BCGの予防接種

Q, BCGの予防接種、どうしていますか?また、いつ頃に?

A, フランスは任意です。既に国内での製造はしていないと小児科の先生より伺いました。
数は不足していますが、親の母国がまだ結核あるなどの場合乳幼児は優先で無料で受けられます!

リヨンではPMIではなく、ワクチンセンターcentre de vaccinでしか取り扱っていません、直接電話して予約をします。
他のワクチンのように、自分で薬局で買うのではなく、センターで一括管理してるようです。

私の子供は6か月くらいの時にしました。
(友人の子どもは、日本に一時帰国のタイミングで接種したと聞きました。)
電話をしてから、2ヶ月先の予約しか取れないことは普通のようなので、早めに予約した方がいいでしょう。

リヨンだと、7区のギロチエにセンターがあります↓
http://www.cdhs.fr/qui-sommes-nous/les-centres-de-sante-et-de-prevention/13-generalite/liens/45-centre-de-lyon

また政府のサイト見たところ、地方によっては医者やPMIが担当してるようですね。
Mairieにお問い合わせとありました。
https://www.service-public.fr/particuliers/vosdroits/F700


厚生労働省のHPより、結核とBCGワクチンに関するQ&A
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/bcg/
 

その他の子どもの予防接種に関して、 参考まで。
http://lyondemaman.com/enfant/maladie/vaccins/

(情報提供:SEさん 2016年6月)

コメントを残す