アンケート「子連れ旅行体験談!(スイス/2014年夏2)」

⚫︎ハンドル名: Kさん

⚫︎旅行先: スイス (グリンデルワルト編)

⚫︎手配を頼んだ旅行会社: HIS チューリッヒ支店 (電車のチケットのみ)

⚫︎行程・利用交通機関: 電車の旅
リヨン(ジュネーブ経由)→グリンデルワルト(4泊)→ベルン→ジュネーブ(1泊)→リヨン

⚫︎旅行日数・時期: 5泊6日・2014年7月上旬

⚫︎連れていった子供の年齢(当時): 3歳2ヶ月

⚫︎子連れでお勧めのホテル・その理由
ホテル アイガー /Hotel Eiger
住所: Hauptstrasse, 3818 グリンデルワルド
HP: http://www.hoteleiger.com/en/
(ホテルは、Booking.comで予約。6歳以下のベッドなしなら無料)
20140819Hotel Eiger_Grindelwald
ホテルは、アパートメントタイプなので、子連れには最適!
駅から徒歩5分くらい。レストランも併設していて、お部屋でご飯を作るのが面倒なら、下に食べに行くことも出来るのでオススメです。スーパーも徒歩圏内に2軒あり。
ミニキッチンには、電気のコンロ2つ、オーブン、冷蔵庫、一通りの食器類、ワインオープナーなどあり。(ただ、マイクロウエーブはありませんでした)
館内に、子供の遊び場、フィットネス施設、サウナ(14歳以下の子供と一緒に利用する場合は17時まで)、美容院、コインランドリー etcがあります。
20140819Asobiba_Hotel Eiger
20140819Fitness_Hotel Eiger
また、宿泊客に発行しているゲストカードにより、市内バスの利用(無料)、スイミングプール、スケート場等、近くのスポーツセンターの無料入場券を提供しています。
20140819Guest card_Grindelwald
コインランドリーは、洗剤がなければ2フランだった気がします(レセプションで購入可)。洗濯ネットとソープは、荷物に余力があれば持って行ってもいいかも。

⚫︎子連れでお勧めの観光地・その理由
(1)グリンデルワルト/Grindelwald
20140819Station_Grindelwald.jpg
グリンデルワルトの駅
20140819Station Office1_Grindelwald
(駅の窓口の営業時間) 06:10-19:30
小さな村なので頑張ればどこでも歩けます。私たちはベビーカーを持って行きましたが、駅周辺は問題なく使えました。
駅前の高台?に小さな公園あり。アイガーを眺めながら遊べます!
20140819photo spot_Grindelwald
顔出しパネルで、ハイポーズ!

(2)クライネ・シャイデック/Kleine Scheidegg
http://www1.myswiss.jp/alps/06/k_scheidegg.htm
20140819Kleine Scheidegg
色んな登山鉄道の接続駅。ユングフラウヨッホへ行く場合は、ここでユングフラウ鉄道に乗り換えます。
クライネ・シャイデックには、お土産屋、公衆トイレ(オムツ替え台)もあり。
20140819Toilet1_Kleine Scheidegg
20140819Toilet2_Kleine Scheidegg
山岳ホテル&レストラン「⚪︎⚪︎」に遊び場があり、息子はかなり遊んでいました。
20140819Asobiba1_Kleine Scheidegg
20140819Asobiba2_Kleine Scheidegg
20140819Photo spot_Kleine Scheidegg
顔出しパネルで、ハイポーズ!

(3)ユングフラウヨッホ /Jungfraujoch
http://www1.myswiss.jp/alps/06/jungfrau/alp-jung_joch.htm
クライネ・シャイデックでユングフラウ鉄道に乗り換え、いざ ユングフラウヨッホへ!
20140819Jungfraubahn.jpg
頂上へ着く前の2箇所の駅で写真ストップ。(5分休憩、トイレあり)
20140819Jungfraujoch.jpg
頂上に着くと、日本の郵便ポストがあります。ここから投函すると、ユングフラウの消印付き!(3日後には日本につきました)
20140819Post_Jungfraujoch.jpg
スフィンクス・テラス、氷の宮殿、プラトー(展望台)があります。
20140819Top of Europe
スフィンクス・テラス(Sphinx Terassen)は、360度パノラマです!ただし、エレベーターで一気に3571mへ上がるので、駅に着いた時点で高山病の気配がみられたら、子供連れは少し考えた方がいいかもしれません。
氷の宮殿(Eispalast)では、氷の彫刻が見られます。世界遺産に認定されている雄大なアレッチ氷河の深部を体感することができる珍しいスポットです。
20140819Eispalast1.jpg
20140819Eispalast2.jpg
氷河の中を歩くので、当然のごとく 寒いです。他に着る機会がなくとも、子供用の防寒服は忘れずに。個人的には手袋はあった方が良かったかな。長靴までは不要ですが、荷物じゃなければあっても良し◎
スフィンクス・リフトと氷の宮殿の間に、Alpine Sensationという通路があります。薄暗いので息子は少し怖がっていました。
プラトー(Plateau)展望台は、行くなら早い時間帯に。
20140819Jungfraujoch (2)
某雑誌に、まずスフィンクス・テラスからと順序があったので、その通りに動いたら、10時すぎ ようやくプラトーに辿り着いた所で、雲が出始め、肝心のユングフラウヨッホが見えませんでした。さっきまで、見えてたんだけどねぇという人がいて、リベンジに3日目、早朝ヨッホで再びプラトーへ一番乗りで来たら、壮大な眺めでした!
短い距離ですが雪中を歩くので、子供には防寒服、手袋、長靴などあると良いでしょう。
スキーやスノボーなど、山頂で出来るアクテビティあり!
やりませんでしたが、標高が高いので、体力ないと難しいと思います。。
構内には、売店やレストラン、カフェテリアがありましたが、物価が高いというスイスを代表する驚きの価格表記、 辛ラーメン+お湯(約7.1ユーロ)、お湯だけ(約3.9ユーロ)!!!
20140819Cafe_Jungfraujoch.jpg
頂上でご飯が食べたいなら、サンドイッチを予め購入していくか作って持っていくかをオススメします。
というわけで、子連れでユングフラウヨッホを楽しむなら、
20140819Map_Jungfraujoch.jpg
地図↑
1)、⑨プラトー /ユングフラウヨッホを背景に写真をパシャリ。ちょぴり雪もさわれる!(天気が良ければ)
2)、④スフィンクス・テラス /トップ・オブ・ヨーロッパの前で写真をパシャリ。
3)、⑦Alpine Sensation
4)、⑧氷の宮殿

5)、お土産屋やレストランへ …の順番でしょうか。
体力のある方は、⑤雪遊び場(Aletschgletscher)でスキーやスノーボードを楽しまれるのも良いと思います。
20140819Highking.jpg
ハイキングをするなら、Eigergletscher駅で降りて、クライネ・シャイデックまで。大人の足で1時間くらい。3歳児には少しハードルが高いと思います。(私はおばあちゃんに預けて一人ハイキングしました)
20140819Highking2.jpg
20140819Highking3.jpg
高山病もなく、元気にしてた息子でしたが、2時間 山頂をたっぷり楽しんだ後、帰りの電車に乗った途端に寝入っていました。疲れたようです。
帰りの電車(ユングフラウヨッホ~クライネ・シャイデック間)で、ユングフラウ鉄道限定チョコレートが1人1個もらえます!

(4)ボルト(フィルストへ行く途中) /Bort
20140819Gondra_Grindelwald.jpg
まず乗り込むゴンドラリフトは、全面が見える為、子供が怖がるかと思いきや大喜び!
終点駅フィルストの途中「ボルト」駅に遊具のある公園があります。
20140819Park_Bort.jpg
また、今回は時間がなくてしませんでしたが、フィルストからボルトにかけて、なだらかな坂道なので子連れでハイキングするのもオススメ!実際に、家族連れがハイキングしている姿を多く目にしました。
20140819First.jpg
フィルスト/First

(5)ミューレン/Murren
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/area/offer-Destinations-07Berner_Oberland-211046.html
20140819Park_Murren.jpg
駅から坂道を上がって観光局のある広場に、公園があります。
電車の中から見て、ミューレンから次の駅(Winteregg)まで、なだらかな道が続いているので、子連れでハイキングに良さそう、実際に家族連れも多く歩いていました。
Winteregg駅にレストランがあり、眺めが良いので、時間があればお昼かお茶が出来たら良いと思いました。
また、ミューレンから乗り換えて、アルメントフーベルへ行くと、新たに作られたアドベンチャープレイランドがあるそうです。

(6)シーニゲ・プラッテ /Schynige Platte
http://www1.myswiss.jp/alps/06/jungfrau/alp-schynige.htm
20140819Train Schynige Platte
晴れている日がオススメ!ヴェルダースヴィール駅からレトロな列車に乗りながら山頂へ向かう途中に、インターラーケンの湖やユングフラウ、メンヒ、アイガーが次々 見えてきます。子連れだからオススメというわけではなく、とにかく景色が良いので一見の価値あり。
20140819View_Schynige Platte
20140819View2_Schynige Platte
頂上では、山岳ホテル「Schynige Platte」と併設しているのでレストラン&カフェで休憩するのもよし。キレイなトイレが利用でき、オムツ替え台もありました。
20140819Restaurant_Schynige Platte
20140819Toilet Restaurant_Schynige Platte
今回は行きませんでしたが、高山植物園もあるそうです。

⚫︎子連れでお勧めのレストラン・その理由
グリンデルワルト/「Hotel Eiger」のレストラン
日本語観光局の方からオススメ頂きました。
グリンデルワルト/パン屋
20140819Pan_Grindelwald.jpg
毎朝7時から開いているようです。朝は、ここでパンを買って列車に乗るか、パン屋と併設されているレストランで朝食を取りました。
クライネ・シャイデック/ 山岳ホテル&レストラン
20140819Hotel Restaurant_Kleine Scheidegg
アイスクリームパフェで10フラン(約12ユーロ)。レストランの横に子供の遊び場があり、息子の一番のお気に入りで2度も行きました。
20140819Restaurant_Kleine Scheidegg

⚫︎その他
親子で楽しめるアクティビティ
⚪︎グリンデルワルト/ミニゴルフ
20140819Mini golf_Grindelwald

⚪︎インターラーケン/Heimwehfluh
http://www.heimwehfluh.ch

⚪︎Pfingstegg /滑り台Rodelbahn
http://www.pfingstegg.ch

⚪︎Mannlichenからハイキング
家族で楽しくハイキングできるコースがあるようです!

⚪︎アルメンフーベルからミューレンへと続く子供向けのアドベンチャー・トレイルを家族みんなでトレッキングすると楽しそう。
天候が悪い場合、

⚪︎グリンデルワルト/ sportzentrum grindelwald(スポーツセンター)
住所: CH-3818 grindelwald, switzerland
電話: + 41 (0)33 854 12 80
http://www.indoorseilpark.ch
スイミングプール、スケート場
ホテルから徒歩2分くらいの場所にあるスポーツセンター。ゲストカードで無料。

⚪︎インターラーケン/ JUNGFRAUPARK INTERLAKEN
http://www.jungfraupark.ch
Mysty Landやインドア スキーなどあり

⚪︎インターラーケン/ Verkehrshaus
https://www.verkehrshaus.ch/fr

⚪︎ラウターブルンネン/ Truemmel-Bach-Faelle
http://www.truemmelbachfaelle.ch
20140819Truemmel-Bach-Faelle.jpg
雨が降った方が水量が増し見応えあるとオススメ頂きましたが、 息子が怖がりそうなので、今回は行きませんでした。
20140819Locker_Grindelwald.jpg
駅前のロッカー

☆ユングフラウVIPパス に関して
ユングフラウVIPパスとは、ユングフラウ鉄道グループ主要路線に3日間乗り放題のパス。スイス三大名峰の1つユングフラウヨッホ1往復も含まれている。(子供は無料)
グリンデルワルトの日本語観光案内所でも購入可能。
4日滞在の滞在で、2回 ユングフラウヨッホを往復、下記のパス有効範囲の山を堪能して来ました。また滞在中 1日は雨でしたが、電車好きの息子を連れ、目的なく色んな電車に乗りならがグリンデルワルト周辺を周遊、雨の日の鉄道も楽しむことが出来ました。
ユングフラウVIPパス有効範囲 (2014年5月1日~10月26日の連続した3日間)
-クライネシャイデック=ユングフラウヨッホ
-インターラーケン=グリンデルワルト/ラウターブルンネン
-グリンデルワルト/ラウターブルンネン=クライネシャイデック
-ヴィルダースヴィル=シーニゲプラッテ(5月29日~)
-グリンデルワルト=フィルスト(5月3日~)
-インターラーケン=ハーダークルム(4月18日~)
-ラウターブルンネン=グリュッチアルプ=ミューレン
-グリンデルワルト=グロッセシャイデック(5月24日~)

<以下の路線の乗車券は50%割引>
-グリンデルワルト=メンリッヒェン(5月29日~)
-ウェンゲン=メンリッヒェン(5月17日~)
20140819Jungfrau VIP Pass
ユングフラウVIPパス ユングフラウ鉄道限定チョコレート

☆参考になったHPと本など
http://www.geocities.jp/kozurevacation/swisskozuretrail.html
http://homepage3.nifty.com/k-kozu/swiss/swis.htm
http://4travel.jp/travelogue/10253751
上記のサイトや個人ブログがとても参考になりました。ありがとうございました。

「グリンデルワルト日本語観光案内所」
http://www.jibswiss.com
グリンデルワルト駅から、徒歩30秒。
営業時間:9時00分~12時00分/午後2時00分~午後6時00分(スイス時間) 
グリンデルワルト到着後にすぐに立ち寄らせて頂き、たくさんのアドバイスをいただきました。お陰で家族で楽しい旅行が出来ました。日本語観光案内所の皆様、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
20140819Photo-Grindelwald.jpg
スイス2014年夏(3)」へ続く

アンケート「子連れ旅行体験談!(スイス/2014年夏3)」

⚫︎ハンドル名: Kさん

⚫︎旅行先: スイス (ベルン/ジュネーブ編)

⚫︎手配を頼んだ旅行会社: HIS チューリッヒ支店(電車のチケットのみ)

⚫︎行程・利用交通機関: 電車の旅
リヨン(ジュネーブ経由)→グリンデルワルト(4泊)→ベルン→ジュネーブ(1泊)→リヨン

⚫︎旅行日数・時期: 5泊6日・2014年7月上旬

⚫︎連れていった子供の年齢(当時): 3歳2ヶ月

⚫︎子連れでお勧めのホテル・その理由
ベルン: 宿泊していません。

ジュネーヴ: 「Hotel Admiral」
住所: 8 Rue Pellegrino Rossi,1201 Geneva,Switzerland
電話: +41 22 906 97 00
email: info@hoteladmiral.ch
HP: http://www.hoteladmiral.ch
子連れでオススメというわけではないですが、立地がよく(駅から徒歩3-4分)、ビュッフェ朝食も付いて110CHFと安く、レセプションの方も親切でした。

⚫︎子連れでお勧めの観光地・その理由
☆ベルン/Bern
http://www.bern.com/fr/
(子連れ歩き方) ※数時間の滞在で自分が訪れた所をふり返って書いているだけです、きっと もっとオススメポイントもあるはず。
子供が元気なうちに、行きは駅から一気にバスに乗って「(1)クマ園」へ。
20140819baerenpark_Bern.jpg
観光後は引き続き、ニーデック橋の奥に続く急な坂道を上り「(2)バラ園」へ向かう。(徒歩5分程度、道がガタガタなのでベビーカーを押すのは大変でした)
20140819Rosengarten1_Bern.jpg
帰りは、メイン通りを歩いて、途中見所に寄りながら駅まで向かう。
息子は、バラ園を出てから力尽き、後はベビーカーで運ばれて行きました。
20140819Zeitglockenturm_Bern.jpg
ベルンのシンボル時計塔↑
20140819Bern1.jpg
噴水(ベルンに色々な噴水が100カ所あるらしい)↑

(1)クマ園 (無料)
http://www.baerenpark-bern.ch
20140819baerenpark1.jpg
子熊たちがじゃれあっている姿が可愛らしかったです。息子も喜んでいました。
川沿いだったので、ランチを持って来て食べている人も多かったです。すぐ横に、観光局とレストランもあり。

(2)バラ園 (無料)
http://www.rosengarten.be
20140819Rosengarten2_Bern.jpg
ガイドブックにも書いてあった通り、とても眺めが良かったです。写真を撮るならパノラマサイズで!
20140819View_Bern.jpg
公園があり、遊具が充実していました。トイレは、公園の隣のカフェ「Restaurant Rosengarten」の地下で借りれます。
20140819Parc_Bern1.jpg
20140819Parc_Bern2.jpg
20140819Parc_Bern3.jpg

(3)薬局「ZYIGLOGGE APOTHEKE」のショーウィンドウで見かけたプラレール(もどき)
20140819Platrail_Bern.jpg
電車好きの息子が見たら喜んだろうに、残念 昼寝中。。

☆ジュネーブ
(子連れ歩き方) ※1日の滞在で自分が訪れた所をふり返って書いているだけです、きっと もっとオススメポイントもあるはず。
コルナヴァン駅をスタート地点にするなら、モン・ブラン広場の方向へ向かいプチトランで街の見所をザッと見て回ろう!
戻ってきたら、渡し船乗り場(Paquis)から2番の船に乗り、レマン湖を対岸へ渡り大噴水を近くで見学。
20140819Get leau2
(大噴水 警察署の前に仮設トイレあり)
そこから歩いてもいいし(10-15分)、公共交通機関を上手に利用しながら「(1)自然史博物館」へ。館内で食事も出来ますし。お天気が悪ければ、午後はそのまま博物館で見学&遊ぶのも良し◎

午後も子供の体力が残っていれば、トラムに乗ってヌーヴ広場へ。
お天気が良ければ、宗教改革記念碑のある公園でひと遊び。
子供が昼寝タイムなら、そのまま坂を上って旧市街(石畳なのでベビーカーは△)の見所をゆっくり観光するのも良し、まだ元気で歩けるようなら、旧市街外れにある「(2)美術・歴史博物館」まで一緒に歩くのも良いと思う。

(1)自然史博物館 (Muséum d'Histoire Naturelle)
20140819Musse dhistoire natulle_asobi_Geneve
住所: 1 route de Malagnou,CH-1208 Genève
電話: (0)22 418 63 00
HP www.ville-ge.ch/mhng
開館時間:火曜〜日曜 10:00-17:00 ※休館日:月曜
子供も大人も楽しめる展示内容。時間があれば、一日中でもいたいくらいです。
館内に遊び場(玩具を使える)がありました。屋内なので天気の心配なし
20140819Musse dhistoire natulle1_Geneve
20140819Musse dhistoire natulle2_Geneve
入場無料!各階にトイレあり。

(2)美術・歴史博物館(Musée d'Art et d'Histoire)
20140819Musée dArt et dHistoire_Garden Geneve
住所: Rue Charles-Galland 2,1206 Genève
電話: (0)22 418 26 00
HP: www.ville-ge.ch/mah/
ここで見つけた、カフェテリアの横の子供向けスペース。
さすが美術館と思わせる、アーティスティックな絵本などが置いてある。
20140819Musée dArt et dHistoire_Geneve
20140819Musée dArt et dHistoire_Toilet Geneve
入場無料!トイレ、ロッカーあり。

(3)プチ・トラン
http://www.petit-train-geneve.ch/fr/
20140819Petit train_Geneve

(4)渡し舟
20140819Boat1_Grneve.jpg
ボート乗り場(Paquis)から、ジュネーブ名物の大噴水(Jet d'Eau)の近くを横切りながら対岸へ渡れる舟。
20140819Get deau_Geneve
※ジュネーヴのゲストカードで無料で乗れます。

(5)宗教改革記念碑の公園
20140819Park4_Geneve.jpg
宗教改革の中心人物たちを記念して造られた大きな壁像の横に遊具のある公園があります。
20140819Park1_Geneve.jpg
20140819Park2_Geneve.jpg
20140819Park3_Geneve.jpg

⚫︎子連れでお勧めのレストラン
・ベルン/ローズ・ガーデンの所にあるカフェテリア「Restaurant Rosengarten」
ベルンを一望、景色が良い!すぐ横に遊具のある公園もあり。

・ベルン/ 歩き疲れたところで見つけた市場のフルーツジュース屋。
場所が定かではないが、ベーレン広場の市場だったと思う。
ジュースは中サイズで4ユーロ、大サイズで6ユーロ。美味しくて、一気に飲み干しました。

・ジュネーヴ/ Muséum d'histoire naturelle内のフードパーク
20140819Musse dhistoire natulle_Restaurant_Geneve
子連れで簡単に食事したい場合はオススメ!博物館を見ている途中で立ち寄れます。(館内でピクニック×)

⚫︎その他 (知ってて便利/お得なこと)
・ベルン/コインロッカー
20140819Locker_Bern.jpg
今回、ベルンには宿泊せず、途中下車で3-4時間の短い滞在だった為、駅に隣接している(観光局のすぐ横の建物)コインロッカーに荷物を預けました。ちなみに2014年7月情報では、コインロッカーはここの1箇所のみ。
ベルンは12:30頃到着、ロッカーの場所はすぐに見つかったものの、大きいサイズ(スーツケースサイズ)の空きがなくて、20-30分待ちました。
私たち以外にも、何人も待っている人達がいました。もしかしたら午前中なら、まだ空きが見つかりやすいかもしれません。。

・ジュネーヴ /ジュネーヴ交通パス(Geneva Transport Card)
http://www.geneve-tourisme.ch/en/useful-information/how-to-get-around/geneva-transport-card/
ジュネーブのホテルに滞在した人のみ貰えるカードで、市内の公共交通機関(路面電車やバス、地方電車、ボートなど)がすべて乗り放題になります。ジュネーヴに滞在している間はずっと有効。宿泊施設に最初にチェック・インする時には、忘れずにカードを入手してください。

・ジュネーヴ→リヨンの電車のチケットを購入するなら
ある程度時間が決まっているなら、フランスでチケットを購入する事をオススメします。
というのは、旅行中の子供の体調もあるし、当日にならないと帰りの時間が分からなかったので、現地(ジュネーヴ駅)で購入したのですが、フランスのSNCFのサイトで尚且つ子供カード(enfant+)を利用し3人で35ユーロが、ジュネーブでスイス国鉄で購入するとCHF92(約110ユーロ、子供は無料)!!
フランス側(ジュネーヴから最初はバスで国境を越え、フランスのSNCF駅へ。そこから電車でリヨンへ向かう)に到着した際、窓口の人に説明したら、なんと バスの乗車分を引いた差額(15ユーロ)が返金されました。何でも言ってみるものです。

・治安情報
スイス=ヨーロッパで一番安全と思ったら大間違い!スリはツーリストを狙っています。こちらを参照↓
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2011C384
未遂でしたがジュネーヴ駅構内でスリに遭いかけました。詳しくはこちらを。

・参考になったHP
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/home/
上記のサイトの情報がとても参考になりました。ありがとうございました。
「スイス2014年夏(1) / (2)」へつづく

アンケート「子連れ旅行体験談!(スイス(鉄道の旅)/2014年夏)」

⚫︎ハンドル名: Kさん

⚫︎旅行先: スイス (鉄道の旅編)

⚫︎手配を頼んだ旅行会社: HIS チューリッヒ支店 (電車のチケットのみ)

⚫︎行程・利用交通機関: 鉄道の旅
リヨン(ジュネーブ経由)→グリンデルワルト(4泊)→ベルン→ジュネーブ(1泊)→リヨン

⚫︎旅行日数・時期: 5泊6日・2014年7月上旬

⚫︎連れていった子供の年齢(当時): 3歳2ヶ月

⚫︎旅行計画にあたって
☆鉄道の旅
スイスは車がなくても、鉄道が充実しているので「鉄道の旅」がオススメです!
電車の時刻が正確で、インターネットのスイス国鉄のHPで時刻表を確認できる。
駅は、エレベーターやスロープが充実しているので、ベビーカー移動でも心強い。
さらに、電車の中で子供向けにplay ticketというおもちゃの切符ももらえます。
ジュネーブからグリンデルワルトへ向かう際、乗換することに気がつかず乗り過ごしてしまいましたが、車掌さんに聞いたところ、都合の良い乗換場所を教えてくれ、乗り過ごしたお陰で車窓から素敵な景色も眺められたのでラッキーでした。
どの駅でも乗り継ぎは、とてもスムーズ。初めて訪れる外国人でも分かりやすく表示があるので、乗換時間が短くても迷うことはなかったです。
車掌さん、及び地元の乗客の多くが2~3カ国語を話せるので驚きました。グリンデルワルトは日本人も多かったし、とにかく旅しやすい国でした。
鉄道の旅と簡単に言うのは良いけれど、旅行するには下調べがある程度必要… どこに行く?何日必要?鉄道パスといっても色々あるし、どれがお得なのか分からない。そんな時間がない 子育てママ必見なのは、旅のプロにお願いすること!
今回は、HIS チューリッヒ支店に電話をし、こちらの要望(リヨン発着の電車の旅、3歳の息子と70歳のおばあちゃん連れで平日の4日間程度、無理ない旅程でスイスの山を楽しみたい)を伝えたところ、グリンデルワルト4日間の滞在+スイストランスファーカード利用をお勧め頂きました。
私たちが、今回HIS チューリッヒ支店(http://www.his-swiss.ch)で手配をお願いしたのは↓

[内容]
・スイストランスファーカード 
1等車 大人1名様分 222スイスフラン x2名様
2等車 大人1名様分 139スイスフラン x2名様
※スイスに入国された際の国境駅~目的地まで1往復可能。
往路、復路ともに一日限り有効で目的地まで最短コースを選ぶことが条件(途中下車可)。子供はファミリーカード発券で無料。

・ユングフラウVIPパス 
1名様分 200スイスフランx2名様 

・各種手数料
スイストランスファーカード、ユングフラウVIPパス発券手数料(1名様20スイスフラン)
国際書留料金20スイスフラン
支払方法は、国際振込み、クレジットカード利用可。
(振込みの際の手数料、クレジットカードをご利用の際は合計金額の3%のクレジットカード手数料をお客様負担。)

☆鉄道チケットの種類に関して詳しくは、こちらを参照↓
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/transport/sts/ticket/#293025
(スイス政府観光局のサイトより)

以下、子連れだと便利な鉄道情報です。
⚪︎ファミリー車両
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/information/tips/train/trainservice/
2012年からは「チッキパーク(Ticki Park)」という名で親しまれているファミリー車両のプレイルーム。色とりどりの動物のイラストが特徴的で、滑り台や舟の形をした遊具が設置されていま す。利用料金はもちろん無料です。
外からみたファミリー車両
ファミリー車両(Family coach)は主な都市間をつなぐスイス国鉄/SBBの長距離路線、インターシティ(IC/ICN)に連結されています。列車の最前部もしくは最後尾に連結されており、列車にポップなイラストが描いてあるので、すぐにファミリー車両だとわかるようになっています。ファミリー車両の1階の半分は 自転車やベビーカーを積載するスペースとトイレ、そして2階は遊具が設置されたプレイルームになっており、そこで子どもたちは移動中でも到着駅まで、思う存分好きなだけ遊ぶことが出来ます。ファミリー車両は子どもが中心。子どもが思いきり騒いでも問題ありません。

⚪︎ファミリーカード
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/transport/sts/ticket/#293025
 「スイスパス」「スイス・フレキシー・パス」「スイスカード」そして「半額カード」と同時に購入すれば 無料の「ファミリーカード」を発券してくれます。

⚪︎ジュニア・カード
 子供が1人でもいるファミリーには、大変お得なカードです。
 (但し、5歳までの子供は、親が同伴する場合は「無料」ですが、子供の座席指定券を取得する場合には、5歳までの子供でも「ジュニア・カード」が必要となります)
 6歳~15歳までの子供には、親が同伴する場合でも必要となります。
 このカードを取得しておくだけで、親と同伴する16歳未満の自分の子供は、「何人でも無料」となります。(16歳の誕生日前日まで有効です)
※「ユーレイルパス」にてスイス国鉄を利用する場合には、併用は出来ません。
 私鉄の登山電車、ロープウェイ、ゴンドラなどでは、無料または、割引き乗車券が購入できます。

⚪︎ライゼゲペック(スイス・バゲージ) Baggage Switzerland 託送サービス
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/transport/baggage/swiss/
スイス国内の駅から駅へ荷物を直送することができます。チッキと呼ばれる託送サービス。目的地まで乗り換えが多い時や、途中下車で観光しながら目的地へ移動する予定の時には、大きな荷物を先に送っておけるこのサービスはかなり便利です。ただし通常便は、預けた日から翌々日の到着となるので、預けるタイミングや荷物の分け方など、計画的に考えて利用しましょう。料金が倍額になりますが、当日の受け取りが可能な特急便サービス「ファストバゲージ」もあります。

⚪︎インターネット時刻表
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/transport/timetable/
所要時間、乗換ルートなど基本的な情報はもちろん、自分で選んだ区間や期間で情報を抜粋し、PDFでオリジナル時刻表を作ってくれる機能や、駅の情報、宿泊情報、天気予報、地図検索などのうれしい機能もあります。遅延や事故情報などがタイムリーに表示される列車運行情報サービスが新たにスタート。
SBB Timetable (インターネット時刻表/英語)

☆服装と子連れ持ち物
7月とはいえ、山はお天気に左右されるので、服装は着脱できる洋服が便利。
お天気が良くても朝早い時間帯は冷えるので、半袖+長袖+ジャンパーが必要。(暑くなるにつれて脱いでいく)
ユングフラウヨッホへ行くなら、防寒着も必要。サンダルなどもっての外です。
子供用なら、手袋があっても良い。荷物に余力があるなら、長靴もあると雪遊びができる。
ハイキングをするなら、山登り用の靴。(グリンデルワルトでもたくさん売っています)
雨ということもある為、レインコートや雨具を持って行きましょう。
それ以外に、帽子、日焼け止めクリーム、タッパ、子供の好きなお菓子など
※キッチン付きのホテルだったので、カレールーやパンケーキの素、お米やフリカケなど持っていき、現地で野菜/肉など購入し、夕飯は作っていました。
塩・胡椒、油がなかったので、油は小さなバターを購入して代用しましたが、塩・胡椒は小分けにして持って行っても良かったです。

☆物価 (スーパー) 1スイスフラン(CHF)= 約1.2ユーロ
・ミネラルウォーター(エビアン大) CHF1前後
(小さいサイズでも、あまり値段が変わりませんでした)
・オムツ
その他、スーパーで売っている果物や野菜はフランスより ほんのちょっと高い程度か同じでした。
レストランは、それなりに物価の高さを感じます。

☆参考になったHPと本など
スイス政府観光局
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/home/

天気予報サイト
http://www.wetteronline.de/wetter/grindelwald

「るるぶ スイス」の本
http://www.rurubu.com/overseas/list.aspx?CountryCD=E12
上記のサイトや本の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

以下、電車マニアの男子たちへ。スイスへ行くと、こんな電車に巡り合えます。
<登山電車>
20140819Suisse Train (2)
20140819Suisse Train (3)
20140819Suisse Train (4)
20140819Suisse Train (6)
20140819Suisse Train (9)
20140819Suisse Train (5)
20140819Suisse Train (7)
20140819Suisse Train (1)
20140819Suisse Train (8)
<の>
20140819Interlaken Train
20140819Interlaken Train2
<ベルンのトラム>
20140819Bern Tram (2)
20140819Bern Tram (1)
<ジュネーヴの電車&トラム>
20140819Geneve Train
20140819Geneve Tram
スイス2014年夏(2)」へ続く

アンケート「子連れ旅行体験談!(スリランカ南部/2014年)」

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:スリランカ&モルディブ
「スリランカ(南部)編」

●手配を頼んだ旅行会社:
現地手配で、ミリッサ発「ホエール&ドルフィンウォッチング」
現地手配で、ティッサマハラマ発「ヤーラ国立公園のサファリ」

●行程・利用交通機関:
リヨン→スリランカ(南部)→モルディブ→スリランカ(北部)→日本
飛行機(所要時間)
・リヨン⇔スリランカ(トルコair)イスタンブール乗換え、モルディブに1ストップで約16時間 
※直行便はありませんが、トルコでちょっと休憩でき、子連れにはちょうどよい時間帯でした。他にもエミレイツairが乗り継ぎ良かった(ドバイ乗換え/約13時間)。
・スリランカ⇔モルディブ(スリランカair) 乗換えなし/約1時間
※毎日3-4便あるので予定を立てやすかった。
・スリランカ⇔日本(スリランカair) 乗換えなし/約9時間半

●旅行日数・時期:2014年3月下旬から4月上旬/20日間

●連れていった子供の年齢(当時):2歳11ヶ月~3歳

●子連れでお勧めの観光地・その理由:「スリランカ(南部)」
1日目空港→コロンボ
2日目コロンボ→ゴール
3日目ゴール→ミリッサ
4日目ミリッサ
5日目ミリッサ→マータラ経由→ティッサマハラマ
6日目ティッサマハラマ→マータラ経由→ミリッサ
7日目ミリッサ→ゴール、コロンボ経由→空港近辺(翌朝モルディブへ)
※バックパック旅行だったので、移動方法はローカルバスや鉄道、スリーウィーラーを利用。

○コロンボ/Colombo
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%9C
Vihara Maha Devi Park(通称ビクトリア公園)
20140809SK_Vihara Maha Devi Park_Colombo1
20140809SK_Vihara Maha Devi Park_Colombo3
20140809SK_Vihara Maha Devi Park_Colombo4
20140809SK_Vihara Maha Devi Park_Colombo2
コロンボ唯一の公園らしいですが、遊具のところは、日影がないので暑くなる前(10時頃?まで)の時間帯がおすすめ。
ビクトリア公園からスリーウィーラーで5分圏内にあるスーパーマーケットと隣接しているフードパークURBAN KITCHEN内の遊び場。
20140809SK_URBAN KITCHEN
食事中に託児サービスあり。冷房がガンガン効いてているので、1枚着せられる服を持っていくとよいでしょう。トイレあり。

お疲れママにおススメなショップ↓
「Siddhalepa SPA」
住所:33,Wijerama Rd,Colombo 07
アーユルヴェーダ オイルや、スーパーでは売っていない可愛い石鹸やスリランカコスメがいっぱい!

○ゴール/Galle
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB_%28%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB
20140809SK_Galle.jpg
スリランカで一番おすすめの公園:Dharmapala Park
20140809SK_Dharmapala Park_Galle (1)
20140809SK_Dharmapala Park_Galle (2)
20140809SK_Dharmapala Park_Galle (4)
20140809SK_Dharmapala Park_Galle (3)
場所は、ゴール鉄道駅の目の前。インフォメーションセンターが園内にあります。
20140809SK_information center_Galle
現地の人は入園料がいくらかかかるようですが、インフォメーションセンターを利用すると言ったらフリーで入れてくれました。
園内はトイレもあり(ティッシュ持参)、売店もあるので、少し割高ですが飲み物やお菓子、アイスも買えます。
お昼時には、お弁当(もちろんカレー!)も販売していました。木陰もあるので、ピクニックに最適。
ゴールで電車/バスの時間待ちの時には、お勧めです。

○ミリッサ/Mirissa
「ホエール&ドルフィンウォッチング」
20140809SK_Wheel watching
参考:http://www.yathrajapan.com/2013/10/blog-post_8263.html
11月から4月の半ばの間がシーズンという、ホエール・ウォッチング。
事前に現地の旅行会社に状況を問い合わせたところ、今年はあまり見れないと言われましたが、1頭でも息子に見せれたらというおもいでのぞんだ当日、なんと5-6頭の鯨に遭遇!またイルカも群れをなして何度も船の横を泳いでくれるというラッキーが重なりました。
予約方法は、旅行会社でツアーを組むのも良し。またゴールへ行くと、現地のホテルや旅行会社で1泊2日のツアーをたくさん見かけます。
私たちは、ミリッサまで行き、ホテルで翌日のツアーをお願いしました。料金は、3500Rp×大人一人、幼児無料(朝食付き)
ミリッサの出会い
20140809SK_Mirissa beach1
同じく2歳児の息子を連れて旅行している韓国人家族と出会いました。
幼稚園に入る前の時間がある今、子供に広い世界を見せたいと、会社を辞めて世界一周旅行をするファミリー。彼らとの会話の中で、
「子連れ旅行って、本当に大変。移動は、ベニーカーと100kg近い荷物背負ってる(苦笑)。
でも、子連れでしか味わえない多くの感動と、たくさんの出会いがあるから旅を続けられる。」
彼らは、子供の予防接種や病気の度に、韓国へ戻ることもあるけれど、約1年かけてアジア→オセアニア→中東→ヨーロッパ諸国→カナダを旅するらしい。
引き続き楽しい旅行を続けながら、リヨンへも是非立ち寄って欲しい!
フィッシャーマン
20140809SK_Fisher man
スリランカ南部にはフィッシャーマン(伝統漁をしている漁師)がいるとの噂を聞いて、現地の人に場所を訪ねるが聞く人聞く人違う答え…。探す時間もないし、少し心残りになりながらミリッサからゴールの移動を海岸沿いが見えるローカルバスにしたところ、車内から発見!(写真では遠すぎて見えず)
ただし、ローカルバスは、ヤンキー兄ちゃんが ものすごい勢いで運転してるので、ゆったり車窓の風景を眺めている余裕はあまりないです。

○ヤーラ国立公園/Yala National Park
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%A9%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%85%AC%E5%9C%92
20140809SK_Yala National Park
(同じツアーの人から送っていただいた写真)
動物は、少し遠くから眺めるようになるので、望遠レンズのあるカメラがあったら便利!園内はトイレなし。
スリランカ・ヒョウ、ゾウ、ハイイロオナガザル、水牛etc…に出会えます。
この日はラッキーで、滅多に遭遇できないというスリランカ・ヒョウを間近で2頭も見ることが出来ました!

#マータラ情報
途中経由したマータラの町では海岸沿いに公園があり(バスターミナルから徒歩2分)ましたが、かなり遊具は壊れていました。乗換えの合間に息子はひと遊び。
トイレは、バスターミナルにあり(きれいではありません)
20140809SK_Park Matara

●子連れでお勧めのホテル・その理由:
予算と条件:1泊の予算が3人で30-40euro、3歳以下は無料の宿を選びました。
また移動が公共交通機関だったため、駅やバス停/もしくは観光地からあまり離れすぎないところ。
予約方法:booking.comかagodaを利用。
http://www.booking.com/
http://www.agoda.com/ja-jp/

Fort Inn Guest House(ゴール)
住所:NO.31, Pedler Street, Fort, 80000 ガル
子連れだからお勧めというわけではありませんが、旧市街だったので、短い滞在時間で観光するのにとても便利でした。鉄道駅/バスターミナルからスリーウィーラーで5分程度。
お部屋が2階からなので、ベビーカーがある場合は玄関に置いておくか、畳んで階段で持ち運ぶしかない。宿泊料Rs.6500、(税込,朝食込)

Tithira Guest House(ミリッサ)
20140809SK_HTL Mirissa
住所:Rathnagiri,Udupila,Mirissa, 81740 Mirissa South
オーナーがとても親切!また訪れたい宿の一つです。ここで、ホエール・ウォッチングを手配しました。宿泊料 約US$30(税込)
20140809SK_Mirissa massage
ホテルの近所にあったマッサージ屋でおすすめ。全身マッサージ 1時間で約10ユーロ程度。

Tissa Resort(ティッサマハラマ)
住所:Debarawewa,Tissamaharama
オーナーがとても親切!子供がいて、息子がたくさん遊んでもらいました。ここも、また訪れたい宿の一つです。
お食事は、全食ホテルでお願いしました(アラカルトあり)。良心的な価格でとても美味しかったです。時間があれば、最低2泊はしたかった!宿泊料 約US$40(税込、朝食込)
マーティラからローカルバスで移動するなら、ティッサマハラマのバスターミナルへ着く前(新市街)に下車。
また、マーティラへ行く場合は、バスが混む為、ターミナルから乗った方が良い。

●子連れでお勧めのレストラン・その理由:
○コロンボ/Colombo
「フードパークURBAN KITCHE」
ビクトリア公園からスリーウィーラーで5分圏内にあるスーパーマーケットと隣接しています。
スリランカ料理に限らずアジアンフード。ツーリスト価格というわけではなく、美味しかったです。食事中に託児サービスあり。トイレあり。
20140809SK_Menu_URBAN KITCHEN
「Crescat Boulevardモールのフードコート」
https://www.facebook.com/CrescatBoulevard
フードコートなので、営業時間を気にしなくてよい。
タイ料理屋(持帰り可)とフルーツジュース屋は、オススメ。

「焼き鳥 日本橋」
スリランカ料理に飽きたら・・、ほっとする味。ハッピーアワーがあるので要チェック!「つくね鍋」がイチオシみたいです。
その他、中華なら「Moon River」、タイ料理なら「Siam House」コロンボ市内は、アジア料理が美味しく食べれます。
Moon River: http://www.yamu.lk/place/moon-river.html
Siam House: http://www.siamhouse.lk/Main-restaurant.html

○ゴール/Galle
「アイスクリーム屋 Dairy King」
20140809SK_Dairy King_Galle1
全て手作りアイスという日本のガイドブックにも載っている店、商売熱心な親切なおじさんがいました。
とにかく日中暑いので、観光の合間に休憩がてら!トイレあり。

○ミリッサ/Mirissa
I&I Restaurant
20140809SK_Mirissa restaurant
道路沿いにあるローカルフード店。子連れだけにおススメというわけじゃなく、多くの旅行者&地元客が利用していた。
ヨーロッパフード(ステーキやフライドポテト)からスリランカ料理(カレー)まであり、子供にも選びやすかった。何を食べても安くて美味しかった。フルーツジュースは毎食欠かせませんでした。トイレなし
20140809SK_Mirissa Kiyosk
キヨスク
I&I Restaurantの隣にあるキヨスク。町に観光案内所がないのかと尋ねたところ、このキヨスクだよと言われました。とにかく親切なお兄ちゃんがいます。

●その他:知っててお得情報
・ビザに関して
観光ビザ必要(2回入出国可.30日間滞在)
http://www.eta.gov.lk/slvisa/visainfo/center.jsp;jsessionid=Hgg8TMgh8D7h84HKt6l9JM2Z0YTS6F2hJ1gBWyzkLByT7WYJ6Kk6!-711060161?locale=ja_JP
※あらゆる国籍の12歳未満の子供は無料。(2014年3月現在)

・ベストシーズン
南西部が11月から4月、北東部が5月から10月頃
しかし、最近は雨季が早かったり遅かったりで年によって違うそうなので、あくまでも目安だそうです。
ちなみに滞在期間が雨季直前だった為、旅行直前に何度もスリランカの天気予報をチェックしていきましたが、全く当たらず晴れの日が多かったです^^;

・子供用品を買う場合
スーパーマーケット(Cargills Food Cityをよく見かけた)も地方に行っても大抵どこでもありました。スーパーがない場合はキヨスクがあり。

・病院
1)、スリランカで一番大きな病院。外科ならこちらへ(風邪などでも大丈夫です)
ランカホスピタル:Lanka Hospitals
http://www.lankahospitals.com/#

2)、北海道大学と交流のある病院。
ナワロカホスピタル:Nawaloka Hospitals
http://www.nawaloka.com/

3)、赤ちゃん・妊婦専門の病院。
ナインウェルスホスピタル:NINEWELLS HOSPITAL
http://www.ninewellshospital.com/
※医師は必ずガバメント・ホスピタルで働かなくていけないので、日中(9~16)時は上記プライベート・ホスピタルにはほとんど医師がいないそうです。
ちなみに現地に住む友人曰く、スリランカでは風邪や熱といえば、どの医師もパナドールを処方するそうです。パナドール(シロップもあります)は処方箋なくても薬局で購入可能。

・通貨
通貨単位はスリランカ・ルピー(Rs.)。1ユーロ=約Rs.170
※2014年3月の時点のレートです。

・移動
空港からのアクセス
コロンボ・バンダラナイケ国際空港→コロンボ市内へは、タクシー(だいたいRs.3000)かACバス(一人あたりRs.100)かローカルバス、スリーウィーラーがあります。
高速道路が出来て、道が混んでいなければタクシーで市内まで1時間弱で行けます。
バス(ローカルバスの車内風景)
20140809SK_Bus Mirissa
ローカルバスは、運転手の気質によるけれど、とにかく運転が粗いです。路線も多く頻繁に出ているし、何より安いですが、事故も多いようなのでオススメはしません。常に混んでいます。
子供料金なし。その代わり座席もないので、大きな荷物を持って乗車する場合も含め、座席を必要とする時は大人の料金がかかります。
ACバスは、少人数で快適。だいたい時間も正確だったように感じました。子供も大人と同様 1人料金がかかります。
スリーウィーラー
20140809SK_Toukutouku.jpg
コロンボでは、メーターのものもありますが(時々メーターが早く上がる場合は要注意!)、常に交渉が必要なので、相場の分からない旅行者には大変かもしれません。目安は、初乗り+1kmごとにRs.100増しのようです。

鉄道
スリランカの鉄道の旅はとてもオススメ!時間は多少ズレることもありますが、余裕をもってスケジュールを組んでいれば心配なし。料金は、大人と子供(2歳といったら大人の半額でした)。ただ、キャンディからヌワラ・エリアへ行く電車は、3等で子供も大人と同じ金額でした。
20140809SK_Train Sri Lank3
キャンディ〜コロンボ間
20140809_Sri Lank Train1
ゴール〜ミリッサ間
鉄道路線
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/スリランカの鉄道#/image/ファイル:Sri_Lanka_Railroads_Map.svg
時刻表
http://www.railway.gov.lk/web/index.php?lang=en
http://www.gic.gov.lk/gic/index.php?option=com_findnearest&task=train

・参考にさせていただいた現地旅行会社のサイト↓
○HIS スリランカ支店
http://travel-srilanka.jp/
○YASMEEN TRAVELS ヤスミン トラベルズ
http://tours.yasmeen.jp/
○SRIEKO HOLIDAYS (PVT) LTD
http://srieko.com/
○SUDATH TRAVELS スダッツトラベルズ
http://www.sudath-travels.com/
ガイドブックがなかったので旅程を立てるのに大変参考になりました。ありがとうございました。
現地発のツアー、移動(車の手配)、その他現地ならではの貴重な情報を得ることができました。

・「お土産」参考サイト↓
http://www.tour.ne.jp/blog/travelko/76300/
http://etours.jp/srilanka/archives/features/zakka
http://www.ab-road.net/asia/singapore/singapore/guide/02251.html?sc_root=bw0m0002
http://ameblo.jp/pulchra-aroma/entry-11245693031.html
上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

・参考になったHPの紹介(スリランカ)
http://travel-srilanka.jp/
上記の情報がとても参考になりました。ありがとうございました。

スリランカ北部編へつづく〜

アンケート「子連れ旅行体験談!(スリランカ北部/2014年)」

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:スリランカ&モルディブ
「スリランカ(北部)編」

●手配を頼んだ旅行会社:ザ・リッチモンド
http://www.therichmondhousekandy.com/jpn/
(一部の区間を車の手配とキャンディのホテルをお願いしました)

●行程・利用交通機関:
リヨン→スリランカ(南部)→モルディブ→スリランカ(北部)→日本
飛行機(所要時間)
リヨン⇔スリランカ(トルコair)イスタンブール乗換え、モルディブに1ストップで約16時間 
※直行便はありませんが、トルコでちょっと休憩でき、子連れにはちょうどよい時間帯でした。他にもエミレイツairが乗り継ぎ良かった(ドバイ乗換/約13時間)。
スリランカ⇔モルディブ(スリランカair) 乗換えなし/約1時間
※毎日3-4便あるので予定を立てやすかった。
スリランカ⇔日本(スリランカair) 乗換えなし/約9時間半

●旅行日数・時期:2014年3月下旬から4月上旬/約20日間

●連れていった子供の年齢(当時):2歳11ヶ月~3歳

●子連れでお勧めの観光地・その理由:「スリランカ(北部)」
13日目空港→ニゴンボ
14日目ニゴンボ→クルネーガラ経由→ダンブッラ
15日目ダンブッラ→シギリヤ→キャンディ
16日目キャンディ(ヌワラ・エリヤ日帰り)
17日目キャンディ(ピンナワラ日帰り)
18日目キャンディ→コロンボ
19日目コロンボ→空港へ
※バックパック旅行だったので、移動方法は一部の区間を車を手配する以外、ローカルバスや鉄道、スリーウィーラーを利用。

○ニゴンボ/Negombo
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%9C
20140809SK_Negombo1.jpg
浜辺で開かれる魚市場/Fish Marketの一帯は、子供も大人も見ごたえあり!
20140809SK_Negombo2.jpg
20140809SK_Negombo3.jpg
早い時間に行けば、海から揚がってきたばかりの魚を干している姿も見れる。
走り回る子供は、泥水にはまらないよう気を付けて!(うちの子はやり靴が魚臭くなりました・・)
移動:ニゴンボからACバスでクルネーガラのバスターミナルへ
クルネーガラからダンブッラは普通バスへ乗り換える。ちなみにクルネーガラのバスターミナルは大きいので、バスの乗り場を探すのに苦労した。(ニゴンボから車チャーターでも良かったかな)

○ダンブッラ/Dambulla
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%A9
20140809SK_Dambulla1.jpg
この町の見どころは「黄金寺院(世界遺産)」
20140809SK_Dambulla2.jpg
子供が見たところで、石窟寺院でたくさんの仏陀が見れるだけで何の面白味はないかもしれませんが、多くの地元小学生達が遠足で来て、息子がしきりに話しかけられていて、スリランカ人と交流を深めるチャンスでした。
野生のサルがいっぱいいるので、十分に気を付けて!(襲ってくる猿もいます)
20140809SK_Dambulla3.jpg

○シギリヤ/Sigiriya
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%83%A4
20140809SK_Sigiriya1.jpg
スリランカ観光のハイライトとも言える「シギリヤロック(世界遺産)」
前日に3歳の誕生日を迎えたばかりの息子に、果たして登れるのだろうかと心配していたけれど、途中休憩もいれつつ、登頂することが出来た!
息子にとって、最後まで一人で登りきったことは、大きな自信に繋がったようだ。
必要な物:帽子、水、タオル
今回はなかったが、時期によっては蜂が出るようなので気を付けてほしい。
ベビーカー:× 抱っこ紐:体力に自信があるなら・・大人が一人で登るのもキツイです。急な個所もあるのでおススメはしません。
20140809SK_Sigiriya2.jpg
途中の階段
20140809SK_Sigiriya lady
シギリヤ・レディ
20140809SK_Sigiriya3.jpg
頂上
20140809SK_Sigiriya map
地図

移動:ダンブッラからキャンディまで車をチャーター(ザ・リッチモンドhttp://www.therichmondhousekandy.com/jpn/
8時半出発→9時頃 シギリヤ観光→12時頃 ランチ「Udara Gajashakthi Restaurant」(シギリヤ近く)→ホテル「ヘリタンス・カンダラマ(建築家ジェフリー・バワ)」観光→スパイス&ハーブ・ガーデン観光→18時頃 キャンディ

ホテル「ヘリタンス・カンダラマ」
http://www.heritancehotels.com/kandalama/
20140809SK_Heritance Kandalama
建築家ジェフリー・バワが手掛けたホテルの一つ。せっかくなので寄り道してもらい連れて行ってもらいました。宿泊せず、お茶するだけでもok!
スパイス&ハーブ・ガーデン
20140809SK_herb garden
ドライバーさんがシギリヤとキャンディ間で立ち寄ってくれました。スリランカではここに限らず何か所かあるそうですが、たまたま日本語で説明してくださる方がいて、大変勉強になり興味深かったです。その間、子供はパパと待たされていて庭をグルグルまわっていました・・。
お土産ショップも併設されているので、帰りがけにお買い物もできます。

スリランカのスパイス&ハーブ特集
http://travel-srilanka.jp/special/herb.html

○キャンディ/Kandy
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3_(%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB)
キャンディ観光のメインは「仏歯寺」 (料:Rs.1000 ※カメラ撮影料込)
20140809SK_Temple of the Tooth Relic
行くなら、プージャ(仏への礼拝)の時間を事前にチェックして!仏歯寺では1日3回のお祈りの儀式が行われています。
プージャ時間のみ、聖なる仏歯のおさめられた部屋が開くそうです。
注意すること:服装と写真の撮り方

お疲れママにおススメなショップ↓
ハーバルショップ「Bowatte」
住所:144 Colombo St. Kandy (クイーンズ・ホテルから徒歩約5分)
色んな種類の天然ハーブオイルや石鹸等が置いてあるので必見!!
子供が使っても安心な製品も置いてあるので、お店の人にどんな物が欲しいかを伝えれば用意してくれます。

「○○(名前を忘れた)」
住所:Kandy City Centre, Dalada Veediya (クイーンズ・ホテルから徒歩約3分)
ショップの名前を忘れましたが、ガイドブックにある「ショップ・マー」も入っているショッピングセンター。
お土産に買っていきたくなる、おしゃれなコスメショップ。
キャンディ・シティ・センターの2階?スタッフの方が日本に留学していたという、日本語が上手なお兄さんでした。

○ヌワラ・エリヤ(キャンディから日帰り)
20140809SK_Nuwara Eliya
行きは電車(RS.400)を利用、駅から市内のバスターミナルへ バスを利用
帰りは、市内のバスターミナルから、ACバスを利用
20140809SK_Train_Nuwara Eliya
キャンディ駅からNanu Oya駅へは、電車で4時間。1~3等まで全席指定
※私たちは当日チケットを購入しましたが、1等は空席なし、2等以下でも隣席がなく、車内で席を交換してもらいました。当日だと乗れない可能性もあるので前日までに購入するのをおすすします。
電車の旅は、大変おすすめです!旅行者同士や現地の人と交流がもて、電車に乗っていた4時間はあっという間でした。
でも、片道4時間は長いので、時間があれば1泊2日にするか、キャンディからスリランカ南部へ抜けていくルートにするのも良いと思います。
帰りのバスはずっと山道だったので、車酔いする人には悲惨かも。。
ヌワラ・エリヤのお茶に関して↓
http://ocha.tv/varieties/blacktea_varieties/nuwaraeliya/
大小のお茶の工場があります。今回私たちが訪れたのは「MACKWOODS LABOOKELLIE」
スタッフが工場内を英語で説明してくれ、終わったら喫茶店?でお茶(無料)とケーキ(有料)が楽しめます。
もちろんお土産ショップも併設されているので、産地直送のお茶/オリジナル パッケージなど購入可能です。綺麗なトイレあり

○キャーガッラ/ピンナワラのゾウの孤児院(キャンディから日帰り)
20140809SK_Pinnawala Elephant Orphanage
象の孤児院に行くつもりが、もう一つのマキシムへ・・
20140809SK_Elephant 2
20140809SK_Elephant Safaris
象に乗れたり、象と水浴び体験をさせてもらえたりするので、子連れだったらおススメ(かな)。でも、あくまでもピンナワラのゾウの孤児院ではありません!事前にネットで調べて行ったはずなのに、キャーガッラのバス停で降りた後に乗ったスリーウィーラーのお兄ちゃんに、象に乗りたいか?の一言で連れて行かれました。
象ライディング中、スタッフのおじさんにカメラを渡せば写真もバシバシ撮ってくれるので、家族3人一緒に乗ることが出来ました! ・・がスタッフ(水浴びの)によっては、「もっとチップ」と必要以上に言ってくる者もいます。高い入場料と心づけを渡しているのだから、あとははっきり断って良いと思う
20140809SK_Elephant.jpg
結局、最初の目的地だったピンナワラのゾウの孤児院に行きたくて移動。(2-3km離れています)
象が園から川へ水浴びに行く移動中(道路を横切る時間がある)見かけた、「象が横断する!」のサイン。

#キャンディからコロンボへ移動
鉄道を利用。一日に何本かあり便利です。キャンディ発の時刻表↓
20140809SK_Time table2_Kandi

●子連れでお勧めのホテル・その理由:
Sundaras Resort(ダンブッラ)   
20140809SK_HTL Dambulla
住所:189 Kandy Road, 21100 ダンブッラ
黄金寺院から徒歩5分と立地がよく、レセプションの人も親切、お部屋も清潔でした。宿泊料 約US$45(税込、朝食込)
お食事は朝食付き、夕食もホテルのレストランでとれ、美味しかったです。(あまり何もない所ですが、ホテル周辺にもゲストハウス兼レストランもあり)

The Richmond (キャンディ)
20140809SK_HTL The Richmond1
住所:195/56, RIchmond Hill Place, Heerassagala, Kandy, Sri Lanka 
TEL&FAX:+94-81-2218495 
E-mail:info@therichmondhousekandy.com(日本語可)
http://www.therichmondhousekandy.com/jpn/

以前スリランカを旅行したことのある友人の勧めで宿泊しました。オーナーご家族が日本に住んでいたことがあり日本語も上手で、大変親切にしていただきました。
車をチャーターした際、ドライバーのお兄さんがホテルのスタッフもしていたので、息子が懐き大変お世話になりました。
ホテルの場所が丘の上でお部屋からの景色がとても良かったです。朝も夜もホテルでお食事を頂き(ビュッフェ)、とても美味しかったです。

●子連れでお勧めのレストラン・その理由:
○キャンディ/Kandy
「devon Restaurant (Pvt)Ltd.」
ビュッフェなので、好きなものが選べる。トイレは同じ階にある隣のレストランにあり。
子供の遊ぶスペースが隣接されています。
20140809SK_Food cort_Kandi

●その他:
・持っていくと良い物
トイレットペーパー (現地購入可)
おむつ (現地購入可だが、割高なのでスーツケースに余裕があれば)
お尻ふき/お手拭き
紙/プラスティック コップ (とにかく暑いので水分補給は怠らず。ボトルの水を分けるときにあったら便利だった)
使い捨てのスプーンやフォーク (大抵のレストランでは出てくるが、地方だとなかったり、汚かったりする)
意外だったのが、多くの人が日傘(普通の傘だったけれど)を差していたこと。
無いようなら、帽子とサングラスは必須。
日頃の子育ての疲れを癒すため「アーユルヴェーダ」も体験してきてください♪
「アーユルヴェーダ」って何? http://travel-srilanka.jp/contents/027.html

モルディブ編へつづく〜

アンケート「子連れ旅行体験談!(モルディブ/2014年)」

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:スリランカ&モルディブ
「モルディブ編」

●手配を頼んだ旅行会社:
現地手配で、各種オプショナルツアー

●行程・利用交通機関:
リヨン→スリランカ(南部)→モルディブ→スリランカ(北部)→日本
飛行機(所要時間と予算)
今回は、スリランカより往復(乗換えなし/約1時間)しましたが、
リヨン⇔モルディブ(マレ)は、トルコair イスタンブール乗換/約14時間、エミレイツair ドバイ乗換/約13-14時間もあり。

●旅行日数・時期:2014年3月下旬から4月上旬/20日間

●連れていった子供の年齢(当時):2歳11ヶ月~3歳

●子連れでお勧めの観光地・その理由:「モルディブ」
8日目 コロンボ・バンダラナイケ国際空港→マレ国際空港(モルディブ)/マレ市内→マーフシ島
9~12日目 マーフシ島&オプショナルツアー
13日目 マーフシ島→マレ市内/マレ国際空港(モルディブ)→コロンボ・バンダラナイケ国際空港
まずは島選び!!
今回は、家族で手軽に宿泊出来てモルディブの海を楽しもう!をテーマにローカル島「Maafushi/マーフシ」を選びましたが、ガイドブックによると子連れにやさしいリゾート(子供料金が無料/割引、キッズクラブが充実/クリニックの設備が充実など)もあるそうです。
例えば、「センターラ・グランド・アイランド・リゾート&スパ・モルディブ」などガイドブックやこちらのサイト(http://www.oceanmate.co.jp/maldive/md_family.htm)をご参照ください。

○マレ島の市内観光
・フィッシュマーケット
20140809SK_Fishmarket2.jpg
見ごたえあります!住んでいたら毎日通いたくなる市場です。
この市場の2階で食事ができ、ローカル席(ACなし)とVIP室(ACあり、やたら暗い)があり、私たちは外国人だったからかVIP室に通されました。
20140809SK_Male_vegetable market
野菜市場
・マーレ島東岸にある人工ビーチエリアにある遊び場
20140809SK_Male_Beach.jpg
20140809SK_Male_Parc1.jpg
マレ市内で時間があれば立ち寄るのも良し。桟橋から徒歩6-8分?
暑いので午前中がよいでしょう。遊び場の横にカフェ&レストラン(BREAKWATER)があります。リゾート価格ですが美味しかったです。トイレあり
20140809SK_Male parc2
マーレ市内の空港行きの船乗り場の横にあった公園

○マーフシ島
モルディブの中でも地元民も住んでいるローカル島。他の島に比べ、物価は安いようです。
20140809SK_Maafushi_beach.jpg
外国人ビーチ
モルディブはイスラム教徒の国なので、地元の人の前では肌の露出は控える必要があります。
このビーチも、水着で入れるのは外国人だけ(無料)。外から見えないようになっています。
ちなみに、地元の人は、ここと反対側のビーチで沐浴している姿を見かけました。
20140809SK_Maldives_isu.jpg
島の至る所で見かけた椅子。日中は暑いですが、夜になるとお散歩している人が多く、この椅子で寝転びながらお喋りを楽しく姿を多く目にしました。子供用サイズも発見!

●子連れでお勧めのホテル・その理由:
「Narnia Maldives」
スタッフの方が皆さん大変親切でイケメン揃い(笑)、子供にも優しいお兄さんばかりでした。
お部屋の前のスペース(レセプション&レストラン)が一面砂浜なので、砂場感覚で子供は喜んでいました。
息子がいつも部屋を砂まみれにしていたのですが、嫌な顔せず、綺麗に片づけてくれました。
オプショナル申込みは、子供の体調も考慮し、当日の朝(8時まで)にお願いしたのですが、快く対応してくれました。(本来は前日までに申込む必要あり)
宿泊料 約US$110/1泊(税込,朝食込)
20140809SK_Narnia Maldives_room

●子連れでお勧めのレストラン・その理由:
「Rehendhi」
マーフシ島の海辺沿いにあるオープンカフェ・レストランです。(予算/US$15-20)
他にもホテルに併設されているレストランも何カ所か利用しましたが、立地/価格的にも1番オススメです。
20140809SK_Maafushi_sunset.jpg
サンセットの時間帯が、空がピンク色に染まり、とても美しいです。子連れのお客さんも多く、食事を待つ飽きた子供たちが、砂浜で一緒に遊べて良かったです。

●その他:
・持っていくと良い物
お砂場道具(あったら喜ぶ。マーフシ島の場合は、現地でも購入可)
シュノーケリング セット(ホテルでも大抵貸出ししています/有料)
水着とラッシュガード (とにかく日差しが強いので大人も子供も必須!)
洗濯物干し(水着を何枚も持っていっても良いですが、ちょっと干しておけば半日で乾きます)
あと、気を付けていても日焼けするので、子供の肌を守るためにも日焼け止めと保湿ジェル/クリームはお忘れなく!

・ビザに関して
事前にビザを取得する必要はありません。モルディブ到着の際に下記の条件を満たす全ての誠実な渡航者へ、最大30日間有効の無料の観光ビザが発給されます。
http://www.maldivesembassy.jp/jpn/cat_006/34

・マレ国際空港からマーフシ島への行き方
マレ国際空港に到着したら空港を出てすぐ目の前にあるスピードボート(US$ 1)に乗ってマレ島へ移動します。
20140809_Ferry Maldive
(マレ国際空港とマレ島は少し離れています)
到着後、桟橋からマーフシ島行きの桟橋ヘ移動。歩いていけないこともないですが(徒歩なら大人の足で30分程度)、荷物もあるのでタクシー(US$ 8程度)をおすすめします。現地通貨でも米ドルでも支払可。
マーフシ島行きのローカルフェリーはMVR53、一日一便15時のみですので乗り遅れないよう注意してください。所要時間/1時間半
チケットオフィスで頼めば無料で荷物を預かってくれます。トイレあり。
20140809SK_Timetable_Maafushi.jpg
船内にはスナックや飲み物も少々売られており、トイレもありました。
私が乗った時は、それほど揺れませんでしたが、乗り物酔いしやすい方は酔い止めを飲んだ方がいいかも。

・通貨
モルディブ・ルフィアRf(Maldives Rufiyaa)とラーリLa(Laari)ですが、スーパー、タクシーでも大抵どこでもUSドルで支払いが出来ます。

・日帰りオプショナルツアー
宿泊しているホテルでオーガナイズしています。料金は、ホテルによって異なるらしい。
以下の料金は大人二人参加の場合の一人当たり ※乳幼児無料。料金が集まる人数によって異なります。
ピクニック・アイランド US$55+ランチ(US$10)+入島料(US$11) 
リゾート・アイランド(3星クラス)US$55+入島料(US$25) ランチは島内でUS$10程度で食べれました。
※リゾート・アイランドも色々ありますが、三ツ星クラスの島だと、だいたいUS$50~55+入島料(US$25~30) 
今回行きませんでしたが、ドルフィン・サファリ(US$55)+、フィッシング(US$55)+、スノーケリングツアー、ダイビングなどもあります。
ホテルで出会ったバングラデシュ人の家族に勧められ参加したピクニック・アイランドツアーは、海も遠浅で、お魚が足元を泳いでいて子供がとても喜んでいました。
20140809SK_Piquenique island
ピクニック・アイランドの海(天国??)
20140809SK_Piquenique island_Lunch
ランチのバーベキュー(これで 一人US$10)

・参考になったHPの紹介
http://maafushi.blog.fc2.com/
http://kitagawa.ws/maldivesmale/
上記のブログ情報がとても参考になりました。ありがとうございました。
そして、旅行の相談にのってきれた友人OMさん、現地でお世話になったSさんファミリー、旅行中に出会った多くの方々のお陰で楽しい旅行が出来ました。この場を借りて御礼申し上げます。

スリランカ南部/北部編もあります〜

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:Auvergne地方/2014年)」‏‏

●ハンドル名: Kさん

●旅行先: フランス国内 / Auvergne地方 (Saint-Pourcain Sur-Siouleを拠点)

●手配を頼んだ旅行会社: なし

●行程・利用交通機関: 自家用車

●旅行日数・時期: 7泊8日・ 7月下旬
今年は冷夏だったせいか、7月下旬でしたが、朝晩は涼しいくらいでした。
晴れていれば、屋外のプールにも入れる程度(水は冷たく感じる)ですが、曇/雨だったりすると、セーターを着てもいいくらい。外出の際に、雨具が必要!!

●連れていった子供の年齢(当時): 3歳3ヶ月

●子連れでお勧めのホテル・その理由:
Saint-Pourcain Sur-Siouleに宿泊
(住所: saint pourcain sur sioule 4 rue charles louis philippe)
リヨンから車で約2時間半。
義両親の結婚40年のお祝いに、家族で集まりました。
Gîtes de Franceという、週単位(土曜から土曜)で、個人の別荘などを貸しているサイトを利用し宿泊先を決めました。
大きなお家で、リビング・ダイニング、バス・トイレの他に、寝室4部屋、広いお庭もあり、サッカー(=ゴール)やバドミントン(=ネット)が出来て、バーベキューセット、屋外プール、サウナ、卓球台がありました。
宿泊費には、一通りの家具、調理器具、ベビーチェア、ドライヤーなどは付いていますが、ベッドのシーツやタオル、シャンプー/石鹸/トイレットペーパーといった物は含まれていません。必要な場合は自分で持っていくか、借りる場合は別途料金がかかります。(※電気料は別)
こういう所を数家族かで一緒に借りるのも楽しいと思います!!
Gîtes de Franceのオフィシャル サイトはこちら↓
http://www.gites-de-france-ardeche.com/fr/

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
特に下調べせずいったので、最初に各町の観光局で情報収集。
Saint-Pourcain Sur-Siouleの宿泊先から、どこも30分圏内の観光地や公園/遊び場を訪れました。下記の情報の一部は、行かなかったところもありますが、観光局でもらったパンフレットのうち子供も楽しめそうな所を紹介します。
(1)Saint-Pourcain Sur-Sioule
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule
・町の公園(キャンプ場併設)
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule_Parc (1)
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule_Parc (2)
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule_Parc (3)
遊具、ミニ ゴルフ、自転車(KART, ROSALIE)やポニーを楽しめます。
宿泊している所から車で3分くらい。
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule_Parc Location1
Kart /30分 :1人 3ユーロ、2人 5ユーロ
Rosalie(大人2+子供2)/30分 : 6ユーロ、1時間 10ユーロ
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule_Parc mini golf
ミニゴルフ/ 大人 2.5ユーロ、子供(6-12歳) 2ユーロ、6歳以下 無料
20140803Saint-Pourcain Sur-Sioule_Poney
ポニー / 広場を一周回る程度(10分くらい) 3歳でも乗せてくれました。
http://www.eperondeverneuil.com/
Saint-Pourcain Sur-Siouleの街は大きくありませんが、教会など観光出来る見所あり。また今週末に自転車の大会があるそうで、町中 自転車のデコレーション♫
20140803Velo (1)
20140803Velo (2)

(2)Vichy市内と近郊
・プチ トラン (市内)
20140803Vichy ptiit train
どこの街でも子供に人気!街の見所を35分で見て回れるので便利です。料金: 大人 8ユーロ、子供 4ユーロ
・Le hall des Sources
20140803Le hall des sources1
20140803Le hall des sources2
温泉が湧き出ています。ちなみに飲む温泉です。処方箋がないと、飲めるのはCelestins(一種類)のみ。
空のペットボトルを持っていくと無料で持ち帰れます。
・公園 Parc Napoléon III
20140803Vichy_Parc3.jpg
20140803Vichy_parc.jpg
20140803Vichy_Parc mini golf
ミニゴルフ
20140803Vichy_expositopn.jpg
カジノの横の建物/ その日にやってたやっていた気球のエクスポジッション(無料)

(3)Gannet近辺
・VELORAIL de la Sioule
http://www.veloraildelasioule.com
20140803VELORAIL de la Sioule
子供は楽しんでいましたが、片道10km(往復20km)を炎天下の下、自転車こぐので大人は汗だくです・・
交代要員もいれ3-4人の大人が1台に乗ったほうがよいですね。帽子と飲み物はお忘れなく。出発地点にトイレあり。
・PALE POLIS
http://www.paleopolis-parc.com
恐竜好きなら
・Labyrinthe des Remparts
http://balado.planet.fr/idee-balade/auvergne/allier/labyrinthe-des-remparts/idb/6530
20140803Labyrinthe des Remparts (1)
トウモロコシの迷路。子供の対象年齢は特にないようですが、1時間近く歩いてくれる子供じゃないとキビシイかと思います。ベビーカー×。今回は、下見も兼ねて息子はおじいちゃん、おばあちゃんに預けて行きましたが、大人3人で30分ちょっとかかりました。(とにかく迷路なので2人は一緒にいた方がよい。)本気で遊べて楽しかったです。毎年違う形の迷路になっていて、リピーターも多いそうです。
20140803Labyrinthe des Remparts (2)
20140803Labyrinthe des Remparts (4)
持って行くと良いもの:帽子、飲み物  料金:一人2ユーロ
20140803Labyrinthe des Remparts (3)
受付の横に休憩スペース。チッピリ遊び場あり。飲み物買えます。
(3)LAPALISSE
http://www.lapalisse-tourisme.com
20140803Chateau de la palice
リヨンからの途中で立ち寄りました。Château de La Palice(ガイド付き/有料)と広大なお庭(無料)。
20140803Chateau de la palice train
お庭で古い電車を発見!喜ぶ息子。
20140803Lapal parc
お城が見える公園でひと遊び。(城から徒歩5分くらい)

(4)Charroux
http://www.charroux.com
フランスで一番美しい村とガイドブックにあったので行ってみました。村中にかわいいアルティザナがいっぱい。
20140803Charroux_Tokei.jpg
Maison des Horiloges (無料)
20140803Charroux_parc.jpg
村の入り口に小さな公園あり。(公衆トイレあり)
Charrouxから近かったので、Château de la Motheにも寄ってみました
20140803Chateau de la Mothe1
お城に入らなくても、すぐ手前の庭園まで無料で入れます。ピクニック出来そう。
20140803Chateau de la Mothe_parc
お城の後ろに公園?ちょっとした遊具あり。(一部壊れていたので要注意)

(5)
La Maison Aquarium (Jaligny sur besbre)
http://www.aquarium-valdebesbre.fr
Stade Aquatique (Bellerive-sur-Allier)
プールやサウナ、ジムナスティックあり。天気が悪くても心配なし!
http://www.stade-aquatique-vva.fr

(6)Saint-Pourçain-sur-Besbre
Le PAL (遊園地)
http://www.lepal.com/
今回は行きませんでしたが、行ってみたいところ。すごく近いわけではありませんが、リヨンよりかは近いので。(1m以下の子供は無料)
(7)Clermont ferrand
「Vulcania」
http://www.vulcania.com/
20140803Vulcania_Vulcania (1)
最終日、Clermont ferrand経由でリヨンへ帰りました。Saint-Pourcain Sur-Siouleから車で約1時間強(その途中でVolvicもあり)です。リヨンからだと高速を利用して約2時間。
20140803Vulcania_espace enfant (1)
20140803Vulcania_espace enfant (2)
20140803Vulcania_espace enfant (3)
20140803Vulcania_espace enfant (4)
火山についてのテーマパークで、家族連れが多かったです。大人も楽しめますが、子供向けには屋外の遊具、トラン?、屋内の遊び場やスペクタクルがありました。
20140803Vulcania_parc (1)
20140803Vulcania_parc (2)
20140803Vulcania_parc (3)
20140803Vulcania_train.jpg
●子連れでお勧めのレストラン:
・TRAITEUR DUMONT
41 Boulevard Ledru-Rollin, 03500 SAINT POURCAIN SUR SIOULE
http://www.payssaintpourcinois.fr/fr/Etablishment/537/TRAITEUR-DUMONT-AUX-PRODUITS-REGIONAUX-ST-POURCAIN
レストランではありませんが、Saint-Pourcain Sur-Sioule内のお肉屋さん。お惣菜やチーズ、ワイン、その他 お土産になりそうなのも売ってました。
・Salon de The et Cafe [Olimpia]
息子がお腹を空かせていたので、待たずに食べれて、場所も施設「Le hall des Sources」の前で便利でした。
お店の人も、孫が同じ年くらいと言っててとても親切で、トイレも綺麗でした。
・カフェテリア Le Bungalow
20140803Vichy_cafe.jpg
川沿いで木陰もあり気持ちよかったです。スムージーがおすすめ。

●その他
雨の日に最適!
「Kizou Aventures」
住所:Avenue de la Croix Saint-Martin,03200 Vichy
電話:04 70 32 70 17
HP: http://www.kizouaventures.fr/accueil.html
20140803Vichy_Kizou (2)
20140803Vichy_Kizou (6)
20140803Vichy_Kizou (3)
Vichy市内にあります。子供1名(3歳)+大人4名で、時間制限なしで10ユーロとお得で子供も大満足!
4歳?以上の子供の場合、1時間あたり、子供一人に対し7.5ユーロです。


観光局でゲットして!
・Pass' Allen (Musseなどの割引あり)
http://www.allier-auvergne-tourisme.com
・Summer tour (夏限定! レジャー施設の入場料など割引あり)
http://www.allier-auvergne-tourisme.com/activites/allier-summer-tour-2014/actualite-chequier-allier-summer-tour-5278-1.html
・Reflets d'Allier
http://m.allier.fr
イベント情報が載っています。
・一般的な観光情報は、以下の冊子から。
[Visites & Loisirs], [Goûtez l’Allier],[Guide Touristique]
http://www.bienvenue-a-la-ferme.com/allier
http://www.loisirsetculture03.fr
http://www.cc-donjonvallibre.fr
夏のお祭り情報!
FESTIVAL VITICOLE ET GOURMAND EN PAYS SAINT-POURCINOIS
日にち: Du 14 au 24 août 2014
開催場所:SAINT-POURÇAIN-SUR-SIOULE
詳しくはこちらを↓
​http://www.allier-auvergne-tourisme.com/festivals-manifestations/terroir-et-artisanat/festival-viticole-et-gourmand-en-pays-saint-pourcinois-533-1.html

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:アヌシー、シャモニー/2014年)」‏‏

●ハンドル名: SAさん

●旅行先: アヌシー、シャモニー

●手配を頼んだ旅行会社: なし

●行程・利用交通機関
週末を利用し、お友達と自家用車で旅行しました。

1日目:午前中に、リヨン→アヌシー (高速を利用し2時間弱)
目的は、アヌシーに住む、チーズのスペシャリスト今井さんに会うこと。
到着後は、まず観光局へ。日本語の冊子あり。(トイレあり)
ランチは、Champ de Marsの辺りでピクニック。ここは、遊具が充実していて、子供達も大喜びでした。また白鳥を見たりと楽しい一時を過ごしました。
昼食後、午後はアヌシー湖のクルーズ、旧市街を散策。
クルーズは、1時間で子供達も大はしゃぎでした。
旧市街では小さな公園をみつけて、子供を遊ばせる。

2日目:アヌシーを拠点にという事以外、ノープランだったので、2時間でいけるシャモニーへ行くことにした。
帰りは、シャモニ→リヨン (高速で約2時間)

●旅行日数・時期
2014年7月中旬~下旬 (時々雨)

●連れていった子供の年齢(当時) :3歳6ヶ月、6歳1ヶ月

●子連れでお勧めの観光地・その理由
1、アヌシー (ベビーカー不向き)
*アヌシー湖のクルーズ
http://www.annecy-croisieres.com/
料金:大人14ユーロ、子供9.5ユーロ(3歳以下は無料) ※無料でもカードをもらう必要があります!もらわないと再びチケット売り場に並ぶ羽目になります。
*Champ de Marsの遊具のある公園
*旧市街
子連れに関わらず、美しい町なので、夜の散歩が楽しいです。
アイスクリーム屋が多いので、おやつがわりに!

2、シャモニー (ベビーカー:市内だけならいいけれど、山へ行くなら×)
*L'Aiguille du Midi
http://www.chamonix.com/aiguille-du-midi,80,fr.html
20140729SA_Chamonix.jpg
観光局
「モンタンヴェール登山鉄道」に乗る! (息子たちは大興奮でした)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%89%84%E9%81%93
20140729SA_Chamonix train1
登山鉄道から、今度はロープウェイに乗り換え、降りたところから300段以上の地獄の階段。しかも金網で下が見えるので恐ろしく、子供の手は離せません(高所恐怖症の人は無理かも・・)。ちなみに6歳の息子は疲れたくらいで歩きましたが、3歳の息子は抱っこでした。
20140729SA_Chamonix3.jpg
登山列車のすぐそばにあるロープウェイ
20140729SA_Chamonix4.jpg
ロープウェイを降りたところから氷山トンネルへ続く下り階段
メール・ド・グラス(氷河トンネル)に到着。トンネルの中には氷で作った家具(テーブル、椅子)や熊の氷像がありました。
20140729SA_Chamonix5.jpg
トンネルの真ん中にじゅうたんがあるので、滑りはしません。(長靴不要)
料金は、家族(大人2、子供2)82.5ユーロ、大人 27.5ユーロ、子供 23.5ユーロ(4-15歳)
*電車のオブジェ
登山列車の終着駅にあります。オブジェといっても、乗れるので、子供たちが順番待ちでにぎわっていました。
20140729SA_Chamonix train station
終着駅
*Luge de Chamonix (遊園地)
http://www.chamonixparc.com/index.php/fr/ete.html
20140729SA_Luge de Chamonix 
滑り台(Toboggans)に、とにかく子供たちが大喜びでした!  (トイレあり)

●お勧めのレストラン
アヌシー旧市街 「Le Freti」
http://www.lefreti.com/
20140729SA_Raclette.jpg
19時に開店でしたが、その前から並んで満席でした。チーズフォンデュが美味しかったです!

●その他
*7月(夏)でしたが、今年は雨の日が多く、例年い比べ涼しい方だったと思うので、
子供の服装は、長袖下着+ロンT+トレーナーで、暑かったら脱がせるくらいでちょうど良かったです。特に、朝晩は冷えました。
シャモニーの山の上は、冬のコート持参。スニーカーで十分。
山なので、気候の変化が激しいです。
*私たちはシャモニーに宿泊しませんでしたが、シャモニ-周辺宿泊者専用ゲストカ-ド「La carte d'Hotel」をもらえるそうです。利用方法は、こちらを参照↓
hhttp://www.ab-road.net/europe/france/chamonix/guide/06178.html

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:Perouges/2014年)」

●ハンドル名:Kさん

●旅行先:Perouges

●国名・都市・地方名:フランス国内/ Perouges

●行程・利用交通機関:日帰り/リヨンから車で片道約30分(高速を利用)

●旅行日数・時期:2014年6月

●連れていった子供の年齢(当時):3歳2ヶ月

●子連れでお勧めの観光地・その理由:
車でリヨンから日帰り出来るところ。
Perougesの村自体は小さく公園もないし、子供は楽しくないかもしれませんが、Grand Parc Miribel Jonageなどと合わせて行くと良いかと思います。
私たちは、午前中にThilの「Cueillette de Fraisochamp」農園へ行き野菜・果物狩り。お昼は、農園から車で約5分の「Grand Parc Miribel Jonage」へ立寄りピクニックをし、午後 サクッとPerougesの村を観光&ガレッドを食べて帰りました。(公園からPerougesは、車で約40分)

Perougesの観光局サイト↓
http://www.perouges.org
20140823Perouges.jpg
中世の面影をそのまま残す、石造りの小さく可愛らしい村。映画「三銃士」をはじめ、数々の時代劇・映画のロケ地となっているそうです。
20140823Perouges_Map.jpg
20140823Perouges_Office Tourisme
村に入る手前に、観光局があります。すぐ横の建物にきれいなトイレあり。
20140823Perouges_view.jpg
20140823Perouges_view2.jpg
村の中は、ゴツンゴツンの石畳の道なので、ベビーカーは不便。抱っこ紐を持って行くか、歩ける年齢の子供なら歩いてもらわないと大変です。
20140823Perouges_Tabacs.jpg
ハガキやお土産を買うならTABAC (外観も可愛い!)
20140823Perouges_Galette.jpg
ガレットが有名。
20140823Perouges_Galette2.jpg

アンケート「子連れ旅行体験談!(スイス/2014年)」

●ハンドル名:AIさん

●旅行先
グリンデルワルト(スイス)

●手配を頼んだ旅行会社
なし

●行程・利用交通機関
マイカー移動
リヨン→グリンデルワルト(約400km、1時間に1回休憩を入れながら約6時間)

●旅行日数
2014年5月下旬 3泊4日

●連れて行った子供の年齢(当時)
2歳11か月
ベビーカーで行動

●子連れでお勧めの観光地・その理由
子連れでもしやすいハイキングがオススメです。
日本語観光案内所で相談して子連れで可能なハイキングコースを楽しみました。
1.クライネシャイデック
グリンデルワルトからクライネシャイデックまでは電車で。
DSC03834.jpg
クライネシャイデック展望台ではまだ雪が沢山残っていたので、思いがけず雪遊びができました。
DSC03815.jpg
下山時、途中下車してブランデック(Brandegg)から下山ハイキング。
下車してすぐに滑り台があったので、早速子供は遊びます。
DSC03837.jpg
所々で牛や羊、ヤギに出会えます。
柵の鉄線には電気が流れているのでご注意を。
DSC03861.jpg
2.フィルスト
ロープウエイを乗り継いで展望台へ。
DSC03904.jpg
下山時、途中のボルト(Bort)で下車しました。
下車してすぐに子供が喜ぶ遊具エリア。
滑り台にブランコ、雪解け水?での水遊び。充実しており子供はご機嫌でした。
雪渓にお花畑という絶景のロケーションで大人も満足です。
DSC03921.jpg
舗装されているハイキングコースだったので歩きやすかったです。
子供は歩いたり、ベビーカーに乗ったり。
斜度が少しきつい所もありましたが、ベビーカーで下山できました。
背負子があるならその方が楽かもしれません。
DSC03938.jpg
3.メンリッヘン
雪渓を横目にローブウェイで登ります。
ロープウェイの下を見るとかわいいマーモットの姿を見つけられました。
快晴ならば雄大な山々が見れるそうです。
あいにくの曇りでしたが、子供は雪に触れて満足してました。
DSC04021.jpg
●その他
1.スイスの高速で利用したサービスエリアでは、レストラン内に子供向け遊具があったので、
 移動で退屈してる子供にはリフレッシュできる場となりありがたかったです。

2.子連れでも良かったレストラン
〇ホテル・グラシエ/Hotel Glacier
日本語観光案内所で紹介してもらったスイス料理のレストラン。
チーズフォンデュやラクレットなど、どれも美味しかったです。
テラスからは名峰アイガーが臨めます。
子供にはぬり絵と色鉛筆を貸してくれました。

〇ホテル・シュピンネ/Hotel spinne
「Marcato」というイタリア料理レストラン。テラス席、室内と席数が多く広いレストラン。
子連れ客が多かったので気楽に過ごせました。サラダ、パスタ、どれも美味しかったです。

3.今回は利用しませんでしたが、グリンデルワルト駅前に遊具が設置された公園やメインストリートの中ほどにミニゴルフ場などもあるようです。

4.物価は高いですが衛生面や交通の利便性、食べ物の美味しさなどどれも水準が高く、
子連れでも快適・安心に過ごせました。


●参考になったHP
○日本語観光案内所
http://www.jibswiss.com/
案内所ではレストランの相談、予約、ミール券の購入やハイキングコースの相談で利用しました。
日本人の方が親切に対応してくれました。