランス語ですが、5チャンネルで 平日朝8時55分から10時5分

「Les maternelles」
http://www.france5.fr/emissions/les-maternelles

日替わりテーマに沿って、ママさん達の体験談に小児科医、精神科医、助産婦などの専門家のアドバイスを交えての討論。
その他にも役立つ情報や流行物の紹介などがあります。
(情報提供: MAさん 2014/11/5)

深夜番組で、ベビーブームも生々しいですが、お母さんたちの頑張る姿が励みになります。
(情報提供: MSさん)

Jean Mace周辺の婦人科情報

7区在住、妊娠したので最寄り(Jean Mace周辺)の婦人科/Gynecologueに電話し、予約状況や個人的な感想を簡単にまとめました。今後の妊婦さんの参考になれば幸いです。

※2015年3月時点の情報です。

– Dr.Perrouse Menthonnex Karen
16 Rue de la Thibaudière, 69007 Lyon 07
04 78 02 96 77
新しい妊婦の患者さんはとらないとのこと

– Dr.Vanel Nathalie
46 Avenue Debourg, 69007 Lyon
04 78 72 10 14
引退されているとの事で、新しい妊婦の患者さんはとらないとのこと

– Dr.Vieilly Thévenet Christine
63 Rue Raulin, 69007 Lyon
04 78 69 57 03
新しい妊婦の患者さんはとらないとのこと

– Dr. Barbara Lauth
5Avenue Jean Jaurès, 69007 Lyon
04 78 72 32 17
予約もすぐにとれて結構すぐに見てくれるが、
あまりおススメできない先生(配慮なし・説明なし)、ネット上の評価もよくない。

– Dr. Christophe Guetta
Lyon 7
04.72.73.29.13
日本人も何人か、こちらに通われた経験あり。
予約は可能。スキー休みの後でタイミングが悪かったらしく1ヶ月待ちとの事でした。

– Dr. Michel Gonçalves (Natecia)
Centre Médical ambroise Paré
28 avenue Rockefeller
69008 Lyon
04.78.74.66.16
少し予約に時間がかかるが、良い先生(すばやく終わらしたい方にはむいてないかもです。)
Nateciaで出産したい方は、Nateciaの先生をGynecoとして持つことが条件となるとのこと。
私立の病院ですが、出産の際2人部屋だと保険内でのカバーが出来るとのこと。
(一人部屋は1日88ユーロほどの追加料金保険適用なし)
妊娠のケースによっては保険外の検診追加料金などかかる可能性があるとの事。
過去にいっていた人の話によると、問題がなければたぶん全体で150ユーロから300ユーロの差とのこと

とにかくリヨンの婦人科は込み合っています。予約が取れない場合は、ジェネラリスト(generaliste)で検診してもらっている友人もいます。妊娠初期なら、葉酸(Acide Folique)も処方してもらうと良いですよ!

(情報提供:2015年3月17日)

母子手帳(親子健康手帳)の配布

今般、一般社団法人・親子健康手帳普及協会より外務省に対し、海外に居住される邦人の妊婦の皆様へ母子手帳(親子健康手帳)を無償にて提供したい旨申し出があり、当館においても当館管轄地域に在留する対象者の皆様に配布することになりました。

1.配布対象者(以下の条件全てに該当する方)
日本国籍を有する方
当事務所管轄区域内に在留し、当館に在留届を提出している方
現在妊娠中または出産直後(原則として半年以内)の女性、またはその配偶者の方

2.入手方法
当館領事窓口にて配布いたします。日本旅券(または仏滞在許可証)をご提示の上、お申し出下さい。
郵送を希望される場合には、当館へ電話連絡し余部の有無をご確認の上、返信用封筒(切手2.65€ 貼付、250gまで相当)をお送り下さい。

3.親子健康手帳の数には限りがありますので、あらかじめご了承ください。
(在庫がなくなり次第、配布は終了させていただきます)
来年以降の配布の有無等については、親子健康手帳普及協会に直接お問い合わせください。

(ご参考)
外務省プレスリリース: http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ghp/page3_000780.html

「在リヨン領事事務所」
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad, 69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html
(2014/05/22)