日本での家具をどう保管する?

日本での家財道具をどう保管する?

保管方法として考えたのは
①貸しコンテナを借りる
②日本にいない間、家族に預かってもらう
の2通りの方法でした。このうち私達はは帰国予定の時期と場所が全く決まっていなかったので、②を選択。全ての家具を分散して日本にいる家族に預かってもらう事にしました。

目新しい情報はありませんが、実際に私達が調べた時の事、どうしたかなど参考までにまとめてみます。

①貸しコンテナを借りる
利点:24時間空調や防犯カメラがきいていて、色褪せや虫害、盗難などから大切な家具    を守ってくれるところもある。
難点:レンタル料が毎月かかることと、帰国する時どこに戻るか全く決まっていない場合    は借りる場所の選択が難しい。

私が検討した際に見たサイトはこちら⬇
http://www.privatebox.jp/hikaku/ryokin.html#anchor_buildin

②家族に預かってもらう
こちらは、保管コストがかからないので長期的に安心なのですが、保管場所に限りがあり1カ所に全て送る事ができませんでした。そこで3カ所に分散して送る事にしました。引っ越し業者に依頼して大型電化製品を都内の運び先に届けてから、ソファや机等の家具を東北の送り先に届けてもらい、衣類は3カ所目の保管先に宅配で送る事にしました。

引っ越し会社の一括料金検索サイトを利用して比較的安く安心して移動を任せられそうな業者さんを数件ピックアップして見積もりに自宅まで来てもらいました。ここまでは通常の引っ越しと同様ですが、引っ越し業者の繁忙期だったのでコストを下げる為に次のような交渉をしました。

長距離移動でトラックが長い時間使えないと業務に支障がでるとのことで、安い料金を維持する為に貨物列車で荷物を東北まで運んでもらうことにしました。荷物が東北に届くまでに数日かかりましたが、使う予定のない物なので時間がかかっても荷物が届いてコストが省ければ問題無し。荷物の運び出し当日に2tトラックで引っ越し業者の方が来て、机やソファ等の運び出しに向けて傷予防の梱包と積み込みを全て作業員2人で行い、午前中のうちに全ての荷物の運びだしが終わりました。その日のうちに都内の電化製品の預け先に洗濯機と冷蔵庫を届け、後日設置作業も同業者がやってくれました。2013年3月中旬の引っ越し料金が20万円以内で済みました。(この時にお願いしたのはありさんマークの引っ越し社)

衣類の運び出しは佐川急便の集配と宅配を利用しました。佐川急便は重量に関係なく箱の大きさのみで料金が加算されるので、できる限り小さい箱にたくさん詰めて送るとコスト削減できて良かったです。

コメントを残す