リヨンのオークション会場

リヨン6区、ブロトー旧駅舎(大きい時計がある綺麗な建物)は、普段はオークション会場として使われていますが、文化遺産の日は誰でも入る事が出来ます。

ちょうど当時は、本物の恐竜の骨がオークションにかけられていたので展示されてあったり、ネズミのホルマリン漬けや、動物の剥製が多数。
不気味過ぎたけど、1つ笑えるのもありました。

 HÔTEL DES VENTES DE LYON-BROTTEAUX (2)

 
 

 

 

 

 

 

HÔTEL DES VENTES DE LYON-BROTTEAUX
住所:13 Bis Place Jules Ferry, 69006 Lyon
(アクセス 地下鉄B線Brotteaux下車1分)

(情報提供:TSさん 2016年9月)

ヨーロッパ文化遺産の日とは?
毎年9月の第3週の週末は「ヨーロッパ文化遺産の日」として、フランス各地の国の美術館や博物館などが無料で入れたり、普段入れない国の建物(Hôtel de villeなど)も一般公開されます。

夏の避暑地に「Les 2 Alps」

この夏に2歳になる息子を連れ、家族3人で1週間行ってきました!
現地では、子供向けのアニメーションもあり、充実した滞在ができます。

冬はスキー場、夏は家族で遊ぶ場所がいっぱいあってオススメ!車で町を出ればアルプスの大自然が広がっています。

「Les 2 Alps」
http://www.les2alpes.com/fr

リヨンから車で約2時間半、GRENOBLE方面へ。

GRENOBLEから↓
Prendre l'autoroute jusqu'à Grenoble : sortie Briançon, Vizille Sortie N°8.
Puis prendre la RD1091 direction Briançon via Le Bourg d'Oisans.
Au barrage du Chambon, tourner à droite et monter par la D213.

(情報提供:GTさん)

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:ヴァランソールとムスティエ/2017年)」‏‏

【ハンドル名】:BHさん

【旅行先】:フランス国内

【国名・都市・地方名】:ヴァランソール、ムスティエ・サント・マリー

【手配を頼んだ旅行会社】:なし

【行程・利用交通機関】: 自家用車

【旅行日数・時期】:2017年7月16日(日)
ヴァランソールのラベンダー祭りがありました。

【連れていった子供の年齢】:友人の子ども(6歳、1歳)

暑くなる前に、ヴァランソール(Valensole)のラベンダー祭りへ向け出発。
マノスク(manosque)の高速を降りたら、遠回りだけどグレウ・レ・バン(Gréoux-les-Bains)経由でヴァランソールへ向かう。
昨年の現地情報で、マノスク→ヴァランソール間の一本道は、駐車場に入るのにとても混むそうなので。

参照:http://lyondemaman.com/voyages-famille/valensol2016ete/

ぐるっと回ったけれど、グレウ・レ・バンから到着する駐車場は会場のすぐ横。村のスタッフも総出で働いていて、駐車場の誘導もとてもスムーズだった。
年に一度の大イベントという様子で、外国人も多く、大賑わい。

正午くらいにブラブラ歩いていたら、パレードが始まったけれど、プログラムがあったようなので、事前にオフィスツーリズムで調べてきた方が良いと思う。

Voyage BH Juillet2017 (9)Voyage BH Juillet2017 (1)

 

 

 

 

 

 

 

出店は全てラベンダーに関わる商品。とにかく色々あった(1時間も見たら十分かな)。ウチワと乾燥ラベンダーを無料で配っている場所もある。

Voyage BH Juillet2017 (7)Voyage BH Juillet2017 (5)Voyage BH Juillet2017 (6)Voyage BH Juillet2017 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事は屋台があり、ケバブやホットドックなど売っていた。到着してすぐ11時台に買っておいたから混んでなかったものの、正午を過ぎたら案の定 列が出来ていた。村内に小さなスーパーVivalがあって、パイナップルを販売。暑い日に美味しかった。

Voyage BH Juillet2017 (14)Voyage BH Juillet2017 (8)Voyage BH Juillet2017 (11)Voyage BH Juillet2017 (12)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピクニックできるスペースもある。仮設だがトイレもあった。

 

 

 

 


食後は、ムスティエ・サント・マリー(Moustiers-Sainte-Marie)へ。
ヴァランソールから約30km。山道だったので45分くらいかかったけれど、途中ムスティエに近づいた辺りで、ラベンダーが満開だった!
現地に住む友人曰く、ヴァランソール平原(valensole plateau)はすでにピークが過ぎているけれど(今年のピークは6月最終週〜7月上旬くらい)、標高が高いからか遅めなのかな?。

ムスティエは陶器「ムスティエ焼」の村としても有名らしくMuseeもあったが、それより可愛いお店がいっぱいで、子供そっちのけでブティックが気になった^^;

Voyage BH Juillet2017 (18)

 

 

 

 

 

 

ブティックは、夏だけしかオープンしていないところも多いらしい。

 

村を見下ろす2つの岩山のあいだに、小さくて良く見えないけれど星がぶら下がっています。
Voyage BH Juillet2017 (19)Voyage BH Juillet2017 (20)Voyage BH Juillet2017 (17)Voyage BH Juillet2017 (32)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな田舎にアランデュカスのレストランもある!夏の間は夜に野外シネマもあるらしい(5ユーロ)。

今回行けなかったが、ムスティエの先にあるヴェルドン渓谷も素晴らしい景色が眺められるらしい!

 

 

「ヴァランソール村」の公式サイト
http://www.valensole.fr/
ベビーカー ◎

「ムスティエ・サント・マリー村」の公式サイト
http://www.ville-moustiers-sainte-marie.fr/
ベビーカー △(岩山の上の教会まで登らなければ、ベビーカーの利用は可能ですが、教会へ行くなら無理・・しかも石畳がツルツルで滑ります。サンダルは×)

Voyage BH Juillet2017 (28)Voyage BH Juillet2017 (27)Voyage BH Juillet2017 (26)Voyage BH Juillet2017 (21)

ミニワールド・リヨン

休日に家族で「Mini World Lyon」行ってみました。
受付の女性が英語を話すことが出来て、丁寧に教えてくれました!
広さの割には料金高いかなと思いましたが、子ども達は喜んでいました^^

料金は、大人が14€、子供(4-12歳)が9€、3歳以下は無料。

[Mini World Lyon]
住所:3 avenue de Bohlen, Pôle du Carré de Soie, 69120 Vaulx-en-Velin
電話:04 28 29 09 19
HP:https://miniworldlyon.com/en/

 

子供の遊び場「pass partoo」

リヨン郊外にある室内遊び場を紹介します。

「pass partoo」
http://www.pass-partoo.fr/

今回は、サンテティエンヌまで行ったからか、人が少なくて貸切状態でした。笑
同じ系列店が、ジボール(Givors)にもあります。


サンテティエンヌ店は、
住所:41, Rue des Drs B. et H. Muller
La plaine Achille,42 000 Saint-Etienne
電話:04 77 74 20 79

ジボール店は、
住所:16 C Rue Yves Farge, 69700 GIVORS
電話:04 78 50 58 06

(情報提供:IMさん 2016/3/30)

リヨンの水族館(Aquarium de Lyon)

リヨンに水族館「Aquarium de Lyon」があります。
Aquarium de Lyon (2)

小規模な水族館の割りに料金はけっこう高いのですが、子供たちは喜んでいました^^

大人料金(11歳以上) 15€
子供料金(5-10歳) 11€、(3-4歳)6€
※オフィスツーリズムやお店などに、時々 割引のチケットを置いてあります。子供1人無料とか
もしくは、公式サイトを見ると同様に割引をしていることがあるので、行く前に確認してみて下さい!

Aquarium de Lyon (3)Aquarium de Lyon (4)Aquarium de Lyon (1)

クイズコーナーあり。

Aquarium de Lyon (6)

館内で、水族館の記念メダル(2€)も売っている!

出口の直前に、生き物に触れる体験コーナーもありますが、ひとでなど水中から出す注意されます。

水族館で、子どもの誕生会も開けるそうです。

水族館「Aquarium de Lyon」
公式サイトは、 http://www.aquariumlyon.fr/

住所:7 rue Stéphane Déchant 69350 La Mulatière
行き方は、水族館の前まで何本かバスが出ています。下記を参考にしてください。
http://www.aquariumlyon.fr/infos-pratiques/

春を告げるカーニバルイベント

毎年2-3月は、春を告げるカーニバルが各地で開かれます!

リヨン市内及び近郊では、
リヨン7区で「Carnaval de Gerland」、アヌシーで「Carnaval Vénitien d'Annecy」など。

参加は無料です!冬休み前になたら、citizenkidのサイトなどをチェックしてみて下さい!

また、フランスのカーニバルと言えば、南仏ニースのカーニバルや、マントンのレモン祭りが冬のバカンスシーズンに合わせて開催されています。
http://www.nicecarnaval.com/
http://www.fete-du-citron.com/

春までもうちょっと♪

リヨン観光に便利なカード

Lyonに長期滞在する方向けに。
このLa Carte Cultureは年間大人38Euro、25歳以下15Euroで図書館の利用、6つの美術館が無料、さらに映画館の割引がされるそうです。

http://www.lyon.fr/page/accueil/la-carte-culture.html
https://www.bm-lyon.fr/informations-pratiques/article/inscriptions-et-tarifs?lang=fr

観光でLyonを訪れた際とても役に立ちそうなものを発見しました!
このLyon City Cardを買えば、3日券なら37.8Euroで電車バス乗り放題、ほぼすべての美術館無料、その他にも特典多数!
是非お友達が来た際などに使ってみてください!

https://www.lyoncitycard.com/

5区:緑あふれる丘の上のPoint Du Jour公園

リヨンだけれど自然がいっぱいの5区/丘の上のエリアにあるおススメ公園「Parc Du Point Du Jour」。
遊具も充実、公共のトイレもあります。
場所は、5区の区役所の横で、行き方はぺラーシュから46番バスで、Parc de MairieかMairie du 5emeで下車(目の前)
もしくは、ベルクールから21番、21eでも可能。所要時間は15分程度です。
住所:26 r Aqueducs, 69005 LYON

ちなみに、夏だと市街と1-2度は温度が違うため若干涼しく、大気汚染の日などは避難にもいいかも(笑)

Parc 5eme (1) Parc 5eme (2) Parc 5eme (3) Parc 5eme (4) Parc 5eme (5)

 

Carte liberté famille(TCL)

TCLのカードで、「Carte liberté famille」というカードがあります。
 
このカードがあると、1日券(2015年なら5.5ユーロ)のチケット1枚で、家族全員が使えて1日有効なので、とってもお得です!
※祝日を除く水曜日と土日。
 
TCLの事務所にLivret de familleと家族全員のphotos d'identitéを持って行くと、無料でカードが作れて、チケットは普通に自販機で買えます。
(日仏家庭はLivret de familleで、ヨーロッパ人家庭の場合は同じ苗字と同じ住所が書いてあるpièces d'identitéってサイトに書いてあるけど、日日家庭の場合はどうだろう?)
 
このカードの有効期限は2年だそうです。しかし、私のカードには、間違えて1年の有効期間の日付を手書きで書かれていました。カードを発行してもらう時に日付もチェックしてください。
 
(情報提供:MAさん 2015/12/17)