アンケート「子連れ旅行体験談!(ストラスブール/2017年)」‏‏

【ハンドル名】:TK

【旅行先】:ストラスブール

【手配を頼んだ旅行会社】:Expedia(ホテルの予約)

【行程・利用交通機関】: TGV  

【旅行日数・時期】: 1泊2日 /12月

【連れていった子供の年齢】:4歳


クリスマスマーケット(Marché de Noël)で有名なStrasbourgに行ってきました。

期間内は、街の中心街(中洲部分)は全ての車が通行止めになり、入り口では厳重な荷物チェックが行われています。スーツケースも中身をチェックされます、が、堂々としていれば、手持ちのカバンも含めて細かに調べられることはありませんでした。

街中が装飾されています。

Strasbourg Photos1 (4)Strasbourg Photos1 (3)Strasbourg Photos1 (1)Strasbourg Photos1 (2)そこら中の広場にクリスマスマーケットの出店が。ホットワイン(vin chaud)のシナモン臭が漂ってきたら広場が近い証拠。こちらでは白ワインのvin chaudが多く、赤も白もシナモンが効いています。購入時にvin chaudの値段の他にカップの料金が取られますが、これは店に返すとお金が帰ってきます。しかも、購入した店でなくてもOK。

Strasbourg Photos2 (2)Strasbourg Photos2 (3)大聖堂は壮大!からくり時計は12時45分からで、見学者も一旦全員退場させられ、正門ではなく横側にあるからくり時計の行列に並ぶ必要があります。

Strasbourg Photos3 (1)Strasbourg Photos3 (2)大聖堂の近くに観光案内所があり、日本語のガイドマップを購入できます。様々な入場料などが割引になるStrasbourg pass(http://www.otstrasbourg.fr/fr/espace-pros-fr/professionnels-du-tourisme/strasbourg-pass.html)がありますが、この時期は大聖堂が無料だし、色々と料金が安くなっているので、買わないほうがいいよと言われました。組み合わせ次第では元が取れることもありそうなので、どのように回るか予め計画を立て料金シミュレーションをしてもいいかもしれません(パスの料金は、この記事を書いている2018年3月時点で18歳以上21.5€、13-17歳15€、4-12歳10€、割引の詳細はHPで)。

夜はLe Baeckeoffe de l’Alsace(http://baeckeoffe.com/)で夕食。この店は週末には昼から夜までノンストップで営業しており、予約を受け付けておりません。フランス人は夕食の時間が遅いので、18時台に行けば確実に入店できるかと思います。

店の中は可愛い感じの雰囲気です。私達は18時に入店しましたが、店がガラガラで少し不安になりました。が、19時を過ぎてから人が続々入店し、店を出ることには満席状態でした。

Strasbourg Photos4 (3)Strasbourg Photos4 (4)Strasbourg Photos4 (2)

翌日は街を散策し、遊覧船(BATORAMA)に乗りました。

博物館、美術館は英語のガイドマップも多いので、フランス語が分からなくても安心。大きな荷物を預ける場所もたまにあります。

Strasbourg Photos5 (3)Strasbourg Photos5 (2)Strasbourg Photos5 (1)Strasbourg Photos5 (4)遊覧船は、中洲をぐるっと1周のコースと、少し足を伸ばして欧州議会まで行くコースの2種類(https://www.batorama.com/)。席は完全自由席なので、この時期は15分前までに行けば列の先端部分を確保できるかと。チケットは前日でも購入可(クレジットカードOK)。ボート乗り場の近くにある券売機でチケットを買いました。他にもいくつか購入できる場所があるらしいです。タッチパネルで時間と人数を選択するだけ。2時間くらい前に乗り場が確定します。中では席毎にイヤホンでの音声ガイドを聞くことができ、日本語もあります。子供は最後サンタ帽をもらえました。

Strasbourg Photos6 (1)Strasbourg Photos6 (3)

全体的に買い物とvin chaudに明け暮れたストラスブール旅行でした。

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:ディズニーランド/2017年秋)」‏

【 ハンドル名 】:なっちゃんのママ

【 旅行先 】:フランス国内

【 国名・都市・地方名 】:ディズニーランド・パリ
公式サイト: http://www.disneylandparis.com

【 手配を頼んだ旅行会社 】:なし

【 行程・利用交通機関 】: TGV

【 旅行日数・時期 】: 2泊3日 /10月下旬(Toussaintバカンス中)

TGVで昼過ぎに到着、駅のロッカーに荷物を預け、ディズニーランドで半日遊ぶ。
夜に荷物をピックアップしてシャトルバスでホテルへ移動。
翌日は1日、ディズニーランドとスタジオで遊ぶ。
3日目は、朝ゆっくり起きて、駅周辺でお土産等の買い物。TGVで帰る。

【 連れていった子供の年齢(当時) 】:2歳と5歳

【 子連れでお勧めのホテル・その理由 】:ハイパーク
Hipark by Adagio Serris-Val d'Europe

住所:18 Cours de l'Elbe, 77700 Serris
電話:01 64 17 32 00
https://g.co/kgs/2YQQLn

シャトルバスに乗って、5分〜10分位で便利!

【 2パークってなに? 】:
2パークというのは、「ディズニーランド」と「ディズニースタジオ」のことです。
2パーク共通のチケットを買っておくと、両方のパークを出入り自由に行き来出来ます。

ランドは東京と同じ感じの内容です(東京よりはずっと敷地は狭いと思う)。
スタジオは、カーズ、トイ・ストーリー、ニモ等の世界。
どちらも乗り物が沢山あって楽しめました!

身長制限や年齢制限とかがあるから、全部の乗り物に乗れるわけではありません。
子供達が楽しめそうなところに絞って周りました。

【 その他 】:
○ホテルによっては、宿泊クーポンとか、ディズニーランド&ディズニースタジオの入場チケット付のお得な宿泊プラン等もあるので、ネットで色々見ると良いです。
ホテルの宿泊に入場チケットが付いているプランだと、一泊より2泊(もしくはそれ以上)した方が値段的にお得だったと思います。

我が家の場合は、ホテルはホテルのサイトから予約。
チケットはディズニーランドの公式ホームページから事前購入(2daysパス)をし、印刷していきました。
多分、当日ディズニーランドの窓口で買うよりは少し安いのでは??並ばないで済みます。

○最寄り駅周辺(ランドとスタジオを結ぶ中間部分)もディズニー関連のショップやレストラン等があって、楽しく過ごせます。
TGVまでの時間とかお土産買ったりカフェで休んだり、レゴショップもあっったり。

○東京の様に、夕方から入場の割引チケットとかはありません。全て1日券。
なので、電車の時間など考慮して、どの日にチケットを使って入園するか有意義なのか考えた方がいいかも。

○日によって、かつランドとスタジオで閉園時間が異なるので注意!
スタジオは夜8時閉園でもランドは夜10時までやってるとか。

閉園直前にディズニーランドで開催されるプロジェクションマッピングを見るために、夕食に外に出ていたお客が再びランドに戻って入るというケースも多いようです。

追記:お友達の家族の例で、
2泊3日の日程で、[Disney's Hotel New York]に宿泊。
New Yorkから、徒歩で両パークとも行けるので立地はよくて、ホテルもよかった!
ディズニーのHPからホテル予約したら、パスも3日分ついてて、朝食も付いてた気がします。

SNCFの付添人付きサービス「Junior&Cie」

SNCFの付添人付きサービスで、バカンス期間中と週末に子供だけで旅行ができます。
対象年齢は4-14歳。
切符はインターネット https://juniorcie.oui.sncf/、または駅で購入できます。

大きい駅でのみ利用が可能で、5歳の娘がリヨンーマルセイユ間で利用しました。
電車の中ではスタッフが折り紙や工作で遊んでくれて楽しかったと言っていました。

(情報提供:MYさん)

アンケート「子連れ旅行体験談!(ジュネーヴ/2017年)」‏‏

【ハンドル名】:TK

【旅行先】:ジュネーブ

【手配を頼んだ旅行会社】:Expedia(ホテルの予約)

【行程・利用交通機関】: TGVおよび現地公共交通

【旅行日数・時期】: 1泊2日 /11月

【連れていった子供の年齢】:4歳

旅行の準備など、知っておいて損はないだろう内容を中心に書いてみます。

フランスの電車は、全てネットで予約が可能。時間帯によっても大きく値段が異なる。
切符は紙の発券(駅で刻印が必須、発券場所は窓口と自販機が選択可能)、QRコードの印刷(車内で検札)、携帯アプリ(車内でQRコード表示)の3種類から選べました。アプリは一人の携帯に人数分登録できます。

私達が検討した電車の予約サイト
・レイルヨーロッパ (http://www.raileurope-japan.com/):日本語で全て予約でき、紙媒体での発券。切符料金の他に、手数料など必要。
・SNCF(フランス国鉄) (http://www.sncf.com/en/passengers):英語表記あり、携帯アプリ対応。
・Ouigo (https://www.ouigo.com/):SNCFの格安版(SNCFの電車も選択可能)。英語表記あり。携帯アプリ対応。(格安だけど路線が不便、荷物量の制限など多少の制約あり)

どのサイトも行程、乗車希望日、年齢、割引の対象かなどを選択して予約可能な電車が表示されます。
子連れで電車旅行をするなら、Carte Enfant+は必須!SNCFのサイトから1年75€(2017年11月現在)で購入するのですが、同行者4人まで購入料金が最大25%割引きされるので、複数回旅行に行けば簡単に元がとれます。ネットでも購入可能ですが、その場合使用可能日は申込みの8日後から。私は土曜日出発で、1週間前の金曜日(ギリギリ)に購入しました。購入後2~3日で郵送しますとサイトには表示されましたが、1週間待ちぼうけをくらい、前日にようやく届きました。購入は余裕を持つことをおすすめします。
車内でチケットを提示すると、カードの提出を求められます。カードには写真を貼り付けると書いてありますが、貼らなくても何も言われませんでした。
TGVの車内は日本のように頭上の荷物置き場があります。他に荷物棚もあるので大きい荷物はこちらに。トイレが無料なのも助かりました。

TK_geneve2017 (3)

到着後、夕食はエーデルワイス(https://www.hoteledelweissgeneva.com/en/restaurant/)へ。TK_geneve2017 (5)キッズメニューが充実しており、室内はスイス音楽の演奏も行われているので、子供も楽しんで食事ができます。私達の行ったときはホルンの演奏体験もできました(子供も参加可能)。子供のほうが上手に吹けて親はふてくされる場面も。当日は日本人がいたからなのか、「上を向いて歩こう」も演奏していました。

TK_geneve2017 (2)(アイスが牛の容器に入っていました)

2日目は旧市街を観光。ですが、日曜日は大変です。定休日の店が多いほか、レマン湖の船の運行開始もいつもより遅くなっています。更にジュネーブ内はバス、トラムなど充実しているのですが、日曜日運休の路線もありました。事前の下調べが大切だと痛感しました。

TK_geneve2017 (6)TK_geneve2017 (7)
ジュネーブに行く際は、最初にホテルに行くことをおすすめします。大きな荷物を預かってもらえる他、ホテルの宿泊者は公共交通機関乗り放題カードをもらえます(下写真)。チェックインと同時に渡されるかどうかはフロントの人次第で、私たちはもらえなかったので請求しました。存在を知らないともらえないままになる可能性もあるので、チェックインの際は頭の片隅に。

TK_geneve2017 (1)(交通カードと路線図)

 

夏の避暑地に「Les 2 Alps」

この夏に2歳になる息子を連れ、家族3人で1週間行ってきました!
現地では、子供向けのアニメーションもあり、充実した滞在ができます。

冬はスキー場、夏は家族で遊ぶ場所がいっぱいあってオススメ!車で町を出ればアルプスの大自然が広がっています。

「Les 2 Alps」
http://www.les2alpes.com/fr

リヨンから車で約2時間半、GRENOBLE方面へ。

GRENOBLEから↓
Prendre l'autoroute jusqu'à Grenoble : sortie Briançon, Vizille Sortie N°8.
Puis prendre la RD1091 direction Briançon via Le Bourg d'Oisans.
Au barrage du Chambon, tourner à droite et monter par la D213.

(情報提供:GTさん)

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:ヴァランソールとムスティエ/2017年)」‏‏

【ハンドル名】:BHさん

【旅行先】:フランス国内

【国名・都市・地方名】:ヴァランソール、ムスティエ・サント・マリー

【手配を頼んだ旅行会社】:なし

【行程・利用交通機関】: 自家用車

【旅行日数・時期】:2017年7月16日(日)
ヴァランソールのラベンダー祭りがありました。

【連れていった子供の年齢】:友人の子ども(6歳、1歳)

暑くなる前に、ヴァランソール(Valensole)のラベンダー祭りへ向け出発。
マノスク(manosque)の高速を降りたら、遠回りだけどグレウ・レ・バン(Gréoux-les-Bains)経由でヴァランソールへ向かう。
昨年の現地情報で、マノスク→ヴァランソール間の一本道は、駐車場に入るのにとても混むそうなので。

参照:http://lyondemaman.com/voyages-famille/valensol2016ete/

ぐるっと回ったけれど、グレウ・レ・バンから到着する駐車場は会場のすぐ横。村のスタッフも総出で働いていて、駐車場の誘導もとてもスムーズだった。
年に一度の大イベントという様子で、外国人も多く、大賑わい。

正午くらいにブラブラ歩いていたら、パレードが始まったけれど、プログラムがあったようなので、事前にオフィスツーリズムで調べてきた方が良いと思う。

Voyage BH Juillet2017 (9)Voyage BH Juillet2017 (1)

 

 

 

 

 

 

 

出店は全てラベンダーに関わる商品。とにかく色々あった(1時間も見たら十分かな)。ウチワと乾燥ラベンダーを無料で配っている場所もある。

Voyage BH Juillet2017 (7)Voyage BH Juillet2017 (5)Voyage BH Juillet2017 (6)Voyage BH Juillet2017 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事は屋台があり、ケバブやホットドックなど売っていた。到着してすぐ11時台に買っておいたから混んでなかったものの、正午を過ぎたら案の定 列が出来ていた。村内に小さなスーパーVivalがあって、パイナップルを販売。暑い日に美味しかった。

Voyage BH Juillet2017 (14)Voyage BH Juillet2017 (8)Voyage BH Juillet2017 (11)Voyage BH Juillet2017 (12)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピクニックできるスペースもある。仮設だがトイレもあった。

 

 

 

 


食後は、ムスティエ・サント・マリー(Moustiers-Sainte-Marie)へ。
ヴァランソールから約30km。山道だったので45分くらいかかったけれど、途中ムスティエに近づいた辺りで、ラベンダーが満開だった!
現地に住む友人曰く、ヴァランソール平原(valensole plateau)はすでにピークが過ぎているけれど(今年のピークは6月最終週〜7月上旬くらい)、標高が高いからか遅めなのかな?。

ムスティエは陶器「ムスティエ焼」の村としても有名らしくMuseeもあったが、それより可愛いお店がいっぱいで、子供そっちのけでブティックが気になった^^;

Voyage BH Juillet2017 (18)

 

 

 

 

 

 

ブティックは、夏だけしかオープンしていないところも多いらしい。

 

村を見下ろす2つの岩山のあいだに、小さくて良く見えないけれど星がぶら下がっています。
Voyage BH Juillet2017 (19)Voyage BH Juillet2017 (20)Voyage BH Juillet2017 (17)Voyage BH Juillet2017 (32)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな田舎にアランデュカスのレストランもある!夏の間は夜に野外シネマもあるらしい(5ユーロ)。

今回行けなかったが、ムスティエの先にあるヴェルドン渓谷も素晴らしい景色が眺められるらしい!

 

 

「ヴァランソール村」の公式サイト
http://www.valensole.fr/
ベビーカー ◎

「ムスティエ・サント・マリー村」の公式サイト
http://www.ville-moustiers-sainte-marie.fr/
ベビーカー △(岩山の上の教会まで登らなければ、ベビーカーの利用は可能ですが、教会へ行くなら無理・・しかも石畳がツルツルで滑ります。サンダルは×)

Voyage BH Juillet2017 (28)Voyage BH Juillet2017 (27)Voyage BH Juillet2017 (26)Voyage BH Juillet2017 (21)

アンケート「子連れ旅行体験談!(イギリス/2017年)」

●ハンドル名: MIさん

●旅行先 (国名・都市・地方名): イギリス

●旅行日数・時期: 2017年5月、3泊4日

●連れていった子供の年齢(当時): 5才、4才

●行程・利用交通機関:
リヨン→イギリス間は飛行機(Easyjet)利用。
Easyjetのサイト↓
http://www.easyjet.com/fr?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_term=easyjet&utm_campaign=FR_FR_Brand+%28desktop%2Ctablet%29&mid=909v9cc4f0&kword=easyjet

1日目
移動

ガトウィック空港でレンタカーを借りる。
チャイルドシートを2台借りました。(ジュニアシートは自分で持って来ている人もいました!)

2日目の朝に「LEGOランド」へ
http://www.legoland.co.uk/
オンラインでチケットを買った方がお得。
駐車場も予約可。
夏は子供の水着をお忘れなく!!

anglais2017 (5)anglais2017 (6)

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目
パディントン駅でクマのパディントンのお土産を買い、ビッグ・ベンとロンドンアイ、バッキンガム宮殿、トラファルガースクウェアと付近を観光。
駐車場は事前に場所を確認した方が良いです。

anglais2017 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチは、「Kanada-Ya」のラーメン
3 Panton St, London SW1Y 4DL イギリス
+44 20 7930 3511
https://goo.gl/maps/WKLyR4Su8oL2

anglais2017 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

4日目
移動

●ホテル:
1泊目と3泊目
「Hampton by Hilton London Gatwick Airport」
North Terminal, Gatwick Airport, Longbridge Gate, Horley, Gatwick RH6 0PJ イギリス
+44 1293 579999
https://goo.gl/maps/kDwg1pPYjLR2

2泊目
「Hotel Novotel London Heathrow Airport」
Cherry Ln, Heathrow UB7 9HJ イギリス
+44 20 7660 0681
https://goo.gl/maps/4yLqfrZCx1T2

anglais2017 (2)

 

 

 

 

バスで渋滞

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:カランク/2017年)」‏‏

【ハンドル名】:KAさん

【旅行先】:フランス国内

【国名・都市・地方名】:カランク Calanque

【手配を頼んだ旅行会社】:なし

【行程・利用交通機関】: 自家用車

【旅行日数・時期】: 2泊3日 /2月下旬(冬のヴァカンス中)
リヨンを金曜日の夜に出発、エクス・アン・プロヴァンス近郊のホテルに泊まる(約3時間)
翌朝、カランク(カシス/Cassis)へ向けて出発。(約45分)

【連れていった子供の年齢】:0歳〜7歳グループ

集合場所はDepart a pied pour les Calanques。(これ以上 車で進めないところです)

Calanque2016fev (11)

 

 

 

 

 

 

車で行く場合は、パーキングがあります。1日8€だったので、近くの空いてるスペースに停めました。ただ空いてる所が少ないので、なるべく早い時間に行った方が良いと思います。

今回は小さい子もいるので、目標地点は、Calanques de Port-Pinで昼食。
11時を目標に出発する予定が、案の定 遅れに遅れました・・ 案外 パーキングからハイキングへの入口が分かり難いです。
2月下旬でも、12時くらいは暑かったので、早めの時間帯をお勧めします。

Calanque2016fev (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

ベビーカー ×、赤ちゃんがいる人はハイキング用のベビーキャリーを使用してました。
場所によっては、2-3歳児が歩くにはキビシイ場所もあります。特に最後のPort-Pinへ向かう下り道。子連れのフランス人家族もたくさん見かけましたが、十分に気をつけて。

Calanque2016fev (6)Calanque2016fev (3)Calanque2016fev (10)Calanque2016fev (9)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイキングコースの途中に売店はありません。飲み物や昼食は事前に用意していく方が良いです。
トイレもありません。

Calanque2016fev (8)Calanque2016fev (7)

 

 

 

 

 

 

Port-Pinでは、もう少し暑くなれば泳げます。今回も足だけ水に浸かりました。荷物にならなければ、水着やスリッパがあっても良いかも◎

今回は行きませんでしたが、Port-Pinより奥のカランクコースもあります。
かなり歩くようなので、小学生以上におススメかも。

 

 

【その他】:参考になったサイト
https://www.ot-cassis.com/en/

Calanque2016fev (1)

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:ソー/2016年)」‏‏

【ハンドル名】:S/Sさん

【旅行先】:フランス国内

【国名・都市・地方名】:ソー Saut

【手配を頼んだ旅行会社】:なし

【行程・利用交通機関】: マノスクから友達と合流して車
リヨンから行く場合は、アヴィ二ヨンで高速を降り、APTへ向かう。その後 北上してSAUTまで約40Km
http://www.itineraire-maps.fr/

【旅行日数・時期】: 2016年8月15日

【連れていった子供の年齢】:0歳,5歳

【観光】:ソーで行われる「ラベンダー祭り」。毎年8月15日と日にちが決まっているそうです。
当日のプログラムなど詳細は、公式サイトを見てください↓
http://www.fetedelalavande.fr/

村へ入る道はおそらく1か所。11時ごろに到着した時は混んでいました。
駐車場が数か所あります(サイトの地図参照)。
会場まで少し距離がありますが、navette(無料バス)が出ています。

Saut2016 (27)

 

 

 

 

 

 

会場には食事できるところもありましたが、navetteの出ている近くにパン屋があったので、事前に購入しました。仮設トイレあり。
Saut2016 (4)

 

 

 

 

 

 

色々なラベンダーグッズやお菓子、パンにアイスなど売っています。

Saut2016 (18)Saut2016 (17)Saut2016 (20)Saut2016 (19)Saut2016 (21)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントの規模はそれほど大きくないので、2時間もいたら十分でした。
ラベンダー畑から、ラベンダーを刈り放題!しかし、炎天下なので帽子と水分補給は必須。ハサミと袋を用意していくと良かったです。

Saut2016 (3)Saut2016 (15)Saut2016 (12)Saut2016 (7)Saut2016 (24)Saut2016 (1)Saut2016 (2)

 

アンケート「子連れ旅行体験談!(国内:リュベロン地方/2016年夏)」‏‏

【ハンドル名】:KMさん

【旅行先】:フランス国内

【国名・都市・地方名】:セナンク修道院,ゴルド,マノスク&ヴァランソール

【手配を頼んだ旅行会社】:なし

【行程・利用交通機関】: 自家用車
金曜日の夜にリヨンからアヴィ二ヨンへ
土曜日はリュベロン地方を観光しながらマノスクへ
日曜日は朝からヴァランソールとマノスクを観光、リヨンへ

【旅行日数・時期】: 2泊3日 /7月上旬

【連れていった子供の年齢】:1歳半、7歳

【観光地】:
●セナンク修道院(Notre-Dame de Sénanque)

●ゴルド(Gordes)

●マノスク(Manosque)
http://www.ville-manosque.fr/n-ot/manosque/

「L’Occitane」の工場があるところへ立ち寄る。
http://fr.loccitane.com/
6-9月に限り日曜日もオープン、朝は10時から。小さなミュージアム(無料)とブティックがあります。
ここのブティックは、他のお店より若干安いらしい?!

ちょうど この週末に「日本祭」が行われていました。
http://aproposdujapon.org/

●ヴァランソール(Valensol)
http://veloloisirprovence.com/en/verdon/bonnes-adresses/adherent/office-de-tourisme-valensole

luberon2016ete2 (2)

 

 

 

 

 

 

マノスクからヴァランソールの村へ向かう途中、15-20分走ると、ラベンダー畑が次々見えてきます!
この季節、10時をすぎると暑くて仕方がないので、行くなら早いうちか、もしくは18時以降がよいでしょう。

luberon2016ete2 (3)

ラベンダーのお店「Angelvin」に入りました。
http://www.lavande-valensole.fr/

お店の横にヒマワリが咲いていて、背景に一面のラベンダー。写真スポットです!
お店の横に駐車場があり、その横のオリーブの木とラベンダースペースで朝食食べながらピクニックしました。

luberon2016ete2 (4)luberon2016ete2 (5)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【その他】
リュベロン地方には可愛い村がたくさんあるようです!
今回立ち寄りませんでしたが、アヴィ二ヨンからマノスクへ向かう途中の村「アプト(APT)」
http://www.luberon-apt.fr/index.php/en/
ガイドブックによると、土曜日の午前中ならマルシェがやってるようで、観光客でも面白いとか。