子連れで初めての飛行機は?

Q、お子さんを、初めて長距離の飛行機に乗せたのはいつ頃ですか?その時の様子も教えてください。

A、回答してくれた南仏在住のママさん、貴重な体験談をありがとうございました!

(1)、私の場合は15時間以上の夫なしフライトは息子が8カ月まではありませんでしたが、二カ月から五カ月くらいまでの間に、2-6時間の近距離フライトなら数回しました。
振り返って思うことは… 赤ちゃんが小さい時の方が楽❗️
離乳食前なら、ミルク飲んでたくさん寝てくれる時間が長いので。

-バシネットがある席を予約すること(チェックイン前にも必ず確認)
-自分のトイレを飛行機乗る前に済ませること(これ忘れないように肝に命じてました)
-母乳でしたが、タイミングが離陸時に合わないかもしれないので、搭乗前に搾乳したミルクボトルも用意してました。

あとは、エアラインによりスタッフさんの印象は違ったので、可能ならエアライン選びは大事かも💦
ざっくりですが、赤ちゃん連れに優しい国のエアラインは、やはりスタッフさんの対応にも現れる印象でした。
シンガポールエアラインは、スタッフさんに喜んでいろいろ気を配ってくれて、ほっとしました。(シンガポール人は一般的に赤ちゃん大好き) 息子が泣くと給湯エリア近くを徘徊してたんですが、皆カジュアルでむしろ雑談に花が咲いたり。
夫なしでANAもありましたが、赤ちゃんが泣くと、大丈夫ですかと声かけてくれるものの、やや杓子定規なのでこちらも遠慮してしまって、すみませんと謝って終わる…みたいな会話が何回か😅
でももちろん人によると思います!

赤ちゃん小さいと💩も頻繁で、飛行機内だと狭くて動くから服に飛んでしまったり😭 私はそれから、スパッツの上にマキシワンピースとか、ティーシャツの上にロンTとか、荷物にならないように&いざとなれば脱ぎ捨てられるようにしてました☝️
個人の経験ですが参考になれば👍

(2)、初めては子どもが6ヶ月の時。いつも夫なしで子供2人を連れて飛行機に乗ってます。

上記に 追加情報のみ。
・離着陸時におっぱい飲ませたら耳抜きになるので、タイミングをなるべく合わせる。
・授乳ケープ必須。
・バシネットは飛行機に付き使用可能台数が決まってるので、バシネット予約は早めに。当日チェックイン時にも念押しして、優先順位を上げておくこと。
・トイレに行く時は、フライトアテンダントさんにお願いすると抱っこしててくれます。但し、機内サービスの隙間のフライトアテンダントさん達の手が空いている時に。
・抱っこ紐で抱っこしたままトイレに行く時は、車椅子対応トイレに行くと中が広いです。
・機内で遊ぶおもちゃは音の出ないものを。
・ベビーカーは、搭乗ゲートまで押して行ける空港・航空会社と、チェックイン時にスーツケースと一緒にあずけてしまわないといけない場合があるので要確認。乗り継ぎ時にベビーカーを使えるか使えないかでかなり違います。
・月齢にもよるけど、着替えを2~3枚用意。
・搭乗前に、パジャマ(寝やすい服)に着替えさせておく。

バシネットは、航空会社によって体重制限が違うので、6ヶ月を過ぎたら、体重チェックを。

(3)、長男の初フライトは6ヶ月、長女は4ヶ月で日本へ里帰りしました。

幼い時期の方が楽だった!母乳のみでOKなら尚更。
(離乳食が始まると、持ち物も色々増えるし、機内での母親の仕事も増えます(汗)

寝返りやハイハイが始まると、今度はバシネットで寝かせておいてもモゾモゾ動いて、親の方はろくに休めない(勿論バシネットにも安全ベルトは付いていますが)。

とにかく、泣いたりぐずったら即オッパイ😁
それでも駄目なら、あとは機内を抱っこして歩き回る。赤ちゃんが泣くのは、仕方がない!と割り切って、その場を乗り切りました。

もう一つ、よくやっていた習慣で、
・予備の衣類、おむつ等のかさばるものは、圧縮袋(ジップロック等)に入れて仕分け、圧縮😁

(4)、娘が7ヶ月の時と1歳になった時に立て続けに1人で連れて帰国しました。

7ヶ月の時は往復共に1回乗換でトータル16時間程度のフライト、
1歳の時は行きだけ2回乗り換えで20時間ちょっとでしたので、さすがに疲れました😓

月齢が小さい方が楽だと感じました。なので 7ヶ月の時の方が楽でした。
1歳の時はすでに歩き始めていたので、じっとしているのが難しかったですね。基本、抱っこちゃんなので、バシネットではほとんど寝なかったですが、バシネットは色々と役立ちました!

初めての時はかなり緊張しましたが、思った以上に娘が頑張ってくれました。
まだ上手にコミュニケーションを取れる年齢ではなかったと思いますが、帰国が決まってから、さりげなく日々の中で、『今度飛行機に乗るんだよー。じいじやばあばが待ってるよー。ママも頑張るから、一緒に頑張ろうねー。楽しみだねー😊』ってニコニコ話しかけるようにしました。
そのおかげかは分かりませんが、機内でも比較的ニコニコとしてほとんど泣かず、思っていた以上に助かりました。
スタッフは航空会社にも便にもよると思います。
確かに日系は都度都度親切に声をかけて頂きました。本当に丁寧親切って感じです。個人的にはルフトに乗る機会が多いのですが、スタッフによりけりな感じがしますが、時間がある時に近くで遊んでくれたり、今時間があるから、抱っこして機内を散歩して来てあげるよーって回ってくれた方もいました。

事前準備の他に、心掛けていたのは、娘にも精神的な負担にならないように(母親に緊張がうつらないように)という事と、搭乗した際に周りの乗客の方やスタッフの方々に一言お声かけするようにしていました。
今も子供連れに搭乗はいつも緊張しますが、スタッフだけではなく、周りの乗客に方にも助けて頂いたりしているので、感謝の気持ちを忘れないようにと思っています。
中には子供が苦手な方もいらっしゃるとは思いますが、親身になってくださった方もたくさんいらっしゃいました。

(5)、乗る時期は、小児科の先生に聞いたら6ヵ月位から長距離も大丈夫だろうとの事で日本に帰りました。
離着陸時の耳抜きもアドバイスされました。
機内はいつもと様子が違うからか、ずっとお乳にしがみついてた感じです。お乳取れそうでした😂
あとyoyoのベビーカーは機内持ち込みが出来て便利です。

(6)、息子が満5ヶ月の時に初めてのフライトでした。
朝発の便だったので2時間ごとに授乳してバシネットで遊んで、また寝て(抱っこ紐にて)、といった感じでした。
JALできたのですが、事前にお願いしておくと、離乳食やオムツ、お尻拭きをくださいました。
あと、私は母に来てもらったのですが、ANAなどでは空港にて係員の方がサポートしてくれるサービスもあるようです
https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/prepare/airport-support/

コメントを残す