大きめ型のスポンジケーキ

Q,子供の幼稚園の誕生会のために、大き目なケーキの型(26㎝)を買いました。
サイズが大きいからか、なかなかレシピがみつかりません。教えてください。

A,下記、参考にしてください。

材料
【薄めのスポンジの場合】
卵 3個
グラニュー糖 75g
薄力粉 75g
無塩バター 10g

【厚めのスポンジの場合】
卵 4個
グラニュー糖 100g
薄力粉 100g
無塩バター 10g
 
作り方
1 薄力粉を振るっておく。
オーブンを170℃~180℃に温めておく。
2 型の側面ににバターを塗り、オーブンシートを型に合わせて切り、底と側面に敷く。
3 ボウルに卵を割りほぐし、グラニュー糖を加えてよく混ぜる。
4 別のボウルまたは鍋に湯を入れ、3のボウルの底を湯煎にかけながら泡立てる。
5 もったりと字が書けるようになるまで泡立てる。
6 もったりとしたら、振るっておいた薄力粉を、3回に分けて加えて泡を壊さないようにゴムベラで手早く混ぜる。
7 溶かしておいたバターをゴムベラで受けるようにして生地に少しずつ加えて混ぜる。
8 バターの筋が消えるまでよく混ぜ合わせる。
この時練らないように注意して、下のほうから手早く混ぜる。
9 下準備した型に生地を流し、170℃~180℃のオーブンで18~20分焼く。
焼き上がりの確認は竹串またはナイフを中央に差して生地が付かなければOK.
10 焼きあがったら型から外してオーブンシートをとり、ケーキクーラー(鉄の網)の上で逆さまにして2~3分冷まし、また元に戻して冷ます。
 
※これは全卵を同時に泡立てるやり方だけど、湯煎にかけながら泡立てれば大丈夫。

とてもしっとりとしたスポンジがいい場合は、
デコレーションの時に二つに切ったスポンジの真ん中に、下記のシロップをはけで塗ってから生クリームを塗って果物を挟むと良い。
 
【シロップの材料】
グラニュー糖 大さじ4
水 大さじ2
あればお好みでキルシュなどのお酒 大さじ2

作り方
鍋にグラニュー糖と水を入れて火にかけ、溶けて沸騰してきたら火からおろし、キルシュを加える。
 
私はホイップクリームにCrème fleuretteを使いますが、お店で売ってなければCrème fraicheでもちろんOK。
厚めのスポンジにたっぷりの生クリームを塗るので、400mlのCrèmeにグラニュー糖大さじ4(Crème100mlにつきグラニュー糖を大さじ1)位入れてるけど、これは好みによる。
 
脂肪分が少ないフランスのホイップクリームを泡立てる時は、泡立てる前にボウルとクリームをよく冷やしておき、更に泡立て中も低温に保つため氷水に当てながら泡立てるといいんです。
それとグラニュー糖とFix chantillyは泡立て始める前に加えると本に書いてあります。
 
あと、卵(全卵も卵白だけも)でもホイップクリームでも共通して言えることは、できるだけ大きいボウルで泡立てるということ。

(情報提供:MA)

サクランボのクラフティ

果物の美味しい季節になりましたね!
サクランボの季節なので、私のお勧めする「サクランボのクラフティ」のレシピをご紹介します。

材料
・さくらんぼ 15粒くらい
・全卵 2個
・砂糖 50g
・生クリーム 150cc
・牛乳 50cc
・薄力粉 30g
・バニラビーンズ 1/2さや

まず、さくらんぼの種を取り除く。(小さいお子さんがいる人は取った方がおすすめ)
ボウルにさくらんぼ以外の材料を上から順に計量して入れ混ぜる。卵と砂糖はよく混ぜること。
耐熱容器に2で混ぜた液体を入れ、さくらんぼも入れる。
180℃のオーブンで約45分焼く。

レシピではサクランボ15粒と書いてあるけれど、私は50個~70個くらい、耐熱容器に入るだけ大量に敷き詰めて作っています。
出来立ても美味しいけれど、冷蔵庫でしっかり冷やすのもおすすめです。

(情報提供:KMさん 2017/5月)

お手軽フレンチ「COOKEO」

皆さん、Moulinexの「COOKEO」をご存知ですか?

義両親の家に行った時、日中忙しい義母が使っていて、
予め野菜などの切る作業はありますが、材料をCOOKEOに入れて、メニューを押せば、帰宅後 フランス料理が出来ている!目から鱗でした。
http://www.moulinex.fr/cookeo

少し場所を取るのですが、ボタン一つで50レシピが出来ますよ。

(情報提供:OMさん 2017/5月)

桃とモッツァレラのサラダ

日本で話題を呼んだ、桃とモッツァレラの簡単サラダ!
料理するのも面倒になる暑い時期にお勧めの一品です。

私の聞いたレシピは、桃とモッツァレラチーズを薄く切って交互に並べ、事前に混ぜ合わせておいたドレッシングをかけるものですが、桃とモッツァレラを一口大に切ってドレッシングをかけるだけでも十分。
夏の手抜き料理の参考にして下さい!

材料
・桃 3-4個
・モッツァレラチーズ 1個

【ドレッシング】
・オリーブオイル 大2
・レモン汁 小1
・バジル 少々
・塩 少々

(情報提供:SA 2016/7月)

日本の野菜[Biogarden]

南仏の畑にBiogardenという会社があり、来哲(らいてつ)さんが日本の野菜を作っています。

一部のBioショップ(satorizかLa vie clair)では、来哲さんの日本野菜を取り扱っている店もあるそうです。

※取り扱いの有無は、お店によって異なる為、直接店舗で問い合わせてみてください。

商品の取り扱いをしている場合は、お店を通して注文可能だそうです。

冬の季節なら、水菜、青梗菜、小松菜、わさび菜、春菊 ect.. 試食させてもらいましたが、どれも絶品でした。
フランスでは味わえない、繊細な味を求める方には特におすすめです!

畑でも直接購入できるし、アルルの市場でも毎週土曜日にお店を出しているそうです。

また季節の野菜なので、時期によって内容が異なります。下記のURLに商品がご覧いただけます。
http://www.sarlreuse.com/gamme-japonaise

Sarl Reuse BIOGARDEN
Mas Saint Jean – 30127 Bellegarde
http://www.sarlreuse.com/

(情報提供:Kさん)

ハーブポーク

忙しい夏休みに使える手抜き料理をご紹介します。事前に用意しておき冷凍庫で保存。来客時にも使える便利な一品です!

「ハーブポーク」

鍋に豚肉の塊とビール(何でも良い、スーパーで売ってる一番安いのを使っています)、家にあればハーブを入れて、あとは肉が隠れるまで水を足し、アクを時々取りながら50~60分間煮るだけ。火が通ればOK!

ジップロックに【つけ汁】の材料を入れて熱いうちに肉を入れる。約6時間程度つける。
しっとりしたお肉が出来上がります。つけ汁を変えれば、チャーシューもできます!!


材料
・豚肉 の塊
・ビール 500ml
・紅茶 (ティーバッグ) 1袋
・ローリエ 2枚
・レモンバーム (乾) 大さじ1 ←どちらでも
・ペパーミント (乾) 大さじ1 ←どちらでも

【つけ汁】
・しょうゆ カップ1/2
・酒 カップ1/4
・みりん 大さじ2
・バルサミコ酢 大さじ3


参考にしたのは、「きょうの料理」
http://www.kyounoryouri.jp/recipe/1605_%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%AF.html


(なっちゃんのママ 2016/8月)

LYONDEMAND(リヨンデマンド)

リヨン生活を始める前に、またリヨンの暮らしをより充実させるために、フェイスブックの「LYONDEMAND(リヨンデマンド)」をご紹介します↓

https://www.facebook.com/groups/443011142537896/

LYONDEMAND(リヨンデマンド)は、リヨンで生活する皆様がより充実した毎日を過ごせるよう、2015年の夏からはじめました。

LYONDEMANDは、
1.生活用品の貸し出し及び回収
2.イベントの開催及びシェア
の二つを主に活動を行っています。

LYONDEMANDは、リヨンで生活をしている皆様に無償で生活用品の貸し出しを行っています。これらは主に、過去リヨンに滞在していた学生が使用していたものです。また、帰国される際には、不必要となった生活用品を無償で回収いたしております。
管理している私たちも,急な引っ越しなどで荷物に困ったりした経験があるため,大体の方が一年未満で帰られる学生やワーホリの方たちの何か助けになればと思うっています。

LYONDEMANDは、交流イベントを不定期で開催しております。こちらは、日本人を対象にしたものから日仏交流を目的としたものまで内容は多岐に渡ります。イベント企画の持ち込み等も随時受け付けています。

また、このグループをLyonにすむ皆様の情報交換の場としても使ってもらえたら幸いです。
時間がある時に運営してるため.連絡遅くなったり時々不備があったりしますが,ご了承ください。どうぞよろしくお願いします。

カルトナージュ教室:アトリエトノエ

アトリエトノエでは初級者から中級、上級者までの方々がカルトナージュを学んでいます。
不器用で向いてないと思われていた方も回数を重ねる度、自分への自信と喜びが湧いて来るカルトナージュ。作品作りの喜び、完成がさらなる成長と喜びに変わるカルトナージュ。
日本語でゆっくり丁寧にご案内いたします。

開催日:金曜日9時〜
場合に応じて火曜日、木曜日あり
まずはご連絡お待ちしています。

アトリエトノエ
06.07.28.11.11

ニラ(Ail d’ours)情報

フランスの野原で咲くニラ?を発見!
フランス語では、「Ail d'ours」、日本語では「熊のニンニク(ラムソン)」というそうです。

森の中、湿気が多く、日当たりが悪いところに群生しているそうです。時期は4月上旬。
香りはまさにニラ!料理の仕方は、日本と同様に餃子にしてもよし、炒めもの、味噌汁、天ぷら、フレンチではクリームと混ぜてソースにしたり、バシルの代わりにニラジェノベーゼもおすすめ。

見つけた場所は、バス9番でHotel de villeから4つ目の、カリュイール方面へ行くbellevueというバス停で降ります。
そこが丁度テットドール公園の真横なので、公園内にもニラが生えてるって、聞いたこともありました。
で、目の前に小さな教会があるんですが、その横の激しい坂を上って行くと右側にもう生えてるのが見えます。
砂利道っぽい小道を上がっていくとそこにいっぱい茂っていますよ。

空き地なので、興味ある人は探しに行ってみて下さい!

(情報提供:KUさん)

 

テットドール公園にピクニックに行ったら発見しました!
ちょうど湖の横くらいに日当たりが悪く、湿気が多い場所があり、生い茂っていました。 4月の下旬だったので、すでに白い花が咲いていました(写真の通り)が、それでも摘んで帰って、家で餃子を作りました。

Ail des ours2
下記のサイトを読むところ、花が咲く前の葉の方が柔らかく、葉を食用に使うには、花が咲いてしまう前に摘むのが決まりだそうです。
熊のニンニク(ラムソン)、参考まで
http://www.bourgognissimo.com/Fleurs/1_printemps/FR-2P_23.htm

(情報提供:K)

クリスマスに親子でお菓子作り!

ノエルの時期に、ピカール(Picard)の広告を見ていたら、こんなレシピを見つけました!

20151223_Foret de sapins (1)
息子と挑戦しようと思いましたが、ちょっと難しいので、以下のように簡単にアレンジ。


「クリスマスツリーの森(Forêt de sapins)」
材料:
板チョコ(ブラック) 2枚
アイスのコーン 10個くらい
ココナッツパウダー 適量

作り方:
(1)、ボウルにチョコレートを適当な大きさに割り入れ、湯煎で溶かす。
(2)、コーンに溶かしたチョコレートにつける。
(3)、最後にココナッツパウダーをまぶすだけ。


そして 余ったチョコレートで「チョコクランチ」も。
20151223_Choco Crunch

材料:
板チョコ(ブラック/ホワイト) 各1枚
コーンフレーク 適量

作り方:
(1)、ボウルにそれぞれのチョコレートを適当な大きさに割り入れ、湯煎で溶かす。
(2)、コーンフレーク(お好みで、そのままでも、予め細かく砕いてもOK)を少しづつ加え、混ぜ合わせる。コーンフレークの量で、サクサク感が好きなら多めに。多すぎるとまとまらないので様子を見ながら徐々に加えてください。
(3)、スプーンで形を整えて、クッキングシートの上にのせて冷やし固める。
※クルミや乾燥フルーツをいれても美味しいです!

どちらも簡単なので、お子さんと一緒に作ってみて下さい♪