2014年5月 治安・安全情報 (在リヨン出張駐在官事務所より)

在リヨン出張駐在官事務所からのお知らせを転載します。

在留邦人の皆様、

平成26年4月分の治安・安全情報
下記の「治安報告書」より4月分をダウンロードできます↓
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/pdf/chian/Chian2014avr.pdf

リヨン地域は,他のヨーロッパの大都市と比較し,安全な方であると言われていますが,公開情報等で,市内の多くの場所で,携帯電話やクレジットカードの強盗に合うという犯罪が報道されています。 14歳から30歳程度の若者や酔っ払いが,犯人であることが多いようです。
 また,警備員を装って,金品をだまし取る種類の犯罪も増えております。犯人の手口は日々巧妙になり,「想像もしない方法」で心のスキを作り,そのスキを狙って鞄等を盗んでいきますので,ご注意下さい。
 皆様は「想像もしない方法」に対する対策はないのではないかと思われるかもしれませんが,犯人は,あらかじめ,人々を観察して,めぼしいターゲットを決めてから犯行に及びますので,「見知らぬ人を容易に信用しない」,「危険な場所には近づかない」等に注意し,自分の周りで何が起こっているか常に把握し,危険には近づかないよう心がけて下さい。
(外務省「海外安全虎の巻」にも安全のための心がけが記載されておりますのでご参照下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph_01.html)
日系企業、補習授業校、友好協会等日本関係の団体・機関におかれては、お手数ながら、重複して情報を受理される方の出る可能性もございますが、各機関の日本人構成員の方々に情報共有して頂きますようお願い致します。
フランス全土に対する安全情報は、在仏大使館から発出されておりますので、大使館ホームページ http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/index.html をご参照願います。
当事務所からの治安・安全情報は、過去のものも含めて事務所ホームページ http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/chian_anzen.html に掲載されています。
在リヨン出張駐在官事務所
Bureau Consulaire du Japon
131 Bd de Stalingrad
69100 Villeurbanne
TEL. 04.37.47.55.00
FAX.04.78.93.84.41
consulatjapon.lyon@my.mofa.go.jp
http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/index.html

コメントを残す