フランス生活術

大家さんが言ってました。
フランスでは、担当してくれる人によって言う事が違う!!

電話の場合を例に出していましたが、この担当者では埒が明かない、と思ったら、さっさと切ってまた掛け直し、
やってくれる担当者と話をする方が物事が進む、という話でした。

実際に私も、電話の移転手続きでしたが、最初の担当者も、2人目も用は足せず、3人目の人がやっとやってくれた。
3人目の人は電話に出たときからすごく感じが良くて、仕事ができる人は違う、と思いました。

窓口でも同様の事が言えます。この担当者では埒が明かない、と思ったら、出直す方が早い。
それが県庁などのお役所の窓口であっても・・

これを知ってると、フランス生活がちょっぴり楽になります(笑)

(情報提供:YMさん)

コメントを残す